【感想・ネタバレ】BURN 下 猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子のレビュー

ユーザーレビュー

ネタバレ購入済み

ついにラスト

みか 2020年12月31日

全て読み終えて、登場人物みんなにお疲れ様、と言いたくなりました。完結してからこの物語を知って、隙間時間を見つけては1年くらいかけて全巻読みましたが本当に面白かったです。この作家さんに出会えて良かった。そして比奈子ちゃん、どうかお幸せに。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2020年10月15日


忍を傷つけられ、比奈子奪われ、最後には忍と死のうとする倉島さん。
比奈子が殺されたと思い動揺する東海林先輩。
民間人だけど最後まで警部補と一緒にいる!といった石上女史。
そんな石上女史の事がずっと好きで、頼れる上司ガンさん。
ユニック車で行っちゃうけど最後にはグッジョブな御子柴くん。
鑑識のブンザ...続きを読むイな三木さん。のハニー麗華さん。
強面な片岡さん。影が薄い清水さん。
美人な鑑識まきちゃん。

厚田班のみんなが好きすぎてこれで終わりなのが寂しい…

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年08月09日

国際犯罪組織「CBET(スヴェート)」
それを率いるミシェル

彼が狙うのは、日本精神・神経医療センターに隠されている3人

スイッチを押す者・中島保
ミシェルのクローンとして生まれた児玉永久
殺人鬼・都夜の脳

そしてついに、ガンさん、比奈子たちの猟奇犯罪捜査班、死神先生が対決する時が…

猟奇犯...続きを読む罪捜査官シリーズがついに完結!

もう本当に文句なしにおもしろかった。
サー・ジョージにも泣かされ
永久くんの成長に泣かされ
ガンさんと石上先生にも泣かされ

でもって、ラスト…
え~!そうか…なんかよかった~。
ほっとしたラスト。
みんな死ぬかと思ってヒヤヒヤしてたから
なんかこんな優しい終わり方でよかった~
そこでもなんか泣けた

って、そういや、私…「BACK」読んでないじゃん!
楽しみに読もうっと~

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年06月19日

なんかだんだん内容が難しくなってきて
若干スルーしながら。

スサナが割と好きやったから
残念やなと思う
ミクと永久が大好き(^^)
この2人の関係性。
保のために。
比奈子のくれたストラップを
ミクにあげたり。

保と永久の関わり方もすごい好き
永久にとってどんだけ保が大きい存在か。
お互いにか。...続きを読む

東海林やっぱり比奈子好きやったんやあ
切ないなぁ
鍵師さんも比奈子好きでよかった。

ミシェルを永久や未来の目の前で
殺してしまって。
永久に言われた言葉。
事実を言ったんだろうけど
ちょっときつい。

もうほんとにすごい。
永久とミクの動きが全て。
それがなかったらとーにもならんかった。

コントロールしてたんが
田中管理官て。
死ぬタイミングおかしいと思ったら。

保死んだと思った。
まあ生きてるんがハッピーエンドよね
けど比奈子が長野に帰る意味がわからん。
子供も急展開すぎて
保のそばにおるんぢゃないん?て感じ。
会いにきてくれるんだろうか。

まあ永久の成長が
一番の良かったことかな。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年05月05日

〇もうちょっとで終わってしまう・・・!そんな苦悶と、主人公たちとの闘いと。目が離せない展開

田中管理官の車が炎上した知らせを受けた一行。遺体も派遣されるという衝撃の結果に戸惑いつつ、真紀が永久のDNAを持つだろう怪しい人物を、空港の画像から確認していた。彼は、ミシェル。永久のもととなった人物であり...続きを読む、今回の一連の事件のすべてを首謀していると思われる。

彼を追おうとするやいなや、ミシェルのアジトと思しき場所が放火、現地で男女3人の遺体が発見される。比奈子もそこへ向かうが、相談の結果、急いで倉島のバイクに乗り研究所へ向かうことにする。しかし、三木とバイク上で電話をしていると、急に視界が遮られ、バイクは横転。その拍子に通りがかっていたミシェルが比奈子を連れ去る。

そこからセンターでの大乱闘が始まる。
比奈子は無事に生還するのか。そして、保、永久、ミクやほかのセンターの仲間、厚田班の仲間は生還できるのか。

******

若干平面図が欲しいところではあるものの、活動場所は多すぎない。そこでの起こったことをどう想像するか、なのだろう。
とにかく、すごい各々の活躍。そして情景描写が、ページを繰るあなたの手を止めないはずです。結末までノンストップのこの物語を、そして藤堂比奈子の集大成を、ぜひ目にしてほしい。

最後は、ちょっと、泣けます。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年02月07日

比奈子ちゃんシリーズ読み終わって既にロス。
久々にこんなにハマってしまうシリーズを読んだ。
全ての登場人物に愛着を持てるし、これで完結なのが寂しい…。ハッピーエンドで終わったのは嬉しいけど、正直もう少し猟奇犯罪捜査班の活躍を見たかったな。
いつかその後のみんなの話も読みたい!(特にガンさんと石上女史...続きを読むのコンビは好き)

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年01月17日

シリーズもこれで終了。おもしろいシリーズだった。これが初小説だなんてびっくりだ。猟奇殺人の描写はそういうのが元から苦手なのでうおっと思ったけれど、それがあってもおもしろかった。ページをめくる手が止まらなかった。
藤堂比奈子というキャラクターが私にとってとても好きなキャラクターだったのだと思います。終...続きを読むわってしまって悲しいな。
しばらく内藤さんの他のシリーズをあたってみようと思います。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2020年01月09日

国際テロ組織「CBET」の目論見を阻止するために大きな覚悟を決めた猟奇犯罪捜査班の面々。彼らのアジトと思われる廃墟を突き止め現場へ向かおうとしたそのとき、捜査班をサポートしてきた田中管理官の車が路上で燃えているという情報が入った。そして廃墟でも火事が発生、現場では凄惨な殺人の痕跡が発見される。廃墟を...続きを読むあとにした比奈子は組織のトップ・ミシェルに拉致されて…。


ストーリー展開的にはテンポよくポンポンと読むことができたし、展開的にも比奈子が拐われたり、保が活躍したり、忍が壊れたり、と王道的な展開で良かった。
ただ、思うところは、マッドサイエンティストの最終的な理想が永遠の命、というところにひねりを加えて欲しかった。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2019年06月18日

2019/6/18
あー読んじゃった。
とうとう終わってしまった。
どうやって終わらせるのか想像もつかなかったけど温かな着地をしました。
みんな死んだと思わせといてからの「ふぁっ?」は私も「ふぁっ?」ってなって笑いながら泣きました。
でも一番泣いたのは忍かもしれん。
忍が倉島を連れて行くわけないよね...続きを読む
愛だねぇ。想われていたねぇ。
心配する東海林先輩も萌えました。
また会いたいなぁ。
『OFF』待ってます。
それ以外も新刊、超待ってる。
次来ないと「おもてうら」読めないよ…
大きい手術ってなんだろ。
この世に神様がいるかは疑問だけど、フィクションばかりは神様がいないと生まれないからなぁ。
内藤先生どうかお元気で。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2019年02月03日

201901/上下巻まとめて。
寂しいことに今回が本編完結編(ということはスピンオフに期待!)。
全作通して楽しませてもらった愛着補正かかった点数ですが
完結編ということで、レギュラー陣それぞれの描写も多く
多少無理くり感はあるものの、不満のない展開・結末。

読み始めた頃は強引なキャラ設定だなと思...続きを読むいつつも、登場人物達の
成長や関係性の変化も楽しめて、とても良いシリーズでした。

偏った煽りを感じさせる女性の写真を使ってるのは好みではなかったが
いつも新作が出ると書店ですぐに目につく表紙デザインだったのも良い。

今回作者あとがきで、経緯を知ったけど、それでこのクオリティ・
刊行スピードを保ってきたのはすごいなあ。
お疲れ様&ありがとうございました、そして他作にも期待です。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2020年11月26日

下巻に入っても勢いは衰えず、何度もえっこの人ここまで!?な展開もあり、忍に涙したりして感無量の最終巻でした。まさか忍にここまで泣かされるなんて…。
スヴェート、そしてミシェルのやってた事はおぞましいけど、技術進んだらやれないことはないのかもと思ってしまいました。
金子くんが結構キーパーソンだったな…...続きを読むそして永久くんもかなり成長して人間らしいです。
永久くんを守るためで仕方ないとはいえ人を殺めてしまったら警察官ではいられないと思ったのは至極真っ当で比奈子っぽくて好きです。お別れは寂しいけど、かなり。
保先生と比奈子の間に子どもがって素敵ですし、麗華さんが「同級生ですわね」ってなったのも好きでした。
猟奇犯罪捜査班の皆さん誰も彼も好きだったので本編終わるの寂しいですが、新シリーズも楽しみです。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年11月11日

下巻に入って急激に動き始める様々な事態と、厚田班に襲い掛かる危機の数々。上巻以上に目の離せない展開です。
ついにセンターに侵入したスヴェートと、厚田班、そして保たちとの戦い。もう誰の活躍もとにかく素晴らしくって、しかしはらはらさせられます。とりあえず、虫が凶悪すぎる。そして倉島と忍の絆にはもう涙を禁...続きを読むじ得ないものが……ある意味ここがこの作品中最高潮のラブロマンスだったのでは、と思えてしまったのでした。
結末についてはもう何も言えないけれど。終わってしまったんだなあ、とちょっと寂しい気分。でもまだスピンオフ作品があります!

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年02月15日

猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子シリーズ、10作目。今作にて完結。上下巻。

とうとう本シリーズもこれにて完結。最初の頃は1話完結の推理ミステリものだとばかり思っていたのに、途中から大掛かりな組織の存在が見え隠れしてきて、少し、否、結構心配しながら読み進めていたのですが、意外や意外、いざシリーズを読み終え...続きを読むてみれば、上手く収まった!という感想です。荒唐無稽な方向へ行くところまで行くかと思っていたんですが、最後は意外とすんなり受け入れられました。
センターの存在が最後までSF感拭いきれなかった要因じゃないかとは思うのですが、人体実験なんかは、倫理感さえ無視すれば、今の現代でも十分可能なんじゃないかと妙に現実味を覚えてみたり。キャラの描写が、比奈子だけでなく、他メンバーも一人一人丁寧に描かれていて、最終巻の今作でもそれぞれ活躍があって、面白く最後までのめり込んで読めました。

最後の内藤先生の後書きを読むと、デビュー作の1作目の時点ではシリーズ化を想定していなかったと。最終作にして、あれが伏線だったのかと、シリーズを通した伏線が上手く回収されていると感じるところがいくつもあったので、そこが一番の驚きだったかも。シリーズが長期化されると、最終作では力技で収拾して破綻するパターンもありがちだと思うのですが、本シリーズはお見事な完結の仕方だったと思います。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年01月26日

改めて思い返すと、永久少年の成長を見守るシリーズだった(感慨深い)。
完結編に向かうにつれて“猟奇さ”が減っていった印象が強いのは、私が猟奇さに慣れてしまったからか?!と少し怖くなったりも。
完結編のみの感想でいうなら、凄惨すぎる事件の幕開けだった割には終わりはあっけなかった。ぐいぐい読ませる文章力...続きを読むはさすが!金子未来のせいで七味缶に応募しそうになる自分も…(笑

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年01月16日

シリーズ読破しました。
やはり、シリーズもの特有の(すみません)大きな背景になってしまいましたが・・・厚田班みんなが健在で、それぞれの道を進み、猟奇的な犯罪にも関わらず良い空気の中で物語を終結させたのが良かったかなぁ。

また、途中から登場する永久と金子、その2人を守る保と比奈子。
永久の人間らしい...続きを読む感情の成長は涙さえ誘います。

厚田班の個性あるメンバーと、重苦しくない会話が
このシリーズの魅力でしょうか。。。

最後の比奈子の身の振り方には、え??ってなって
残念でもあったけど・・・とにもかくにも佐藤都夜が
某小説の房子にならなくて良かった(笑)
房子に嫌悪感なんで。

違う本でも猟奇犯罪班がちょこちょこ出てくるらしいので、読んでみようかなぁ~と思います。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2019年10月07日

同著者なら断然“よろず建物因縁帳”シリーズが好きだと思いつつ着手したこの“藤堂比奈子”シリーズだったのに、スピンオフと合わせて13冊も読んだら、そりゃ情も湧く。

上巻ですでにウルウル、下巻でも永久の変化を感じさせる言動に涙腺ゆるみまくり。終盤はあまりに派手な爆発シーンに、何がどうなったかイメージ描...続きを読むけず。でもまぁいいや、イケメン倉島が忍で華麗に突っ込んだと思っておきます。最初は軽いだけに思えた東海林も超イイし、ぼんくらだった御子柴も頼れる存在に。

死んでほしくない人はほぼ誰も死なないから、未読の人は安心してお読みください(笑)。ちょっとした厚田班ロス、早く立ち直ろう。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年05月20日

サクサク進んだなあ。壮大な事件だったのに、わりとあっさり終結。ミッションインポッシブルかのようなスペクタクルシーンもあり、大サービスです。読む人を選ぶ猟奇事件シリーズなのに気軽に読ませてくれました。(東海林のおかげ?)テンポよいシリーズ展開も素晴らしかったです。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年01月26日

内藤了『BURN 下 猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子』角川ホラー文庫。

シリーズ第10弾にして本編完結編。些か強引にシリーズの集大成を図ったような結末。それもそのはず、著者のあとがきによれば、当初はデビュー作『ON』を執筆した時にはシリーズ化の構想など全く無かったようなのだ。従って、10作目となるシリ...続きを読むーズを完結させる上では少し強引に全てを関連させる必要が生じたに違いない。人気作品が出版社の都合で振り回される悪い例の一つだろう。

それでも、このシリーズは高いレベルでの完成度を維持し続けたことは間違いない。しかし、シリーズに散りばめられた猟奇殺人事件を独立した作品として執筆していたならば、また違った面白さがあったかも知れない。

スヴェートのトップ、ミシェルに拉致されたは藤堂比奈子の運命や如何に……

さよなら。藤堂比奈子……

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年11月21日

ついにスヴェートのトップであるミシェルと対峙する時が。
追い詰められる猟奇犯罪捜査班のメンバーたち。
センター内にいる保や永久、金子を守れるか…
ついに厚田班にも終わりがきてしまった。
シリーズの終わりはいつも寂しい。

2020.11.21

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年05月03日

国際テロ組織「CBET」の目論見を阻止するために大きな覚悟を決めた猟奇犯罪捜査班の面々。彼らのアジトと思われる廃墟を突き止め現場へ向かおうとしたそのとき、捜査班をサポートしてきた田中管理官の車が路上で燃えているという情報が入った。そして廃墟でも火事が発生、現場では凄惨な殺人の痕跡が発見される。廃墟を...続きを読むあとにした比奈子は組織のトップ・ミシェルに拉致されて…。

このレビューは参考になりましたか?