横森理香のレビュー一覧

  • コーネンキなんてこわくない
    コーネンキ(更年期)を楽しく乗り切るために、アンチエイジングものにチャレンジ!気がついたら更年期渦中にありながらゲンキになってしまった?!


    育児ママ系の書籍を探している時に作者に出会い、著作を調べたらこの本を見つけ気になって読んでみました。完読ではなく走り読み(特に後半)。
    更年期が40代半ばで...続きを読む
  • ぼぎちん バブル純愛物語
    「流星たちの宴」のヒロイン理子のモデルとなった女性が書いた、もうひとつの作品です。ハチャメチャな人間である「ぼぎちん」と付き合えたのはある意味ではこういう女性なのかも知れない、と思いました。

    以前、白川道の『流星たちの宴』について書きましたが、何かがきっかけで、僕は後にヒロインの理子のモデルが彼女...続きを読む
  • ぼぎちん バブル純愛物語
    ステレオタイプではないスタンダードさとか若さゆえの妄信とかお金とぼぎちんとの関係とか、消耗加減、自分が何者でもないと気付いたときの弱さや焦り、
    結局結婚では解決しなかったっていうところのリアルさと主人公の純情さにぐっと来た。

    冷め方とか結婚してからの空虚感もとてもリアルに感じられた。

    あと物...続きを読む
  • 地味めしダイエット
    本書を読んだことがきっかけで、私は玄米を食べるようになりました 。
    「この本を参考にして、○kg痩せた」とは言えないのですが、バイト先の賄いを残さず食べるなど無茶を重ねたわりに肥ったということはないので、良い影響はあった気がします。

    「はじめに」で、著者が自身のダイエット経歴を振り返っているので...続きを読む
  • 地味めしダイエット
    もうこつまんないダイエットは辞めにしようと決心させてくれた本。自然食品、玄米菜食が基本なんだけど、どこか適当でなんだか明るい。ダイエットで悪循環をぐるぐるしている方にお薦めしたい本。
  • ぼぎちん バブル純愛物語
    バブルのまっただ中にいる男と、その男とだけの2人の世界にいる女の話。
    お金の有無、女性関係、そんなこんな関係なく、一緒にいるだけで幸せ、と思える人はなかなかいないよなぁ
  • 結婚小説
    再読。
    20歳代の4人の女の子たちの結婚をめぐる物語。
    雑誌「けっこんぴあ」などに連載されたものというので、色々あっても結婚っていいな、と思わせる話だった。
  • 渋谷ビター・エンジェルズ
    渋谷で困っている思春期の少年少女の前に現れる天使のお話。いろんな悩みを抱えたこがいて前向きになっていく。
    ほっこりした。
  • 渋谷ビター・エンジェルズ
    帯の「80年代に高校生活を送っていた人たちへ!」に反応して購入。

    うん、けっこう面白かったし、ほっこりしたな。

    渋谷地区担当エンジェルに会ってみたいわw
  • 地味めしダイエット
    横森さんが出会った マクロビを始めとした 地味めしの効能について書かれた本。読みやすいし、マクロビや玄米菜食に出会ったばかりの人、始めてみようと思う人にお勧めです。
  • 地味めしダイエット(2)
    前作より さらに肩の力をぬいた本。マクロビや玄米菜食 ベジに足を踏み入れては見たけれど 迷い、彷徨い 困った人にお勧めの書。
  • 地味めしダイエット(2)
    とてもよかったです。
    厳しすぎるマクロビはどうにも納得できないのですが、地味めし〜2は、ストイックな生活をしていた著者が子どもが生まれ生活環境が変わったとき、忙しい人でも継続可能な「ズルあり」の反則技を駆使して楽しんでやる生活の工夫はとてもおもしろく参考になりました。
    これを読んで、思わずベリーダン...続きを読む
  • 地味めしダイエット
    文章はちょっとキツめだけど、
    健康的で質のいい食材を使うからこそ、
    本当に良い暮らしを送れるんだと思える。
    お洒落で家でも作れるレシピが魅力的。
  • 地味めしダイエット(2)
    1冊目よりも制約が緩い内容。
    ある程度健康的な食習慣がついている人向きかも。
    魅力的なレシピはここでも健在。
  • 結婚小説
    結婚について4人の女子がそれぞれ語っちゃう。結構ストレートどまんなかで面白かった。結婚ってヒトクチに言っても、それぞれいろいろな形があるね。あたしの場合はどーかしら(-_-)
  • 地味めしダイエット
    かなりぶっちゃけた文体ですが
    その分、とっても読みやすいし、内容も簡潔!!
    子宮筋腫を克服した?著者が食事や生活の大切さについて書いています。

    食事についても基本的なことが載っているし、
    かといって絶対にこれでなきゃダメよ、って感じでもないので
    気楽に読めます。
    自分の気に入ったところだけ実践して...続きを読む
  • 凍った蜜の月
    うまくまとまっている。小道具もさりざなくいいセンスだ。『海月』は銀座線で田園都市線への乗り換えは渋谷とあるが、表参道で乗り換えるのが当たり前だ。ここに書くつもりでもあった解説でもまるごと引用された女の体液は月の滴、ムーン・リキッドというのは腑に落ちない。女の体液はもっと動物的なものである。最後の『蜜...続きを読む
  • こんなふうに生きたい! 女40代で必ずしておく35のリスト
    これから起こること、全てが当てはまるわけではないと思いますが、なかなか聴けない話せない事を教えてもらったという感じです。モヤモヤしていた事が、あーやっぱりそういう事なのねと納得できたので読んで良かったと思います。
  • 40歳から輝く女、くすむ女 輝き続ける極意
    2016/01/30 メモ 
    40代は無理をしない。
    身体を動かす習慣を
    体がほぐれると、心もほぐれてくる。
    体が固まると、関節等の可動域が狭くなる→思考の可動域も狭くなる。
    だんなさんとの関係性が変わった。(著者の収入減による力関係の変化による夫のモラハラ化?)
    エッセンシャルオイルをうまく取り入...続きを読む
  • 40代お年頃女子のがんばらない贅沢な生き方
    読んでて暗〜い気持ちになってしまった。私は今41歳だけど、この本に書かれてるみたいに微妙なお年頃だったとは自分で気づいてなかったので…この本読んだら、お前はもう若くない!!諦めろと引導を下されたような気分になった。