アビールムカジーのレビュー一覧

  • カルカッタの殺人
    警察ものでバディもの。時代はイギリスがまだインドの統治をしていた頃。
    戦争でたくさんの死を見、また病で妻と子を失った男とインド人ながら優秀な成績でケンブリッジ大学を卒業し、法執行官として生きることを選んだ青年。

    二人が挑むのは、イギリス人の高級官僚の惨殺事件。

    楽しかったです
  • カルカッタの殺人
    とても好みの作品。

    時は1919年。英国統治下のインド。

    そこで起きた英国人政府高官殺人事件。

    単なる行きずりの殺人事件ではない、複雑に絡み合い息を潜めるかのように根底で待ち構える謎。
    それを解き明かす過程に絡めた複雑な政情、綴られていく統治する側される側の根底に渦巻く心情、差別の心情は、深く...続きを読む
  • カルカッタの殺人
    とても面白く楽しく切なく読んだのですが、帯で活躍を示唆されない警部さんのことが気になって、「犯人なんじゃなかろうか」って疑いながら読んでしまったのが唯一残念でした。
    文章からその場所の湿度温度匂いが伝わってくるのがすごい。
  • カルカッタの殺人
    時は一九一九年。舞台は英領インド、カルカッタ(今のコルカタ)。スコットランドヤードの敏腕刑事だったウィンダムはインド帝国警察の警部として赴任して間がない。第一次世界大戦従軍中、父と弟、それに結婚して間もない新妻を失った。過酷な戦闘で自分一人生き残ったこともあり、生きる意味と意欲を喪失し、アヘンに溺れ...続きを読む