星野卓也のレビュー一覧

  • マンガ 最高の戦略教科書 孫子
    孫子の兵法が現代でどう活かせるのかが漫画になっていて面白い。
    こういった知識本が漫画化される場合、「知識が絵になって多少漫画っぽくなっている」程度の物が多いが、
    この本は漫画のストーリーも短いながらしっかりしていて、読んでいて面白かった。
  • マンガ 最高の戦略教科書 孫子
    絞った内容をわかりやすく説明してくれています。
    孫子について、初めて読むのには良さそうです。
    元々知っている人など詳しく知りたい人は他の本の方が良いかもしれません。
  • マンガ 最高の戦略教科書 孫子
    人間関係から生じる問題は実に多い。
    上司、同僚、部下、取引先というテーマから話が展開され、どれもあるあるでとてもわかりやすい。
    人や組織は利害で操れる、急所を突く、呉越同舟による危機感の共有と規律・愛情・心服の「よき組織のための三要素」は有機的なチームワークの考え方としてとても腑に落ちた。
    不敗は自...続きを読む
  • マンガ 最高の戦略教科書 孫子
    難しい孫子の戦略を現代の会社(特にマネジメント)に置き換え、人間関係を解決していくストーリー。
    こんなこと考えてたら、策略的すぎる、と思ってしまいますが、気づいてないだけで無意識にみんな日頃こんな駆け引きをしているんだろうか…。

    彼を知り、己を知れば、百戦をしてあやうからず(すべての戦略は情報に行...続きを読む
  • コミック版 できる人の勉強法
    マンガは好みのタッチではなかったが読みやすかった(☆3.8〜4.2)
    時間対効果は問題ないか?
    中長期的目標をきちんと立て、ゴールを達成してる状況を妄想する(イメージする)
    声を出して覚えるのは効果的
    覚え方をいろいろ変えて脳が飽きないようにする
    技術的な反省はするが精神的な反省はしない
  • マンガ 最高の戦略教科書 孫子
    2000年以上前に、孫武によって記された「孫子」
    武田信玄の風林火山や徳川家康が家臣に配ったとされ、現代では孫正義やビルゲイツ愛読書。
    有効であるが実行が難しい戦法であると感じた。
    簡単に言うならば、正々堂々勝つのではなく、騙しや守りに徹し、相手の弱ったところを狙うという戦法。ビジネスにも応用可能で...続きを読む
  • マンガ 最高の戦略教科書 孫子
    あっちゃんのYouTube大学をみて孫子に興味を持ち購入しました。

    以下、あくまで個人的感想です。

    漫画部分はわかりやすかったです。
    戦争で使っていたものをビジネスにうまく置き換えられています。
    また、あくまで孫子の言葉はきっかけにすぎず、それをもとに行動したことで成果が創られる点をしっかり切り...続きを読む
  • マンガ 最高の戦略教科書 孫子
    中田のyoutube大学で紹介されていた漫画。孫子の兵方の主要なポイントが、端的に書かれており、実社会(会社)で使っていくにはどうしたらよいのか?理解しやすかったが、youtube大学の方がより分かりやすかったのを改めて感じ、あっちゃんカッコいい!と、関心。
    次は、書籍版を読もうと思う。
  • まんがでわかる 楽天と起業家三木谷浩史
    楽天がどのように成長してきたのかがマンガを通して分かった。創業期には楽天といえど出店目標50店という目標が達成できなく苦しんでいた時期もあったことがわかった。ただ、そこできちんと反省しスピードを重視しながらも改善を繰り返してきたからこそ今のような大きな会社になったんだと思う。本書で一番心に留めておき...続きを読む
  • コミック版 できる人の勉強法

    つらい

    絵が合わず、個人的に不快で読むのが辛かったです…。
    漫画の個性的すぎる主張のせいで内容が全く頭に入ってこない。
    文章はよかったです。もうこの人の絵は私は買わないです…。