【感想・ネタバレ】祝もものき事務所のレビュー

ユーザーレビュー

楽しいですよ

kana 2014年03月26日

全巻持っています!とってもテンポ良いし、ページ数がとても多いけど楽しいのでスラスラ読めます。続きが早く見たいです。
でも難しい言葉、漢字が多いので調べながら読んでます…

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年06月06日

やる気も根性も能力もない百之喜が所長を務めるもものき事務所。
幼なじみである弁護士の紹介で飛び込んできたのは、弟の無罪を証明してほしいという依頼。
凶器に指紋も動機も目撃者も自白もあって、アリバイはない。
どこからどう見ても犯人である彼の無罪を、どうやって証明するのか・・・?


無気力な所長という...続きを読むのもなかなかですが、有能な美人秘書や、特異的な能力を持つ幼なじみたちなど、登場人物がかなり濃いです。
それなのに、ごちゃごちゃした感じはしないのは、主人公が透明というか、白っぽい印象だからでしょうか?

伏線もあって、本格ミステリかと思いきや、全体的には軽い感じ。
かと言って中途半端な感じもせず。

とにかく読みやすくて、おもしろかったです。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年01月02日

登場人物の紹介ページでいきなりビックリ。なんで“桃太郎(+鬼)”なの!?

最初にチラッと出てきた依頼人が親バカで怖いと思ってたら、それを上回る恐ろしさに唖然…。

百乃喜の能力(というか体質?)は厄介だなぁ。
本人も周りも迷惑してるし。
どうして事務所を始めたんだろう?

最初から最後まで凰華が格...続きを読む好いい!
どうしてこんな人が百乃喜の秘書やってるの?

今回出番少なかった、常識人で心配性のハッカー鬼光。次はもっと活躍してほしい。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2020年04月11日

意識して捜したりは全くできないくせに、やたらと犯人や証拠物件にぶちあたる桃之喜太朗。その事務所だからもものき事務所…ねぇ。たしかに何の事務所と書けるわけでもないから仕方がないのかな(^^;タイトルの祝は読み終わっても解らんけど。
凶器とそれに指紋、目撃者、動機、自白まであって、アリバイがない容疑者の...続きを読む無実を証明しろ…なんていう依頼を引き受ける事務所だし。桃之喜所長が断れづらい依頼はまず解決できちゃうというから、神がかっているんだか、何か憑いているんだか(^^;
他には、主人公とその幼なじみは桃太郎がらみの名前。かなり無理やりっぽい名前もあるけどね(^^;

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年08月29日

桃太郎か!旧家の奇行がすごすぎて桃太郎チームのミラクルの印象が薄れたのが残念。面白いシリーズに出会えてよかった!

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年10月20日

一気に読めました。
こういう本なの???
なんか。ずっりーって展開と。ほほぉ、こんな切り返しと知恵がってのと。
キャラは思い描きやすいけど、もっと振り幅はあってもいいかな。イケメンや優男ばっかりじゃなくても良いのに。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年06月24日

なんだろうか、このアンチ安楽椅子イズムとも言うべき喜劇は。度を越したトラジディはすなわちコメディとよくわかる話だったし、強く後続を匂わせて本編を腐らせることもない、それでいてモノローグとエピローグは綺麗に揃えている。素晴らしい

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年10月04日

登場人物紹介のときに、もしや桃太郎・・・と思う名前がずらり。
内容は全然桃太郎とはかけ離れていますが、
面白い。

全くの役立たずと評価されている所長、もものき。
しかし、持っている能力はすごいw

桃太郎のお供であるはずの
雉、猿、犬はお供というよりは
どちらかというと、ご主人様。
もものきが、ダ...続きを読むウンジングの針のような役目。

持ち込まれた案件を解決して一件落着。
軽く楽しく読める一冊。
ある意味、エイリアンとの会話の対処法を垣間見ることができる^^;
続きにも期待。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年06月22日

話自体はするする進むし
なんちゃってミステリ的には面白いと思う

もも太郎がふらふらしてあたった棒を
雉犬猿鬼凰がうまいことリレーしてまとめて事件解決、ってのが売りなら
主人公はぼんやりなままで(w)
立ってるキャラがドタバタ話をかき回してけば
次回からも面白そうだなと思ったんだけど…

2巻が酷評...続きを読むなようなので
飛ばして3巻行こうかな
1巻最後の検事さんの話読んでみたいw

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2013年06月10日

茅田さんの作品は全部読んだ訳じゃないけれど、やはり安心度・安定度が高いなぁと改めて思った。「スカーレット~」などもそうだが、この作品もキャラの個性やバランスがとても良かった。まるっきりやる気もなければヘタレ度満載の主人公(事務所所長)に有能な秘書。そして、有能な親友たち。なんだかんだ言いながらも、結...続きを読む果的には主人公に協力している辺り、切れない鎖があるんだろうが、その辺はここではまだ語られない。影のボスも銀子さんもここでは語りでしかなく、今後、どう絡んでくるのかが楽しみ。ただ、…名前が…最近のラノベの傾向なのか、覚えにくい。懲りすぎて、当て字過ぎて…ね。それにしても、主人公の百之喜の”特異体質”には笑える。本当に、コントロール出来ないのが非常に残念なのだが、またそこが百之喜たる所以なのだろうが(笑)いやはや、大きな由緒あるお家柄というのは本当に大変で…小説だけの空想の話かと思いきや、リアルにこういうことってあるからね!!その惨劇を知ってるだけに、笑えないなと思いつつ読んでいたけど。でも、最後には子供たちそれぞれがなんらかの形で鎖から解き放たれて良かったなと。人はやはり外を知ることによって傷つくことも多いけど、たった1つの出会いから人生が大きく変わるし、変えることが出来るんだなと思う。これはぜひ、続巻も読みたいな。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年09月05日

茅田さんの作品なので読みました。ん? と思う部分もないわけではないですが、これはこれで私は味があって好きです。何故そうなのか、と突き詰めずこういうものなのだ、と読むのが一番かな、と。割りと好きです。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年07月26日

カテゴリーは一応ミステリーにしたけど、確かにこれは作者さんの言う通りミステリーじゃなかったなぁ。一見無関係そうに見える事柄がいくつも出てきて、その意味の一つ一つを考えてるうちにいつの間にか全部のデータがまとまっていて、推理もさせてもらえなかった、そんな感じ。だけど、意外な結末は推理できなかったからこ...続きを読むそ目からうろこで面白くて、事件の真相を忘れたうちにもう1回読みたいお話になりました。探偵と呼ぶにはぐうたらで、推理力なんて欠片もない主人公のある意味特殊な能力(才能というよりは能力と言った方がしっくりとくる)を使って、まわりが事件に挑戦するというスタイルが新しい。ここまで実力とやる気がない主人公というのも珍しく、その珍しさが新鮮で面白くもあった。続巻が出ているので買いたいと思う。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2012年03月03日

登場人物が”桃太郎”の登場人物をもじった名前。
探偵事務所と言いつつ、依頼を受ける気がないやる気のない主人公です。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年02月11日

凶器あり、動機あり、指紋あり、目撃者あり、アリバイなしの殺人事件。
その容疑者の無実を主人公が証明する(?)お話しです。
主人公は探偵ではなく、歩けば事件の真相にぶち当たる体質の持ち主です。
いわゆる、ライトノベル系?なので読みやすいです。
残念なのは主人公の活躍が少なく、大きな見せ場がないところで...続きを読むしょうか。
他には登場人物の名前をもう少し考えて欲しかった。
百之喜、花祥院、雉名、鬼三、犬槇、芳猿…桃太郎から引っぱってきたのは分かりますが、読みづらいです。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年10月01日

茅田砂胡さんの作品を初めて読みました。



「ポンコツそうに見えて実は…!」というのはこの手のシリーズものでは良くあるお話ですが、主人公の百之喜は「ポンコツそうに見えて本当にポンコツ」という残念な主人公。でも憎めない。
その代わり彼の周りを固める幼馴染や秘書がすごいです。何だかかんだ全員美形で、し...続きを読むかも一部すごい特技を作中披露します。
ただし、やっぱりというか、主人公の百之喜自身もも必殺技をもっています。(必殺技というより体質?)
犬も歩けば何とやらというか、百之喜歩けば何とやらというか…(∵)。
このお話は全てこの必殺技に起因して展開していくのでまさに必殺技、これだけでなんでも解決できちゃいます。


全体的にミステリーのようなトリックや伏線らしい伏線はなく、裁判の話がチラッと出てくるけど法律モノでもなくて、何だか世にも奇妙な物語を本にしたような話。

内容は「アリバイ無し、目撃者有り、犯行動機も有り、さらには自供供述までしてしまった殺人事件の容疑者の犯行を覆す」という中々興味が湧くものでしたが、容疑者の言動に共感や納得できるものあまりがなく、話が通ってるようで本当に通ってないような、フィクションとわかっていても何だかしっくりこない感じ…。

エンディングももっと丁寧に話を畳んでほしかったなぁ…。シリーズものみたいだから仕方のないことなのかもしれないけど…。

うーん…ストーリーはしっかりしていて登場人物に魅力を感じたから続きは気になるけど、もう一回読みたいとは思わない作品でした。なので★★★。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年08月22日

これの4巻(だったかな?)が新刊で本屋さんにあって
有名なのかな~と思って読んでみた
作者さんも代表作らしいデルフィニア戦記ってのもきいたことない(おもしろいのかな?)

トラブルメーカーというか、事件の手がかり誘引体質の主人公(もものきたろう)と有能なお友達(きじいぬさるほうおう?おに!)が事件を...続きを読む解決!する話だった

けっこうおもしろかった・・かな?

旧家の跡取りお嫁さん問題が時代錯誤なくらい(錯誤なんだけど)ひどくて
え・・これ2010年に出た本?って思っちゃった

子種がどうとか夜這いがどうとか避妊具に・・とか
ちょっと中学生くらいにはどうかな~と思ったけど
気にしすぎかな?

いっこ気になったのはタイトルなぜ「祝」????

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2015年01月02日

百之喜は、台風の目みたいな存在だと思う。
台風の中心部は、無風で、晴れていてなんともないのに。その周囲は暴風が吹き荒れている。
彼をとりまく周囲の人物が優秀で、また、ここまで何もしない、できない主人公をお目にかかったのは初めてではないかなと思う。

……ところで、仲が険悪だった依頼者(姉)と被告人(...続きを読む弟)は一体どこで、和解したのだろうか。気になる。私が読み落としてしまったのだろうか。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年09月03日

主人公がかなりのキーパーソンなのにダラっとしてて無自覚に振る舞っている全開のゆるさと、そのまわりを固めるメンバーがしっかり者で濃いキャラばかりっていうのが印象的。
名前も桃太郎に関係してて遊び心あるな~
続編も出ているとのこと、早く続きを買わなくちゃ。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年04月22日

職場に来る保険のおねえさんお勧め、茅田砂胡作品。
シリーズものがやたら長編だったうえ、個人的にファンタジーが久々なので、
短く、かつ現代設定のコレを読んでみました。

設定がステキすぎる。

いや、久々にファンタジー読んでますよ私。そうだった、こんなぶっとんでたんだ。忘れてた。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年12月27日

茅田砂胡さんのシリーズ作。
実力もやる気もない探偵もどきが事件を解決する。一冊ずつの読みきり。

弟が殺人の冤罪を受けたとの依頼を受け、徐々にその背景が明らかになっていく。

ミステリーと言うより、関係者の「異常さ」を語る物語に近いと思います。
登場人物が多く時系列も複雑なので、後半混乱してしまいま...続きを読むした。

このレビューは参考になりましたか?