【感想・ネタバレ】続・悩む力のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2014年01月14日

読み終えて、自分の中にあったモヤモヤが成文化された気持ちになり、気分がスッとしました。最後の姜先生の力強い言葉に背中を押されました。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2013年07月02日

悩む力の続編である本書は、二度生まれをテーマに現代における幸せについて考えている。2011年3月におきた大震災によって宗教に代わって信仰されてきた科学への不信。
夏目漱石の原著を元に結論として二度生まれのススメをしている。
漱石は読んでみようと思ったが、作者の言葉自体にはなんら共感できなかった。着眼...続きを読む点は素晴らしいと思う。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年02月18日

2013/2/17
二度生まれ:ジェイムズ「宗教的経験の諸相」
人は生死の境をさまようほど心を病み抜いたときに、はじめてそれを突き抜けた境涯に達し、世界の新しい価値とか、それまでとは異なる人生の意味といったものをつかむことができる。
「健全な心」で普通に一生を終える「一度生まれ」(once born...続きを読む)よりも「病める魂」で二度目の生を生き直す「二度生まれ」の人生の方が尊い。
「一度生まれ」の人の宗教は「一種の直線的なもの」「一階建てのもの」。
「二度生まれ」の人の宗教は「二階建ての神秘」。漱石「第二の葬式」、ウェーバー、フランクル

p.167 方丈記
自然に対峙する人間の態度。我々現代人はその気持ちをいつからか忘れてしまった。

p.170 市場経済の成り立ちの三要因
「人間」労働力、生きもの、モノとして扱うには無理がある。能力にバラツキあり、労働力の対価として賃金が支払われる。ゆとりが必要
「自然」
「貨幣」

p.184 吾輩は過去である
「一回性」と「唯一性」のなかで生きている。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年10月09日

・人間の3つの価値「創造」「経験」「態度」
・人間は,はかなく死ぬ運命にあることを念頭に置いて,あくまでも謙虚に人間的なものを肯定する
・人間にとって重要なのは「唯一性」
・吾輩は過去である
・「個人的共鳴」という新しい言語が必要
・人生の問いに答える.responsibilityはresponse...続きを読むの派生語

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年09月30日

社会を見る目が斬新でとても良い刺激を受けた。鋭い視点で社会を読み解くが、どこか暖かい感じが文面から読み取れる。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年06月25日

「悩む力」に続いて読んでみた。
幸福とは何か、について書かれている。
前作に続いて夏目漱石の小説を引き合いに出し、漱石が人生や幸福についてどう考えていたのかを、小説の主人公の語った言葉から読み解き、解説している。
第7章で紹介されるデンマークの作家ヤンネ・テラーの「人生なんて無意味だ」と、終章で解説...続きを読むされる、フランクルの人生の3つの価値の中の「態度」は心に残った。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年08月22日

前著「悩む力」より今の時代・人に寄り添った提言だった。
過去を大切にしようというのが一番印象的であり自分に刻まれたメッセージになった。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年10月31日

ベストセラーの続編。2012年発行。
2011年の東日本大震災を絡めて、改めて自国に蔓延する憂鬱な状況について、1作目と同じく夏目漱石とマックス・ウェーバーの考え方を参考に語る。なーんちって。

以下、気になった点
○もはや営利活動は、一切のモラルや倫理、意味づけをはぎ取られて、スポーツと同じような...続きを読む競技となって勝者だけが生き残り、幸福の祝杯を飲み干す事ができるのです。
○自意識の突出。
○ホンモノの自分探し、あるいは自己実現のプレッシャーは、いつまでたっても終わることのない悪夢のような堂々めぐりとなって、いまの私たちに重くのしかかっているのです。
○ヤンネ・テラー「人生なんて無意味だ」←読んでみよ
○私たちは、この市場経済を、個人を超えた強制力をもつ避けようのないもの、未来永劫つきあっていかなければならない運命のような存在だと、何となく思い込んでいますが、そうではありません。人類の歴史のなかではたかだか400年の歴史しかもたない、新参者のシステムなのです。
○過去を大事にするということは、人生を大事にすることにほかならず、逆に「可能性」だとか「夢」だとかいう言葉ばかり発して未来しか見ようとしないのは、人生に対して無責任な、あるいはただ不安を先送りしているだけの態度といえるかもしれません。
○人間の真価は「創造」「経験」「態度」。その中でも「態度」が一番大切。
○私は「愛する」ということの理想的なあり方は、相手が何をしようと、何をもっていようと、どう考えていようと、相手のありのままの状態を、丸ごとそのまま受け入れることだと思います。
○則天去私
○私たちは人生というものに対して、しばしば「この人生は、私にとって何の意味があるのか?」とか、「この人生は、私にとってどんなよいことがあるのか?」とか疑問を抱き、不満を吐き出します。そして、意味がないと思えば絶望し、最悪の場合は、自分の手で自分の人生を終わらせてしまったりします。〜中略〜
人生とは、「人生のほうから投げかけてくるさまざまな問い」に対して、「私が一つ一つ答えていく」ことだと考えたのです。
※まとめ⇒これがつまり「態度」。すべて自分の思い通りにすることは不可能。大震災を考えてみても明白で自然や運命の力には抗えない。全てを受け入れ、人生の問いに対して、真面目に答えていくしかない。

最近の日本の幸福の基準は「正社員/年収500万以上(仮)/恋人がいる/結婚している/子供がいる/持ち家がある/老後の心配をしない程度の貯蓄がある」などなど、結構ハードルが高い。そして、その基準を満たしていない人間は多く、またその絶望感たるや半端ではない。
そして、人間にはできないことはなく、可能性は無限大などという、やたら高揚感のある自己啓発本の数々の無責任なあおり。
本当の自分の生き方をしていくことの難しさよ!!
という感じでした(笑)。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年08月03日

決して簡単な本ではなかった。だから、何度でも繰り返して読んでみたい。そんな本である。市場経済とそれに類する価値が世界を席巻している。そこに関わる問題に苦しみ。でも、そこから逃れることも難しい。どうすれば良いのか、この本を携えながら、一緒に悩んでいきたい。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年08月03日

幸せとは?

→人生に意味を見出せるかどうかは、その人が心から信じられるものをもてるかどうか
過去を大事にするということは人生を大事にするということ
唯一性のなかで生きる生きものであるため、大事なのは何をやるかではなく、どうやるかが大事
人生とは、人生から投げかけてくるさまざまな問いに対して、答えて...続きを読むいくこと

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年04月13日

変わらず面白かった!3.11後の日本人へ向けて書かれた続編。かなり大枠の抽象論ではあるけども、哲学好きなら興味深く読めると思う。「まじめたれ」というあたりが稲盛和夫さんと共通しててこれも面白かった。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年04月03日

わが社の役員が、社内広報誌で取り上げていた本。色々と印象に残ることが盛り込まれていたが、一番印象に残ったのは、その役員が取り上げていた部分『我輩は過去である。』のところ。今を大切に生きて、良い過去を作る。我々は幸せな未来を作ろうと頑張ったりするわけだが、未来は本来『ゼロの状態』で過去を振り返ったとき...続きを読むに幸せがある訳である。さぁ、今日も良い過去を作ろう。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2013年03月27日

この本の中で一番ぐっと来たのは「過去を大事にする」という訴えでした。「『可能性』だとか『夢』だとかいう言葉ばかり発して未来しか見ようとしないのは、人生に対して無責任な、あるいはただ不安を先送りしているだけの態度」との指摘でした。
私もどちらかというとこの性質で、自分の人間関係も焼き畑農業的だなぁ、と...続きを読む反省したこともあったので、ぐっと来た。
この未来ばかり見てしまうのも市場経済にどっぷりはまった現代人の一つ特徴であるらしいが、それにしても自分はひどいもんなぁ、と。
いい言葉に出会えましたわ~。

ちなみに、この「過去を大事にする」ということは裏返せば「今を大切にして、いい過去をつくる」ということでもあるらしい。一回性、唯一性を生きる人間として、この一瞬一瞬の態度がすなわち重要。
大きな・立派と言われる仕事について中途半端なことや不正を行う人より、小さな・あるいはささやかな仕事を一生懸命こつこつとやっている人間の方が態度としては立派なんだとね。

結局は、この真面目に生きてみる、というところに戻ってくる!

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年02月16日

前作の『悩む力』が刊行されたのは2008年。こちらは2012年5月に刊行されているので、当然ながら3.11を踏まえた上で改めて「悩む」ことについて、そして「幸福である」とはどういうことかについて、考えていくための構成になっています。
今回はこの「幸福」を考えるため、前作でも取り上げていた夏目漱石とマ...続きを読むックス・ウェーバーに加え、『それでも人生にイエスと言う』で有名なフランクル氏の著作も何カ所かで取り上げられています。

前作もそうでしたが、生きていく上での悩み方を学ぶヒントとして読む以外に、漱石作品を著者の視点を通じて概観する、という目的でも読めると思います。というのも、この本は別に漱石作品の書評をしている訳ではないんですが、本のスタンスが「現代人が悩んでいるテーマについては、実は100年前に既に漱石とウェーバーが看破していた」という感じなので、結果として漱石の作品に出てくる登場人物の心情や、ウェーバーの論じた世界観というものを多用せざるを得ないからです。
まぁ、そういう横着をしようという時点で、本に相対するスタンスとしては不真面目なんでしょうけど(笑)

元々はバラバラに刊行されているので、特に前編、後編が意識されてる訳ではありません。それでも、どうせ読むなら2冊まとめて読んだ方が、「悩む」ことについての感覚はより鍛えられるんじゃないかと思います。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2013年01月14日

漱石やウェーバーの著作を例に挙げ、現代社会のゆがみや
幸福論についてわかりやすく書かれている本でした。

個人的に「幸福論」とか「ポジティブ思考」に違和感があったので
胸につかえていた異物感がなくなってすっきりしました。

生死の境をさまようほど心を病みぬいた「病める魂」で二度目の生を
生きなおすと...続きを読むいう『二度生まれ』という考え方をふまえた上で
漱石の小説を読んでみたいと思えました。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年03月21日

吾輩は過去である
人類は科学の進歩によって物質的に幸福を満たしてきたが、3.11の原発事故でその神話が崩れたという。また人類は文明の発達によって心の幸福が満たされてきたかというと否だという。だから我々はいま、ターニングポイントに立っているそうだ。
自分探しのために未来ばかり見ることは、市場経済の考え...続きを読む方であり、もう時代環境にそぐわなくなってきている。人間にとって本当に尊いのは過去なのだから、過去をしっかり見つめようという。なるほどと思う。
NHKのプロフェッショナルの主題歌に、そんな歌詞がある。「ずっと探していた理想の自分って もうちょっとカッコ良かったけれど 僕が歩いてきた日々と道のりを 本当は自分って言うらしい」
深いですね。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年06月12日

人生とは何かを漱石などの作品を元に現代と照らし合わせて考えられている。絶望するわけではないが、人生からの問いにひとつひとつ答えていかないと前に進まないと感じる

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2018年11月25日

本書は、前作に続き夏目漱石とウェーバーの思想の共通点をピックアップして、さらにフランクルやジェイムズの思想をもピックアップして、「震災以後、どう生きるか」ということが書き綴られている。

いくぶん世相を反映したものなので、原発であったりとか政治的な事柄が出てきます。そのため前作と比較すると浅さを感じ...続きを読むてしまうのは仕方のないことなのだろうか。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2017年06月10日

「悩む力」の続編。夏目漱石とマックス・ウェーバーに心酔する著者が、その哲学的思想を存分に披露するのは前作と同様。ただ、東日本大震災のわりとすぐ後に書かれたものであり、著者の悩みがより一層深まっているようだ。
まず、とにかく「暗い」。思考が非常にダークである。そもそも哲学的思考が強い人は、楽天的・楽観...続きを読む的な思考を蔑み、深く思考することが善という考え方であり、血を吐くような苦しみで精神を病むほど悩み、そこから復活を遂げる「二度生まれ」という概念を非常に重視している。しかし、そこまで苦しんでまで人生の真理を追い求めるよりも、何も悩まずに楽に一生を終えることができればそれはそれで幸せなのではないだろうか。私とは根本的に考え方が違うので、「何事も小難しく考える人が書いた本」という風にしか見えない。
それでも、資本主義がもたらした「安定した収入、伴侶と家族、健康、老後のたくわえ」といった「幸福の概念」を否定し、人生の「態度」を追い求めることを理想とする考え方や、「過去」を大事にすることが大切で、「人生」はその蓄積なのだ、という考え方など、共感できる部分もたくさんあり、思考回路が違う人の考え方を学ぶことも視野を広げる上では大切だ、ということをあらためて考えさせられる。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2015年12月03日

東日本大震災後に見られる社会に対する問題について書かれている。主に、夏目漱石などの文学作品から読み取れる社会問題を切り口に、現代社会に対する警告を示している。

大筋に関しては、同感できる内容で考えさせられた。

ただ、原子力発電の問題については、疑問の残る内容だった。震災で起きた原子力発電の問題は...続きを読む、原子力発電そのものではないように思う。それを覆う建造物の耐久性や放射能漏れ対策が問題だと思う。

原子力発電は震災後であろうと、それを支える科学自体には、間違えがあったわけではない。それを使う人間や使う判断をした人間に問題がある。

という面で原子力発電問題の議論自体に問題ありだと思う。

ただ、著者の唱える幸福論に関しては一考の価値ありだと思うし、思考方法の参考となった。

このレビューは参考になりましたか?