凶悪犯罪者こそ更生します

凶悪犯罪者こそ更生します

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
紙の本 [参考] 792円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

「反省しない」のではなく「反省できない」。それが凶悪犯罪者たちが収容される刑務所の実情だ。しかし、誰もが「更生不可能」と判断する彼らが、新たな気づきを得た時こそ、更生への意志は圧倒的に強くなる。その「気づき」を得るために有効なのは、犯罪者に「反省を求めない」「加害者視点の」教育である。数多くの累犯受刑者を「本当の反省」に導いた著者だから書けた、超実践的更生メソッド。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 法律
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮新書
電子版発売日
2015年01月23日
紙の本の発売
2014年07月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

凶悪犯罪者こそ更生します のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年02月15日

    目からウロコです。名言いっぱい。

    「『悪い奴は絶対に許せない』という考え方に通じます。強い正義感がきっかけとなって事件を起こすケースは少なくないのです。」→これは、事件までいってないだけで、私もそう思いがちなので、気をつけようと思いました。

    何で人のことを許せないんだろう?と思ってましたが、この...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年12月17日

    同氏の「反省させると犯罪者になります」を読み、納得できるところが多かったので本書も購入した。
    これも良かった。
    奈良少年刑務所、竹下先生の後輩だった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年08月09日

    凶悪犯罪者こそ更生します。岡本茂樹先生の著書。凶悪犯罪者、受刑者に上から目線でお説教して自己反省ばかりを強要しても何の解決にもならない。凶悪犯罪者、受刑者がなぜそのような犯罪を犯したのか、凶悪犯罪者、受刑者の気持ちに寄り添い、共感しなければ、真の更生はないことがわかりました。子供の教育、子育てにも応...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年11月23日

    反省させることで、ちっとも犯罪者自身は内面が変わらないということが、未達氏の著作の詳しい著者分析から、とても納得させられるものだった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年06月20日

    犯罪者が辿って来た道を生育環境にまで迫ると、問題点は明らかになり、更生する事があるらしい。幾つかの事例を挙げつつ、美達大和氏の著書から読み取れる心の闇に迫ってもいる。普通なら避けて通りたい犯罪者の心に問い掛ける著者の慈悲心には感動すら覚える。

    善人なをもて往生をとぐいはんや悪人をや、とはまさにこれ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年08月30日

    このひとの書く本、前作もそうやったけど、すごく的を得ているなぁと思う。
    表面的なことばを言わせるのは、犯罪者に限らず、やっぱりよくないのよ。ほんとうの意味での、「本音」を聞こうとしないと。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2016年04月30日

    前作「反省させると犯罪者になります」の実践編として書かれた今作。
    おやと思ったのが矯正保護の世界ではおなじみの格言「反省は一人でもできるが更生は一人ではできない」をつかまえて「反省も一人ではできない」との批判を加えている点。
    「反省は一人でも~」の言葉にいう「反省」は筆者が前作で批判した上っ面の(本...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています