反省させると犯罪者になります

反省させると犯罪者になります

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
紙の本 [参考] 836円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

犯罪者に反省させるな──。「そんなバカな」と思うだろう。しかし、犯罪者に即時に「反省」を求めると、彼らは「世間向けの偽善」ばかりを身に付けてしまう。犯罪者を本当に反省に導くのならば、まずは「被害者の心情を考えさせない」「反省は求めない」「加害者の視点で考えさせる」方が、実はずっと効果的なのである。「厳罰主義」の視点では欠落している「不都合な真実」を、更生の現場の豊富な実例とともに語る。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 教育
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮新書
ページ数
220ページ
電子版発売日
2013年11月15日
紙の本の発売
2013年05月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

反省させると犯罪者になります のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年04月27日

    教育者は読むべき本。反省させると、犯罪者か精神疾患者が生まれてしまう。生徒指導の仕方をすぐさま見直そう。また、いじめ教育にも言及している。どちらも、被害者の視点で考えさせるのではなく、加害者から考えさせる方法が非常に効果的だと感じた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年04月25日

    自分が犯した罪や過ちを反省する事は、悪いことをした人が必ずしなければいけないこととされているが、それが実際には更生させることにはなっていないこと、あるいは逆効果であることを様々な実例とともにわかりやすく論じている。このようなコペルニクス的展開を世に問うていること、が本書の価値である。

    著者は悪いこ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年03月15日

    受刑者の更生について書かれているけど子育てに役立つ本!
    子どもが問題を起こした時に、反省しなさいとか相手の気持ちを考えなさいって言葉を言いたくなる人は読んでみてほしい。
    どういう対応がいいかも書いてあるから。
    子どもが甘えられるように心理的に安全な環境を作ってあげたいと思います。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年03月11日

    「反省」とはなにか。その言葉は、自分と世界との関わりについて表した言葉ではない、本質がない、欲求がない。意味や価値がない。(第三者の目)の欲求に応えるための「責任感」「愛国心」と似たような言葉だ、現象を表した言葉だと感じた。

    自身の欲求に納得し即した行動のほうが、当事者意識を持てる。悪いことをして...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    何度も読み返したくなる

    もな 2020年03月10日

    素晴らしい書物
    自分の癒しにもなるし
    身近な人へも役に立ちそう
    すくなくとも大学でまなんだカウンセリング外輪などより数倍よい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年01月10日

    まともな人間は反省できる。ということはみんな犯罪者予備軍である。どんな人も読むべき人間心理の一冊である。
     反省はあと!まずは自分を見つめよう。

     体系化できていない独自理論って感じは否めない。しかし、これは教育の観点として参考にすべき事実である。教育がうまくいくには前提が必要。被教育者に「教わる...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年12月07日

    タイトルに驚いて、自分は反省させるべきと思ってたから、読んでみた。
    犯罪者だけでなく、先生と生徒、親子、恋愛、いじめなど、日常の人間関係の話に及びます。
    目からウロコが落ちる言葉がいくつもある。
    「子どもが本音を話しているときに、絶対に言ってはいけないことがあります。正論です。」、私は人から言われて...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年10月31日

    ①加害者の犯罪心理「後悔」が先、「反省」はその後。

    ☆だからすぐ、「ごめんなさい」という加害者は疑ってかからなければならない。

    ②罰はできるだけ受けたくない。受けるとしても罰はできるだけ軽いものであってほしい。それは人間の本能なのです。

    ☆そうそう。そうなんだよね。
    では、どうすればいいのか。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年10月18日

    一見すると過激なタイトルだけど、なぜ?と感じた人ほど読む価値はある。刑務所での更生支援にも関わる著者が、タイトルの理由をとても丁寧に説明している。犯罪心理学のみならず、教育・しつけへの向き合い方にも役立つので幅広い方に読んでほしい。

    「実は、『ありがとう』や『うれしい』という言葉が言えない人は、素...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年10月12日

    過激なタイトルではあるが、筆者の伝えたい反省ではなく内面を見つめることの大切さは、全ての人に大切な生きる知恵である。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

岡本茂樹 のこれもおすすめ