高木晴夫のレビュー一覧

  • 静かなリーダーシップ
     ジョセフ・L・バダラッコ(Joseph L. Badaracco, Jr.)の『静かなリーダーシップ(原題 "Leading Quietly")』を買ったのは、恐らく15年位前になるだろうか。非常に印象に残った本で、未だに時折再読する本の一つだ。 
     仕事を進めていくにあたってトラブルは常に起こる...続きを読む
  • 静かなリーダーシップ
    生きていく中で、人それぞれ何らかの問題に直面する事があると思います。それは、どんな規模でもグループを管理する責任ある立場にいる人には比較的多く訪れる事だと思います。問題が発生したその時、いかにリーダーシップを発揮しリスクヘッジを行なえるかが円滑な組織運営の鍵になってくると思います。この本には様々なケ...続きを読む
  • 静かなリーダーシップ
    ヒーロー型ではないリーダーシップ論の本。保身を肯定的にとらえ、普通の人が、個人の利益と組織の利益の間で、倫理観を持ちながら、1番良い意思決定と行動をどうとっていくべきかを述べている。ミドルマネジメントへのメッセージ。
    ブレーキとして自制と謙遜を保ちながら、アクセルとしての粘り強さを保つ。自制、謙遜、...続きを読む
  • 静かなリーダーシップ
    via fkino blog

    私は前から、アジャイルやプロジェクトファシリテーションに関する取り組みについて「自分のまわりを良くしたいし、それだけでいい。俺、ジコチューだし」と公言しています。

    そんな私はこの本を読んでかなり勇気づけられました。「それでいいよねー」と。

    「風向きを読む」というメ...続きを読む
  • 静かなリーダーシップ
    「静かなリーダーシップ」
    ヒーロー型ではない、支援型、サーバント型のリーダーシップみたいなものかと思って読んだら、かなり違った。自分の価値観と組織の現実との間で、擦り合わせ(妥協)を行いながら、自分のキャリアを危険にさらすことなく、地味に粘り強く努力を続ける人のこと。
    という意味では、これまでのリー...続きを読む
  • 静かなリーダーシップ
    大きく目立つリーダーでなくても、静かにリーダーシップを持っているリーダーもいるのだ。むしろ、静かなほうが好ましいことも多々あるということを学んだ。
  • トヨタはどうやってレクサスを創ったのか
    レクサス開発ストーリー
    小説部分は、学者がかかれているだけに少しわかりにくい(人名などが把握しにくい)
    ただし、レクサス開発の整理についてはさすがで分かりやすい
  • 静かなリーダーシップ
    従来のリーダーシップ論は、偉大で強いヒーロー型のリーダー像を強調してきたが、本書はそれとは異なる「静かなリーダー」について書いてある。組織内の日常的な問題解決に有効。
  • トヨタはどうやってレクサスを創ったのか
    経営学の技術が詰まった力作
    ①腹に落ちるまで時間を掛けて議論をする。しかし一度決定すると、その後の動きが早い。途中での方針転換も殆ど無い。
    ②問題発見は、個人に任せられるが、解決に向けてはチームで知恵を出し対応策を練る。見える化。
  • 静かなリーダーシップ
    真のリーダーは組織における自分の影響力を考えず、道徳的基準をガイドラインとしたビジョンで動く。一方、静かなリーダーは打算的で了見が狭いように見え、高尚さも感じられない。さらには、人の心を鼓舞することも無い。

    相手と自分の最大公約数的利益を得る為の処世術。特に中間管理職向け。自分が持ちえる可能な限...続きを読む
  • 組織能力のハイブリッド戦略
    グローバル競争の時代にあって、どの企業も持たなければいけない3つの能力。
    ・環境変化を認識する
    ・意思決定を迅速にすること
    ・スピード感を持って実行すること
    これは企業だけではなく、個人としても必要だと思った。
  • 静かなリーダーシップ
    「静かなリーダーシップ」についてケース例を紹介している。
    静かなリーダーシップというのは定義付けが難解で、明確な定義は紹介されていない。

    組織にいながらジレンマに直面した時に、どのように振る舞うか。
    忍耐力高い現実主義者が大きな組織運営上の問題にぶつかったとき、己のリターンを確保しつつリスクコント...続きを読む
  • トヨタはどうやってレクサスを創ったのか
    成功か?失敗なのか?  その答えは未だでない・・・  出版時点での解釈を読み、今と比較すると面白い。
  • トヨタはどうやってレクサスを創ったのか
    レクサスを作った理由が書いてある。後半の仕事ベース、人ベースの話、モチベーションの話が良かった。仕事をすることで成果を上げモチベーションを高める方法は今は無理。仕事が明確ではない。チームで問題解決をすることでモチベーションをあげるのが合っている。