【感想・ネタバレ】弱キャラ友崎くん Lv.3のレビュー

ユーザーレビュー

購入済み

3巻もやっぱり面白かった。

ヒロ 2020年06月18日

菊池さんの登場の際、主人公の菊池さんに対する表現が毎回楽しくて、思わず笑ってしまいます。

次巻もたのしみです!

このレビューは参考になりましたか?
購入済み

おもしろい

よよよ 2020年06月05日

相変わらずおもしろいです。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2018年08月17日

そもそもリア充とは、「人生」を楽しむとは何なのか?という点が問い直された巻だったように思う

既に充分リア充な水沢がまだまだリア充にはなれていない友崎を羨むような描写が度々登場する。そんな水沢の中に有ったのは自分は本気になっていない、一歩引いた視点に居て上手く回るようにこなしているという感覚。
だか...続きを読むらバカみたいに、それでいて様々な事に楽しそうに取り組む中村や泉、友崎を羨んでしまう。そういった彼らにキャンプの中で接し、更に自分が本音を話しても仮面を被り続ける日南を前にして水沢も無理だと判っていてるのにバカみたいに告白してしまう
そのように「自分のしたいことに向き合って、本気でなにかした」水沢の心はとても充実しているように思えた。
この流れから「人生」を上手く攻略できている人が「人生」を楽しめているのではなく、「自分のしたいことをしている人」が「人生」を楽しめているのではないかという視点が登場したことは驚きの展開だった

そもそも第2巻から少しずつ感るようになり、更に第3巻でより強く感じるようになった点が有る。それは友崎が水沢や中村と上手い感じに会話できるようになればなるほど、友崎が無理をしているとか、実力以上のトークスキルを機械的に出しているのでは?という印象。
それでも日南に従って課題をこなし続けるなら、その内友崎が無理をしているなんて思わなくなるだろうと思っていたのだけど……。
現時点で最も友崎との関係性が上手くいっているのは風香。そんな風香から喋りづらい時があると告げられた友崎。そんな事を言われたら「人生」を攻略すべく日々研鑽している友崎としては日南が指摘した自身のスキル不足という理由を受け入れるのは当たり前。
でも、よくよく思い出せばこれまでも日南は風香の行動を読み間違えるような場面が幾つかあったし、友崎の人間性の全てを把握している訳ではない。だから日南が考える喋りづらい原因が間違っている可能性なんて元々幾らでもあった

「スキルで話している」時よりも「自分のしたい話をしている」時の方が話しやすいかもしれない。これを友崎が認めてしまえば、必然的に「スキルで話している」日南を否定することになってしまう
そこからの展開は何もかもが凄まじい。日南が友崎を突き放すのが驚愕の展開だし、一度沈んでしまった友崎を風香が引き上げてくれる流れがあまりに美しすぎて何と表現して良いのか判らなかった

そして前の巻で気になった日南が友崎に全く勝てない現状をどのように捉えているのだろうと気になっていた点を、このように逆転の一手として使っているとは思わなかった!
どれだけ努力しても「アタファミ」において日南は友崎に届かない。ならそこには理由があるはず。その理由を「本当にしたいこと」をしているからという展開に持っていく構成には本当に驚いてしまうと共に何故か納得できてしまった

期せずして友崎が一方的に教えられる関係から、相手に足りないもの互いにを教え合う対等な関係になった友崎と日南。次の巻から一体何が始まるのか全く予想できなくて、とてもワクワクした気分になってしまう終わり方だった

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年06月03日

日本一のゲーマーにして非リア充の男子高校生が、日本二位のゲーマーにしてスーパーリア充の女子高校生からリア充になるための指南を受ける話の第三弾。 

今回はリア充および青春の代名詞的イベントである泊りがけBBQがメインになる話で。
そこでの目的は友崎くんが「男友達を作る」ことにあるのですが……よくよく...続きを読む考えなくても順番が逆のような。ガールフレンドの前に男友達ですよね普通。まあ、男性向けラノベですし、その辺はお察しですか。

にしても、友崎くんは自分も他人も誠実に当ろうとする姿勢に好感が持てますね。変に誤魔化そうとしないところがいいです。

この巻で完結といってもいいような終わり方でしたが、できれば続きが読みたいところです。菊池さんが泣くような展開にさえならなければ、ですが。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2019年02月22日

3巻で、主題の再構築を果たす。
ラストで友崎くんが「オタク」と「リア充」の両立を目標に掲げて、とりあえずよかった。
序盤、日南が、友崎に誘われた菊池さんのうれしさがあふれるLINEをあっさり盗み見るという、「菊池さんを人間扱いしていない」「単なる攻略対象としか認識していない」描写がある。
その違和感...続きを読むに友崎くんは気が付くことになる。
花火大会終了時の、友崎くんのひと言は、スリリングだった。

単なる夢見がちな文学少女ではない、非常に洞察力のある聡明な菊池さんだが、ストーリーが進展すると、やはり、日南に負けてしまいそうな予感(最後のセリフ)があり、今から不憫だ。

しかし、リア充合宿、菊池さんとのデート(都合3回)を不整合なく、ぶれないラストへ統合していくのは、なかなかの構成力。
これまでの布石の回収と今後の新展開の準備もあるようだ。
聖地要素も楽しめる。基本的に、登場する店舗、施設は、実在するモデルがあるようだ。
(ex.マイケル・アンディ→ミヒャエル・エンデ)
でも、登場人物たち、あんまり勉強していないな。塾などの描写もないし。進学校なのに。

このレビューは参考になりましたか?