【感想・ネタバレ】同棲ヤンキー赤松セブン【電子単行本】 3のレビュー

書店員のおすすめ

こじれた思春期ゆえのムラムラとありあまるエネルギーを、公園の土管で寝泊まりする謎の男・神埼七焚(セブン)との喧嘩にぶつける、ヤンキーの男子高校生・赤松。彼と喧嘩すると妙にスッキリすることから、貴重な「八つ当たり先」として重宝していました。しかし、ある日セブンのねぐらの土管が撤去され、セブンは公園を去らなければいけなくなり……。そこで赤松はセブンに「行くとこね〜ならウチに来い」と持ちかけます。

『アキラNo.2』(徳間書店)や『頂き!成り上がり飯』(徳間書店)といったヤンキー漫画の名手として知られる奥嶋ひろまさ先生と、ヤンキーBLの金字塔『イベリコ豚と恋と椿。』(海王社)作者のSHOOWA先生がタッグを組んだ、ヤンキーBLの新たな名作。
奥嶋先生の硬派な作画タッチや甘すぎないストーリー展開から、「あれ、私が読んでいるのはヤンキー漫画……?」と混乱してしまいそうになりますが、それがイイ!!!! 全ヤンキーBL好きが渇望した「ヤンキー漫画の中でBLが起こっている」という奇跡がここに顕現したのです……! 殺風景な1Kアパート(もちろん2階建て・外階段です)、洗うと黒い汁が出る布団(THE★男所帯!)、相手のいない隙を狙ったオナニー(色気ゼロ&途中の寝落ちのコンボがヤンキー男子み強くて最高です)などなど、ヤンキー萌え勢が泣いて喜ぶ要素がこれでもかとてんこ盛り。友情なのか恋愛感情が芽生えかけているのか、微妙なラインを突いてくる赤松とセブンの距離感もまた尊い……。

まだまだLOVE要素薄めな1巻ですが、2巻以降への期待しか感じられません。ヤンキーBLの新たな伝説の幕開けを見逃さないでください!

ユーザーレビュー

このページにはネタバレを含むレビューが表示されています

ネタバレ購入済み

(匿名) 2021年02月18日

いい終わり方だった。ジーンとした。これからの2人をまだ見てたいけどここらがちょうどいい気もする。
前半は内容混乱しちゃいそうなくらい重たい話が続いて刹那苦しいけど、後半の動物パラダイスターンとおめでとう同棲再開ターンに癒される。
三巻っていう数もちょうどいいし、どのキャラも立っていてとても面白か...続きを読むったです。
ごちそうさまでした。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ購入済み

やっと結ばれた…!

唯月 2021年01月30日

こういうリアルな思春期の青年のBLも萌えますね!!
セブンの抱えてる問題も分かり、一気に解決します。ちょっとご都合な感じもしますが、
そこはフィクションと言う事で。

その後の温泉は凄く笑いました。良い意味での期待外れの展開もあったりw
身も心も繋がった2人、最後のカットのシーンはグッと来...続きを読むました。

信頼や絆をあのシーンで表すのは上手いと思いました!読んで良かった!買って良かったです!!!

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2021年02月21日

攻めの救済ものとして期待していたのですが…うーん、弟もまとめて救ってほしかったなぁ…。犯罪内容がエグいので、、被害者としとも加害者としてもなんか色々スルーされてて、いやこれBL展開でまとめられてもなぁ…。ディ○ニーアニマルたちはもはや何事。

このレビューは参考になりましたか?