弱キャラ友崎くん Lv.1

弱キャラ友崎くん Lv.1

作者名 :
通常価格 693円 (630円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

これが人生(クソゲー)攻略の最前線!

人生はクソゲー。このありふれたフレーズは、残念ながら真実だ。

だって、人生には美しくシンプルなルールがない。あるのは理不尽と不平等だけ。自由度が高いなんてのは強者の言い分で、弱者には圧倒的に不利な仕様でしかない。

だから、クソゲー。
あまたのゲームに触れ、それらを極めてきた日本屈指のゲーマーである俺が言うんだから間違いない。

――だけどそいつは、俺と同じくらいゲームを極めてなお、「人生は神ゲー」と言いきった。

生まれついての強キャラ、学園のパーフェクトヒロインこと日南葵。
しかも、「この人生(ゲーム)のルールを教えてあげる」だって? 

……普通は、そんなの信じない。
だけど日南葵は、普通なんて枠にはまったく嵌まらないやつだったんだ! 

第10回小学館ライトノベル大賞優秀賞受賞作。弱キャラが挑む人生攻略論ただし美少女指南つき!

※この作品は底本と同じクオリティのカラーイラスト、モノクロの挿絵イラストが収録されています。

ジャンル
出版社
小学館
掲載誌・レーベル
ガガガ文庫
ページ数
344ページ
電子版発売日
2016年05月27日
紙の本の発売
2016年05月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
8MB

弱キャラ友崎くん Lv.1 のユーザーレビュー

    購入済み

    面白かったです。

    ヒロ 2020年06月18日

    大まかには、弱キャラの非リア充の主人公がリア充の登場人物と関わり、成長していくお話です。

    読み始めているときはこんな感じかぁと思いながら、読んでいましたが、読み進めていくに連れて先が気になりあっという間に読み終えてしまいました!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年06月03日

    日本一のゲーマーにして非リア充の男子高校生が、日本二位のゲーマーにしてスーパーリア充の女子高校生からリア充になるための指南を受ける話。

    進研ゼミ漫画から進研ゼミを抜いたようなハードモードのストーリー展開ですね。自己啓発系ラノベとでもいうのでしょうか。
    「夢をかなえるゾウ」のガネーシャが美少女になっ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年08月15日

    青春を舞台にしたラブコメと言うよりも、人間関係を円滑にするためにはどのようなことをすれば良いのか指南する教本のようになっているのが特徴のラノベ

    主人公の友崎は絵に描いたような根暗ゲーマータイプ。そんな彼はリア充を馬鹿にしているし自分とは無関係の存在だと思っている。そんな彼が人生を楽しみリア充になる...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年12月30日

    「電車男」と類似コンセプト。オタクの矜持は維持しているようだが。

    ポスト俺ガイルと評判の本シリーズ。初めて手に取る。
    (フライの表紙は、著者もあとがきで力説している通り素晴らしい)
    友崎くんがリア充に改造されていく話では、ゲーマー視点で語られたとしても、脱オタ志向で、ちと悲しすぎる。
    続巻の展開は...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年05月30日

    人生をクソゲーから神ゲーにするため、ゲーマー主人公を徹底してリア充に“強化”していく話。最初は友崎もヒネてる割にオドオドしてるしヒロインは二面的性格だしで、若干読むの辛いかなーと思ってたけどなかなかどうして。牛歩ながらも確実に進歩していく様を見るのはまさにレベリングといった感じで面白かった。中村が最...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年03月17日

    とあるゲーム「アタファミ」で世界最強の主人公が人生という「ゲーム」に攻略するはなし。主人公がアタファミで最強になったプロセスと人生とがパラレルになっているところはなるほどうまくできていると感じました。それにしてもハーレムゲームなみに美少女キャラが出ておりますが,この混戦をどう抜け出すやら。まあ,ラス...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ購入済み

    オタリアとは違いました。

    ma7 2017年02月27日

    1巻から3巻までを読んだ感想です。私もいけていない男子がリア充になるために・・・という意味ではオタリアに最初にているかと思いましたが、オタリアがオタクが考えたリア充、そしてチーレム無双のラブコメと考えるとこちらの方が骨太な話だと思います。決してオタリアの方が劣っているわけではなく、エンターテイメント...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2016年07月09日

    とあるオンライン格ゲーで日本一の男子高校生が、オフ会で会った同じ学校のヒロインからリア充指南され、奮闘する話。ヒロインのアドバイスを元に少しずつ努力して変わっていく主人公の姿が読んでいて気持ち良かった。リア充指南という点ではオタリアと似たようなものを感じるけれど、努力の量はこちらのヒロインの方がずっ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

弱キャラ友崎くん のシリーズ作品 1~10巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~10件目 / 10件
  • 弱キャラ友崎くん Lv.1
    これが人生(クソゲー)攻略の最前線! 人生はクソゲー。このありふれたフレーズは、残念ながら真実だ。 だって、人生には美しくシンプルなルールがない。あるのは理不尽と不平等だけ。自由度が高いなんてのは強者の言い分で、弱者には圧倒的に不利な仕様でしかない。 だから、クソゲー。 あまたのゲームに触れ、それらを極めてきた日本屈指のゲーマーである俺が言うんだから間違いない。 ――だけどそい...
  • 弱キャラ友崎くん Lv.2
    弱キャラの第2ステージは生徒会選挙!?  人生はクソゲー……ではないのかもしれない。少なくとも良ゲーであることは認めてもいい。学園のパーフェクトヒロインこと日南葵と付き合う(そういう意味ではない)ようになって、俺、友崎文也の価値観は根底からひっくり返されることになった。まあまだ神ゲーとは認めてないんだが、このゲームの最強プレイヤーである日南の指導のもと、レベルアップに励む日々...
  • 弱キャラ友崎くん Lv.3
    こんなの弱キャラの夏じゃねえ! 怒濤の一学期が終わり、夏休み。 薄々特訓漬けになる気はしていたが、日南葵というリア充モンスターは俺の予想のはるか先をいっていた。 「まあ簡単に説明するとね、優鈴と中村をくっつけようって合宿なのよ」 BBQからの川遊びからの男女お泊まり。まあ、リア充を絵に描いたようなイベントだなと思う。問題はただひとつ。そこに俺も参加するということである。なにこの...
  • 弱キャラ友崎くん Lv.4
    こんなの無理ゲー?弱キャラvs女王再び! 人生で一番濃密だった夏休みが終わり、2学期。 俺と日南は少しだけ関係性を変えながら、それでも一緒に人生攻略を続けている。 さて、2学期はじめのイベント、球技大会。 日南から出された新たな課題は「やる気のない紺野エリカにやる気を出させること」。紺野エリカといえば、あの旧校長室で啖呵をきって以来、まともに言葉も交わしていない。だってこわいし...
  • 弱キャラ友崎くん Lv.5
    強キャラの弟子ができました。 教室での一件を受けて、まさかの師弟関係と相成った俺とたまちゃん。 表情、姿勢、喋り方。 俺は師匠として、自分が『リア充』になるために重ねてきた努力とノウハウを、たまちゃんに伝えていく……が。 ここで問題が発生する。意外というかなんというか、たまちゃんは普通に“強キャラ”だったのだ。 ていうかむしろ、俺より強い可能性すらある。あれ? 師匠ってなんだっけ? ...
  • 弱キャラ友崎くん Lv.6
    文化祭目前、さまざまな思いが錯綜し――。 たまちゃんの問題がいったん解決し、文化祭を目前に控えた11月。 俺、友崎文也は日南との会議を再開し、また課題にとりくむ日々を送っている。 文化祭に積極的に関わりながら、集団での立ち位置を確立していくのがこれからの目標だ。 そんなとき、日南が俺に尋ねる。 「――あなたは、誰が好きなの?」 それは、俺がひたすら保留にしてきたこと。 「三年に進級...
  • 弱キャラ友崎くん Lv.6.5
    少女たちの想いを綴る、珠玉の短編集! あの日、彼女はまだ完璧じゃなかった。 あの日、彼女は人前で初めて泣いた。 あの日、彼女はすべてを振り切るスピードが欲しかった。 あの日、彼女は――……。 日南、菊池さん、みなみ、優鈴――。 少女たちのあの日の想いが、ここに紐解かれる。 6巻と7巻をつなぐ彼女の気持ちも……? 「弱キャラ友崎くん」の世界がさらに色づく、珠玉の短編集。 ※「ガ報」付き! ...
  • 弱キャラ友崎くん Lv.7
    そして、舞台の幕が上がる。 掛けられた言葉。誠実の意味。向き合った、彼女の気持ち。 俺をとりまく環境の変化は劇的で。 けれど、そんなことはお構いなしに時間は進んでいく。 文化祭の準備もいよいよ佳境。 演劇の練習が、ついに始まった。 登場人物と演者のイメージを近づけるため、俺と菊池さんは「日南の過去」を取材することになるのだが……? 俺の、俺たちの―――。 一度きりの文化祭が、幕を開...
  • 弱キャラ友崎くん Lv.8
    新章開幕!! 文化祭が終わり、冬休みが明けて。 人生攻略に大きな区切りをつけた俺の目の前に、新たな難題が立ちふさがっていた。 ――進路調査票。 将来なにをして、どう生きるのか。 そんな、ある意味「人生を決める」問題が、明確な期限をもって迫ってくる。 もちろん日南の課題も継続中だ。 「日南と同じくらいのリア充になる」ため、新学期も俺は課題をこなしつつ、自分の本当にやりたいことを追求...
  • 弱キャラ友崎くん Lv.8.5
    “本編級”短編集、ふたたび。 文化祭が閉幕した翌日。 2-2の面々は、打ち上げ兼クリスマスパーティを開催する。 各所で盛り上がるなか、友崎は、ふたりで話す日南と菊池さんの姿を見かける。 あいまいに誤魔化されるも、友崎はその内容がやけに気になって――。 NONAME誕生。みみみと菊池さんのカフェトーク。カラオケ会。友崎と出会う前のレナなど……。 年が更けていくなか綴られる、それぞれの人...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています