「岡本茂樹」おすすめ作品一覧

【岡本茂樹】の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2016/06/17更新

ユーザーレビュー

  • いい子に育てると犯罪者になります
    生育環境が悪の心を増大させてしまう。厳しすぎる躾は反動を産む。甘やかしではなく十分に甘えさせ、子供の気持ちを尊重して、親の都合を振りかざして抑圧させず、本心が発露しやすい家庭環境にしてやることが親の務めか。この本が著者の遺稿となってしまったのは本当に残念。こういう人物こそが社会の澱のようにわだかまっ...続きを読む
  • 凶悪犯罪者こそ更生します
    犯罪者が辿って来た道を生育環境にまで迫ると、問題点は明らかになり、更生する事があるらしい。幾つかの事例を挙げつつ、美達大和氏の著書から読み取れる心の闇に迫ってもいる。普通なら避けて通りたい犯罪者の心に問い掛ける著者の慈悲心には感動すら覚える。

    善人なをもて往生をとぐいはんや悪人をや、とはまさにこれ...続きを読む
  • 反省させると犯罪者になります
    「反省させる」という、一見当たり前の対処は、効果的でないどころか、逆効果である。

    私は、イジメについてすでにこの視点を持っていた。イジメという行為の断罪ではなく、イジメに至った心理的背景に寄り添うことが本質的なんだと。

    そういう意味で、スッと内容が入った。

    教育職の人は必読。
  • いい子に育てると犯罪者になります
    いい子に育てる道は、まず自分の感情を表現できるようにしてからだということが分かった。感情を表現するには、それなりの語彙が必要。そのために、親や教育者は、子どもの気持ちを代弁するように語りかけ、「ああ、私が今感じている気持ちって、言葉にするとそういうことなんだ。」と気づかせる必要があると感じた。それが...続きを読む
  • いい子に育てると犯罪者になります
    「いい子に育てると」というよりは、「いい子であることを押し付けると」などとした方が適切だと思います。

    要は、子どもを抑圧してはいけない、という内容。
    犯罪者のほとんどは、子ども時代に抑圧された経験を持っており、そのことに気付くことで、ようやく本当の意味で人生をやり直せる、そんな内容です。

    ...続きを読む