ぎん太のレビュー一覧

  • モブ恋

    今となっては

    普通になってしまってる王道系なストーリー。
    ただ、矛盾点が多いジャンルにもなってしまってる展開物。
    仕方無いけど、モブに焦点を当てたら本当のモブではならなくなるから。
    本書でも、ストーリーの半分以上は主人公のモブの話。
    難しいよね。
    それらを解った上で愉しめたので次巻以降に期待。
  • モブ恋 -2nd-

    2巻読了

    現時点で、結末の予想はほぼ当たってるだろう事と、
    やっぱりタイトルとは違いモブはモブではなく主人公なんだと確信。
    巻末のあとがきを読んでも同じ感想。
    そうじゃないと作品として完成しないしね。

    さて3巻。
  • モブ恋 -3rd-

    良い作品でした

    途中のエピソードは想定外ではあったけど、
    やっぱりモブが主人公の良い作品だった。
    期待通りの結末でホッとした。
    さて、番外編(海外編)はあるのだろうか?
    探してみようっと。
  • ソードアート・オンライン オルタナティブ クローバーズ・リグレット2
    幼馴染書かせたら日本一のライトノベル作家だと思ってたが、お兄ちゃんの親友でも全然いけると分かった。微妙な距離感がとてもいい。
  • 竜と勇者と可愛げのない私
    全8巻完結。アホタレのおばあさんであるレミエルの物語が刊行されているが未読。
    ファンタジーのど真ん中ライトノベルと著者は言っているけど単なる勧善懲悪物では無い話。悪には悪の言い分があるね。
    アンジュがひねていて可愛い。
  • 絶対☆アイドル
    かっこいい美形アイドルを夢見る少年、天乃 宙(アマノソラ)は、ひょんなことからその意に反して美少女アイドル星空ソラノとしてデビューすることに!?
    やがて彼女(?)は仲間たちやライバルとの出会いを経て、かつてのテレビ業界に君臨していたような、絶対的な存在である本物のアイドルの輝きを現代に甦らせることに...続きを読む
  • ソードアート・オンライン オルタナティブ クローバーズ・リグレット3
    この巻で終わりだそうで、ちょっと残念。百八の怪異のフィナーレまでは見たかったな。いい感じにまとまってきてるところだったから、あと1冊は書いて欲しいな。
    GGOは一点突破でSAOの世界観を縦に深くえぐっていますが、こちらはゲームに留まらない部分も描くことで、横に拡げた感じですね。
  • 迷宮都市のアンティークショップ3
    マジックアイテムにまつわるストーリーを集めたアンソロジーです。結構ほっこりするストーリーもあり、サクサク読み進められます。シリーズ3巻サクッと読み終わりましたが、最後は大円団で盛り上がります。癖のある登場人物ばかりなので、もっと続きを読みたいですね。ライトファンタジーとしてはお勧めです。
  • ソードアート・オンライン オルタナティブ クローバーズ・リグレット
    VRMMOでのホラーは確かに怖そうですね。怖さの基準は人それぞれだし、現実的にはさじ加減が難しそうですけど。
  • ソードアート・オンライン オルタナティブ クローバーズ・リグレット
    渡瀬草一郎の本なのに幼馴染がいない。何て珍しい。癒しの物語なのにナユさんに対する癒しが足りない。ぜひ続編を希望する。
  • 迷宮都市のアンティークショップ

    こんなラノベも良いな・・・

    面白いですね、読んでて一昔前のとある小説を思い出しました。
    店に来る常連客達も魅力的です、応援したくなるような新人冒険者、何かと躓きがちな中級冒険者、引退を考える年になった初老の冒険者、何よりアネモネさんが良かったです。
    これからも読み続けていきたい一冊ですね。
  • 竜と勇者と可愛げのない私6
    レックスがヘタレじゃない。

    勇者らしくなって、
    アンジュも自分の気持ちを受け入れはじめて、
    この二人は今後どうなるのだろうか。

    戦闘も激しさを増してきて、
    今後の展開に期待。
  • 竜と勇者と可愛げのない私3
    アンジュのツンデレ比が半端なく好みなんですがどうすれば!「お支えします。」とかレックスじゃなくてもきゅんとくるよ!!
    使い古された王道の勇者の旅以外のなんでもないですが、ツンデレ魔女っ娘視点になるだけで、こんなに楽しくなるのが自分でも不思議。新感覚ファンタジーの名は伊達じゃありません。
    身内だけじゃ...続きを読む
  • 竜と勇者と可愛げのない私2
    微笑ましいギャグ要素満載の展開。
    でも、しっとりとした結末は少し悲しい。
    登場人物が若い子たちばかりで、微笑ましく馬鹿らしくもある展開の裏には、若さゆえの悩みなんかも散りばめられているようにもみえた。

    楽しい要素と、切ない要素とが交じり合っていて、
    独特な一人称の文体だけれど、
    一度読み込めば一気...続きを読む
  • 竜と勇者と可愛げのない私2
    丁寧系意地っ張りvsプライド高めのお嬢様系な組み合わせサイコー。下手にラブコメ展開が繰り広げられるより、女同士の戦いとか友情とかにときめくお年頃です。・・・え、強さインフレ気味の勇者とか敵役とか?そんなのアンジュの健気な頑張りを際立たせるギミックに過ぎません(断言
  • 絶対☆アイドル
    アイドルを目指す男の子が、ひょんな間違えで、女の子のアイドルグループに入れられてデビューしていくお話です。
  • 竜と勇者と可愛げのない私
    私は志村一矢さんの作品を「君と歩くひだまりを」のシリーズしか読んでいないのですが、それが個人的に好きだったので発売前から気になっていたラノベでした。

    そして読んでみると、期待通りとても面白かったです。ジャンルは異世界ファンタジーものですが、勇者がとてもヘタレです。まぁ、締めるところではきっちり締め...続きを読む
  • ソードアート・オンライン オルタナティブ クローバーズ・リグレット3
    最終巻。公式2次創作。SSだよなぁ。
    でもまぁ、SAOネタをうまく使いながら原作にはないわりと純なラブコメ。
    よかったかと。
  • ソードアート・オンライン オルタナティブ クローバーズ・リグレット3
    小技がとても楽しい話ですね。語呂合わせというか、知識に裏付けられた捻りが「奇異」ていて素敵です。
    「るる家」の開発室裏話は傑作。思わず「窓に!窓に!」と叫びそうになりました。
     クロネコのスタッフたちをいろいろディスってるようですが、類は友を呼ぶのか、類が類を産む、のかですね。
    とは言いつつ、人の「...続きを読む
  • 竜と勇者と可愛げのない私 before レミエルの伝説
    諸事情で大金が欲しい主人公が出会ったのが
    伝説を作る! という少女と、彼女の事を
    おねえさま、と呼ぶ少女。

    連続3話になっていて、最初は仲間になるまで
    次がツンデレ少女の過去、最期が主人公の過去。
    じゃぁ前衛の彼女の過去は!? と
    聞きたいものがあります。

    仲間を得る事、勇気を持つ事、自信を持つ...続きを読む