松田充弘のレビュー一覧

  • しつもん仕事術
    他人の意見をいったん、受け止めること(受け入れるのではなく、受け止める、ということ)・・・意外と知らない概念かもしれません。

    一般的には少しハードルが高い「コーチング」。「質問」というツールを使うと実践的にノウハウを活かしやすくなる。・・・コーチングを勉強すると実感します。

    やめることがあるから...続きを読む
  • しつもん仕事術
    これは今までの手法とは異なる切り口ですね。
    下手にこの本を読んで実践しようとすると、失敗します。

    本当に何回か読んでアウトプットをしないと逆効果になりそう。
    これは自分だけかもしれないが、実践したいが、どう表現し伝えれば良いのか非常に迷う。
    でも第一歩を踏み出さなければ、何も現状と変わらない。

    ...続きを読む
  • しつもん仕事術
    良い評判をちょくちょく聞くので読んでみてる。ただ、鵜呑みにしてそのままやってしまうとおそらく高確率でイラっとさせてしまうかなぁ、と。少なくとも自分はイラつく。
  • しつもん仕事術
    質問は単にわからないことを聞くだけでなく、相手をコントロールするものでもあることがよくわかった。
    著者も言っているとおり、本質は他の自己啓発本と変わらない部分も多いが、本質へ導くための具体的な方法が述べられている点がこの本の素晴らしいところである。
    この本の質問例を覚えるのではなく、相手が話しやすい...続きを読む
  • 会社を辞めない起業 失敗リスクを限りなくゼロにできる8つのスモールステップ
    失敗リスクを限りなくゼロにするには、本書に述べられている各チェックポイントをシビアにクリアするしかない。
  • 会社を辞めない起業 失敗リスクを限りなくゼロにできる8つのスモールステップ
    【形態が変わるだけ】
    今までサラリーマンとして何十年も行ってきたことを個人事業主(法人)として実施することが、最もリスクが小さいことになります。

    今まで行ってきたことが直接事業として成り立たないのであれば、少しずらした形態で成立することもあります。

    何十年もやってきたことであれば、それなりのスキ...続きを読む
  • デキる人が使っている 人の心を動かす 使える質問
    気付かず出来ていることも多く、一方で間違った質問も多く使ってしまっていたと気付きます。
    1番大事なのは相手に興味を持つ好奇心ではないでしょうか?本書はそこには触れてませんでしたが、興味のない話、忙しいとき、相手に合わせた質問が出来てるかな?と感じれる一冊。
  • しつもん仕事術
    モチベーションを上げる質問という考え方がとても参考になった。確かに自分もそうやって助けられたことがあったような。
  • デキる人が使っている 人の心を動かす 使える質問
    <目次>
    はじめに  質問力が身につく基礎知識
    第1章   好感のもたれる質問のしかた
    第2章   会話のはずむ質問のしかた
    第3章   人が育つ質問のしかた
    第4章   やる気を引き出す質問のしかた
    第5章   心をととのえる「自分への質問」

    <内容>
    簡単なシチュエーションを想定して、1ページ...続きを読む
  • ビジネスで一番大切なしつもん
    もともと質問力やクリティカルシンキング力upを目的に購入したが、どちらかというと人との関係性を高めるためにどのように”いいしつもん”を投げかけるかに重きを置いた内容だった。

    営業、マーケティング系の人が想定読者のようだが、5章に収載されている仕事に役立つ質問のマンダラチャートは”具体的で本質的な質...続きを読む
  • しつもん仕事術
    相手の思考を引き出す質問とそうでない質問がある。社会が成熟するに従い、仕事に正解はない。正しい質問から共感できる仕事を通して、仲間を増やすような仕事スタイルがこれから求められると感じた!
  • しつもん仕事術
    しつもんの仕方ひとつで、社員やチームの雰囲気やヤル気が変わってくる。
    相手を追い込んだり、攻めたり、問い詰めたり、マイナスに働いてしまう言葉がけはしないように気をつけよう。
  • しつもん仕事術
    最近、質問の大切さがわかり、質問に関する書籍を読んでいます。
    この本は特にビジネスに特化しているので
    仕事ですぐに使えます。
    特に「魔法の質問マンダラチャート」は
    自分の頭の中を整理できてスッキリします。
    これを活用してみようと思います。
  • しつもん仕事術
    ここ数ヶ月チームメンバーが徐々に増え、また明日から期が変わって拡大する。そんな中で一人一人と接する時間が減ってしまい、業務量の増加も相まって、配慮に欠けるマネジメントになってしまっていたのを反省。
    チームメンバーと接するとき、やる気を起こさせるために気づきを促したいとき、一体どうやって会話を進めよう...続きを読む
  • しつもん仕事術
    正しい答えは正しい質問から生まれる。問題を解決してスムーズなコミュニケーションを実現するための質問とは?

    この前に子供向けの質問の本を読んだんですが、その時の著者名はカタカナだったもので同じ著者と思いませんでした。(しかも前者は女性著者だと思ってた!)
    内容としては、子どもの質問本とかぶっていると...続きを読む
  • しつもん仕事術
    コーチングスキルを実践しやすいかたちに落とし込んだ「しつもん」を使った仕事術を解説。

    内容としては、中間管理職~経営者層をターゲットとして書かれている。
    そのあたりを確認せずに買った私が悪いのだが、平社員ベースだと本書の内容があまりリアルに頭に描けない。(全従業員が経営者の立場でも考えられるように...続きを読む
  • しつもん仕事術
    "質問家"という変わった肩書を持つ著者が、"質問"を使ったコーチング手法を紹介している。同じ質問でも、Aさんに言われた場合と、Bさんに言われた場合で、受け取られ方が変わりそうなので、相手を見て使わないと危険な手法だ。
  • しつもん仕事術
    自分自身に質問して、ノートに記入することにより、頭の整理がつく。また、あいまいにか考えてなかったことが、深堀でき、塾考するきっかけとなる。そんな多くの学びを得た本であった。

    メモ
    •P13 質問することにより、変化すること。
    •何のために行うの?
    •終わったとき、どうなっていたら最高?
    •じゃあ、...続きを読む
  • しつもん仕事術
    「質問力」を身につける術を知りたかったのでお休みの1日で読破。

    相談を受けるときに、答えは相談者の中にあって、相談を受ける人はその答えを「しつもん」によって相談者から引き出す・・・ということはよしとしても、このときに「適切な質問をする」というのがかーなーり難しい。

    正しいマインドと、適切な抽象度...続きを読む
  • しつもん仕事術
    新聞の宣伝で何となく手に取った本。儲からないから何もかも自分でやっている。その上毎日切羽詰まっている。そんな自分にとりどこかしら小さな横穴を空けられた心地。さらっと目を通しただけだが。なぜかしら何度か読んでみようかな。と思った。そんな本。