大塚卓嗣のレビュー一覧

  • 傾城(けいせい) 徳川家康

    一般書籍の限界に挑戦

    まさか徳川家康が傾城の美少年になる小説が出るとは
    人質時代の苦難を暗く淫靡に解釈したエンタメ小説です。

    歴史小説らしく能や兵書の知識、合戦の描写がしっかり面白いです

    BL方面はかなり濃く描写があるので耐性が必要ですが
    むしろ目当てだという方は買って損はないかと
    家康受け、リバ無し、...続きを読む
  • 傾城(けいせい) 徳川家康
    表紙の美しさと、『傾城』という言葉が『徳川家康』と結びついた衝撃。
    それだけでも、とても面白い。この結びつきは中々できるものじゃない。
    そして、読んでいて違和感のないすごさ。竹千代の美しさ。
    あの『狸じじい』家康のイメージしかなく、家康はあまり好きではなかったので、このお話を読んで少し家康が好きにな...続きを読む
  • 宮本伊織
    歴史小説で宮本武蔵の養子「宮本伊織」。なんとなく宮本武蔵=剣豪のイメージで、宮本伊織=剣豪っていう感じでしたが、筆頭家老に上り詰めている名宰相でもあったんですね。知らんかった。
    あとは、この作品における宮本武蔵も今までとは違ったイメージで描かれているので、とても面白かったです。
  • 天を裂く 水野勝成放浪記
    戦国時代のかぶき者といえば、前田慶次が真っ先に思い浮かぶけれど、それを超える(?)武将、水野藤十郎勝成。

    恥ずかしながら、この本を読むまでその存在を知らなかった。かの徳川家康の従兄弟にして、本家から奉公構を食らい、各地を流浪、四国、九州と戦場を渡り歩く。そしてまた徳川方について関が原、大阪の陣へと...続きを読む
  • 天を裂く 水野勝成放浪記
    めっちゃ婆娑羅だ〜。水野勝成クール。台詞回しが現代っぽいから、ちょっと新鮮だった。セリフは好きずきかも。
  • 天魔乱丸
    本能寺の変で蘭丸が生き残っていて、というところから始まる、まぁ、本能寺ものではあります。
    思ったより、小説内で描かれる期間が短くてびっくりみたいな。
    ちょっと、変身もの感あり。
    意外なオチで、ちょっと好みは分かれるかも。
  • 傾城(けいせい) 徳川家康
     織田三郎信長は、無知と無能を許容する。
     たとえ何を失敗したところで、後で挽回すればよい。知恵や力が足りないならば、誰かに助けを求めればよいのだ。
     だが、堕落は許せない。
     何も反省せず、保身に走り、苦労のみを下々に押し付ける。そんな男に生きている価値など、寸毫たりとも有りはしない。
    (P.17...続きを読む
  • 宮本伊織
    武蔵は、
    「お前は、これからそいつを舞って、謡えねばならん。
    一度しかやらんぞ。よく見ていろ。
    お前にひと月、時をやる。次の十五日までに舞えるようになっておけ。」
    と熊野(ゆや)を舞って見せた。
    緊張感のあるはじまりである。
  • 傾城(けいせい) 徳川家康
    面白かった(笑)

    えろパートを集中して読んでしまった‥(*/□\*)

    戦国燃えるな〜〜
    忠勝かわいい
    利家もかわいい
  • 傾城(けいせい) 徳川家康
    逆カプだったけど、思ったより濡れ場のシーンがそうでもなくて割と読めました。

    芳菊丸ちゃんは可愛かった。

    逆カプだったのが本当に惜しい。

    時代小説好きにもBL好きにもおススメ、とありましたが、BL小説としてはパンチが足りないです。

    逆カプだったのが本当に惜しい。

    逆カプだけど★3つけちゃう。...続きを読む
  • 鬼手 小早川秀秋伝
    小早川秀秋の世間の評価を覆す1編.あまりにも小早川秀秋が純粋で豊臣家のことを心より案じているのが新鮮だった.本当のところはどうだったんだろう.
  • 天を裂く 水野勝成放浪記
    時は秀吉と家康の綱引時代から秀吉の天下から関ヶ原の戦い時代。家康の親戚筋となる水野成政の子水野勝成の生き様を描く。戦場で風流を感じながら駆け巡る猛者で親からも勘当を受け、奉公構(何処にも主従関係を結ぶなとの御触書)を出される。放浪し九州征伐の佐々成政の率いる軍勢に成り行きで合流するも戦功を上げられず...続きを読む