【感想・ネタバレ】江戸の御庭番のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2018年01月18日

藤井邦夫さんの新シリーズが始まりました。「江戸の御庭番」、2017.12発行です。倉沢喬四郎、倉沢左内家に婿養子に入った御庭番(公儀隠密)、佐奈20歳との仮祝言はしたものの、8代将軍吉宗の命を受け、八面六臂の動きを。たまに家に帰り、妻を驚かそうと後ろから優しく抱きしめると、佐奈は肘鉄を(^-^) 舅...続きを読むの左内の隠居ぶり、姑の静乃の生真面目さ、物語に心地よいアクセントを与えています。楽しみなシリーズです。

このレビューは参考になりましたか?
購入済み

少し読み辛い、

kibidango 2020年08月17日

作品の中でくどいほど登場人物の身分、来歴を説明し多くの紙数をさいいる著名作家の作品がある中ではさっぱりしていていて的確、好感が持てます。ただ文章が細切れ状態になりすぎていて、情緒感が不足している用にように思います。小説の内容は忍者ものとしては、こんなものかもと思いますが。
読んでいる初め頃、概ねの...続きを読むストーリーが分かってしましました。今少し意外性、家族との関係、確執、愛情表現があればよいのではないでしょうか。
私は葉室氏の作品を多数読んでいます。

このレビューは参考になりましたか?