【感想・ネタバレ】庶務行員 多加賀主水が許さない のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2016年07月27日

銀行必殺仕事人と言う印象でした。

地味で、それでいて謎の多いナイスミドルが銀行の難事件を快刀乱麻の様に解決する。
正攻法で、問題に取り組むと言うものではないので実社会で役立つものではありませんが、スカッとしました。

あのお方の正体のヒントは、序盤に出ていたんですね。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年11月19日

タイトルから半沢直樹のようなストーリーを想像していた。ただ想像とは違ってまた違うタイプの勧善懲悪のストーリーという印象を持った。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年12月26日

現代版 遠山の金さん、と言ったところでしょうか

2年前、2つの銀行が合併し、名実ともに合併すべきところ、内部特に幹部は、従来の銀行派閥を意識し、何とか自分の派閥を拡大出来ないか、画策していた。

そこに配属されたのは、庶務行員と言う名の雑用係 高加賀 主水(たかが もんど)。

普段は、雑用を...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年08月14日

タイトルを見た時に、池井戸潤の2番煎じ?と思ってしまった(^_^;)。庶務行員として、ある方に採用され、銀行の裏の問題を次々と解決していくのは面白い。しかし、実際こんなに不祥事など多い銀行があるのか疑問ではある。バブルの頃なら色々な問題はあったのかもしれない。まあ、サクッと楽しめたのは良かった。

このレビューは参考になりましたか?
購入済み

仕事人?

かんさい 2016年12月07日

主人公の経歴やら登場人物の関係はちょっと突飛なように思うが、痛快なストーリーです。銀行が舞台でなくてもよかったかも。

このレビューは参考になりましたか?