岡本茂樹のレビュー一覧

  • いい子に育てると犯罪者になります
    娘をいい子に育てようとしている自分がいることと、自分もそうやって育ってきた自覚があって読んでみたけれど、親として読んでいたはずが自分の幼少期が思い出されて泣きながら読んだ。知らないうちに自分の気持ちを抑圧していて、やっぱり生きづらさも感じている。犯罪こそ起こしていないけれど、自分のことが書かれている...続きを読む
  • 反省させると犯罪者になります
    教育者は読むべき本。反省させると、犯罪者か精神疾患者が生まれてしまう。生徒指導の仕方をすぐさま見直そう。また、いじめ教育にも言及している。どちらも、被害者の視点で考えさせるのではなく、加害者から考えさせる方法が非常に効果的だと感じた。
  • 反省させると犯罪者になります
    自分が犯した罪や過ちを反省する事は、悪いことをした人が必ずしなければいけないこととされているが、それが実際には更生させることにはなっていないこと、あるいは逆効果であることを様々な実例とともにわかりやすく論じている。このようなコペルニクス的展開を世に問うていること、が本書の価値である。

    著者は悪いこ...続きを読む
  • 反省させると犯罪者になります
    受刑者の更生について書かれているけど子育てに役立つ本!
    子どもが問題を起こした時に、反省しなさいとか相手の気持ちを考えなさいって言葉を言いたくなる人は読んでみてほしい。
    どういう対応がいいかも書いてあるから。
    子どもが甘えられるように心理的に安全な環境を作ってあげたいと思います。
  • いい子に育てると犯罪者になります
    「子供にはたくさんの愛を与えましょう」
    「自己肯定感を育てましょう」
    「子供の話をよく聞いて、アイ・メッセージで伝えましょう」
    のような、子育てのスタンスやテクニックを示した本は世にあふれている。言っていることは正しいし、役に立つのだろう。
    しかし実際に子供と相対しても、どうにも上手くいかない。ワガ...続きを読む
  • 反省させると犯罪者になります
    「反省」とはなにか。その言葉は、自分と世界との関わりについて表した言葉ではない、本質がない、欲求がない。意味や価値がない。(第三者の目)の欲求に応えるための「責任感」「愛国心」と似たような言葉だ、現象を表した言葉だと感じた。

    自身の欲求に納得し即した行動のほうが、当事者意識を持てる。悪いことをして...続きを読む
  • 反省させると犯罪者になります

    何度も読み返したくなる

    素晴らしい書物
    自分の癒しにもなるし
    身近な人へも役に立ちそう
    すくなくとも大学でまなんだカウンセリング外輪などより数倍よい。
  • 凶悪犯罪者こそ更生します
    目からウロコです。名言いっぱい。

    「『悪い奴は絶対に許せない』という考え方に通じます。強い正義感がきっかけとなって事件を起こすケースは少なくないのです。」→これは、事件までいってないだけで、私もそう思いがちなので、気をつけようと思いました。

    何で人のことを許せないんだろう?と思ってましたが、この...続きを読む
  • 反省させると犯罪者になります
    まともな人間は反省できる。ということはみんな犯罪者予備軍である。どんな人も読むべき人間心理の一冊である。
     反省はあと!まずは自分を見つめよう。

     体系化できていない独自理論って感じは否めない。しかし、これは教育の観点として参考にすべき事実である。教育がうまくいくには前提が必要。被教育者に「教わる...続きを読む
  • 反省させると犯罪者になります
    タイトルに驚いて、自分は反省させるべきと思ってたから、読んでみた。
    犯罪者だけでなく、先生と生徒、親子、恋愛、いじめなど、日常の人間関係の話に及びます。
    目からウロコが落ちる言葉がいくつもある。
    「子どもが本音を話しているときに、絶対に言ってはいけないことがあります。正論です。」、私は人から言われて...続きを読む
  • いい子に育てると犯罪者になります
  • 反省させると犯罪者になります
    ①加害者の犯罪心理「後悔」が先、「反省」はその後。

    ☆だからすぐ、「ごめんなさい」という加害者は疑ってかからなければならない。

    ②罰はできるだけ受けたくない。受けるとしても罰はできるだけ軽いものであってほしい。それは人間の本能なのです。

    ☆そうそう。そうなんだよね。
    では、どうすればいいのか。...続きを読む
  • いい子に育てると犯罪者になります
    【要約】
    自分は幸せな家庭で育ったと思っていても、実際は親の価値観に合わせて「ありのままの自分」を抑圧して生きている可能性がある。
    例えば「絶対に他人に迷惑をかけてはならない」という価値観を親から強烈に植え付けられている場合、他人を頼ったり上手く甘えることができず、対人関係においてストレスがたまり、...続きを読む
  • 反省させると犯罪者になります
    一見すると過激なタイトルだけど、なぜ?と感じた人ほど読む価値はある。刑務所での更生支援にも関わる著者が、タイトルの理由をとても丁寧に説明している。犯罪心理学のみならず、教育・しつけへの向き合い方にも役立つので幅広い方に読んでほしい。

    「実は、『ありがとう』や『うれしい』という言葉が言えない人は、素...続きを読む
  • 反省させると犯罪者になります
    過激なタイトルではあるが、筆者の伝えたい反省ではなく内面を見つめることの大切さは、全ての人に大切な生きる知恵である。
  • 反省させると犯罪者になります
    後半の気づきの部分の内容は、自分が似たような経験をしていたのですんなり受け入れることができた。
    自分は周りに恵まれていたなーと改めて感じる。

    今度は自分が支援者になって1人でも気づかせてあげられたらいいなーと思った。
  • 反省させると犯罪者になります
    「人は変われる」
    変わってしまう。とも思う。
    反省しないだろうな。
    したフリをしているだけだ。
    とても良い内容だが少数派で、多数派にするには100年くらいかかりそう。
    もどかしい。
  • 反省させると犯罪者になります
    本人の意志によらないのに外圧で頭を下げさせ、無理やり反省させると、悪いと思わないまま反省しているポーズだけになり再犯を重ねるようになる。この本を読んでいて、ユゴー『レ・ミゼラブル』のことを考えた。ジャン・バルジャンは司教に窮地を救われたので改心したが、司教がいなければまた監獄に逆戻りになって、今後の...続きを読む
  • 反省させると犯罪者になります
    丁寧な語り口とは裏腹に、凄まじい本だと思う。

    著者の仕事は犯罪を行った人たちの更生だ。
    それも、殺人や強盗などの重罪を犯した人たちも対象だという。
    そんな過酷な現場での経験から、「反省をさせることは逆効果である」と述べるのである。

    一見、逆説的で、ともすれば非常識にも思えるこの提言を、著者は実体...続きを読む
  • いい子に育てると犯罪者になります
    筆者は刑務所施設での更生支援に携わっており、内容では殺人を実際に犯した者との対話や生い立ちなどが書かれてある。
    日本の刑務所や少年院の実態について、愕然としたしメディアもほとんどまったくその内容について報じることはないのでこれはもっと知られた方がいいと感じた。
    筆者は犯した殺人への反省、ではなく加害...続きを読む