武藤正敏のレビュー一覧

  • 文在寅という災厄
    さすが元駐韓大使である。過激なタイトルだが、内容は決して安易な嫌韓本ではなく、理性的な反文在寅本である。儀礼的に「未来志向」などと言わず、「用韓」、「用日」で良いではないか、という主張は頷ける。
  • 文在寅という災厄
    武藤元大使のことは好かないという人も多いようですが、また、前著のタイトルは私も当時書いたようにいくら何でも挑発的というか煽情的過ぎてやり過ぎと思いますが、毎度ながら書いている内容は真っ当であり、おっしゃる通りと思わざるを得ません。韓国で何が起きているのか?を理解するのに一読して損はないかと。
  • 文在寅という災厄
    ふだんこのような政治がらみの本は読まないのですが…。
    発売前にいただいたのと、
    ちょうど時節柄の話題だったので読みました。
     
    度重なる、日本への対応無視や逆ギレは、
    韓国の人の、全体の話ではなく
    文在寅政権が自分の支持者向けにやっていることがよくわかります。
     
    細かくは本書を読んでいただくことが...続きを読む
  • 日韓対立の真相
    武藤前駐韓大使の話をこないだテレビで見て良かったので購入。28日の『不可逆的妥結』の前に読み終えてりゃ良かったんだけどねえ。
    で、武藤前駐韓大使は、あくまでも外交官だから、こういった問題点があっても友好に向けてという方向で話をまとめる。それは彼の仕事だし、すり込まれたものだからそれで良い。
    ただし、...続きを読む
  • 日韓対立の真相
    いや、(元)大使、韓国のこと分かっていらっしゃる… 過去、ここまで韓国通の日本大使もいらっしゃらなかったのではないでしょうか。韓国での勤務回数・期間もさることながらやはり韓国語を解されることが大きいのでしょう。
    内容は力作であり、正論。もちろん、やや日本の立場寄りかもしれませんが、それは日本人であり...続きを読む
  • 文在寅の謀略
    昨年の本だから韓国の選挙の結果は当然知ってて与党の圧勝でした。著者はコレは大韓民国には最悪の結果と見てますがそれから1年経って現状はどうかというと来年22年の大選は与党にはかなり危うくなってるように見えますな。残り1年何が起こるのか高みの見物です。
  • 韓国人に生まれなくてよかった
     元駐韓大使から見たリアルな韓国の様子が知れてとても勉強になった。
     知ってはいたが、韓国の受験競争社会は改めてとてもキツいなぁと思った。自分は受験に何度か失敗したけれどもちゃんと職を得ることができたが、一発勝負の韓国ではもう立ち直れなかったかもしれない。一生ワーキングプアかもしれない。
     反日・親...続きを読む
  • 文在寅の謀略
    武藤元駐韓大使に対しては、その率直すぎる物言いから、好き嫌いあると思いますが、日本における実務的な「知韓」の第一人者であることは間違いなく、毎度著書は大いに参考にさせてもらっています。
  • 文在寅という災厄
    昨年書かれた本だが、今年の総選挙も文政権与党が大勝し、本書でも指摘された親北中政権の独裁化がさらに進行している。

    まさに同国民をも毒する政権に思われるのだが。
  • 文在寅という災厄
    元韓国大使による一冊。

    過激なタイトルではあるが、意外と中身は濃い。いわゆる嫌韓本のような批判一辺倒ではなく、彼の国を知った者として、歴史的な背景も含め建設的な議論、提案がなされている。

    彼の国民にも届くといいのだが、、、
  • 文在寅という災厄
    元全権韓国大使。

    怒ってはるなあ。

    前著までは、文大統領が悪いんだ、韓国の一般に人たちはそうじゃないんだという主張がそうかなあと思ってた。
    ずっと嘘ばっかりだし、夢の世界で生きてて、日本に甘えてやって来たじゃん。

    でも判った。そういうレベルではないのだ。

    そういう中でもなんとか合意点を探して...続きを読む
  • 「反日・親北」の韓国 はや制裁対象!
    平成31年4月の段階で、フッ化水素の禁輸の可能性に触れているのはなかなかの見識だ。まさか首相官邸は、本書を読んで、半導体材料の輸出規制強化を決めたのだろうか。。
  • 文在寅という災厄
    元韓国大使の方が書いた韓国政府の現状。
    辛辣な言葉であらゆる角度から韓国政府、特に文在寅大統領への批判がなされている。
    経済政策、外交も素人。目指すのは南北統一の思想のみという恐ろしい政権の実態。
    ただ読んでいると同じような内容が繰り返し繰り返し出てくるので、若干辟易してくる。
    普通の隣国になってく...続きを読む
  • 韓国人に生まれなくてよかった
    全くもって気の毒な状況。大学出ても就職予備校に通ったり、大企業に就職しても40才で名誉退職という名のリストラ。3人に1人はワーキングプアなら、ロウソク持ってデモに参加するでしょう。タイトルからだと反日を揶揄している感じであるが、著者は本気で「私には韓国人はつとまらない」と述べる。特に「韓国人男性には...続きを読む
  • 韓国人に生まれなくてよかった
    まー、言ってる内容は他の韓国本とそう変わらない気はする。同じ国のことを述べるから、まあそうかもしれないけど。が、元駐韓国特命全権大使が言ってる点は重要だろう。
    少なくとも、韓国人、韓国への愛はものすごく感じる。
    韓国人は頭でなくハートで考える、ハートが熱いというのはすごい日本だと特に、昭和の漫画好き...続きを読む
  • 韓国人に生まれなくてよかった
    いや、読み終わった今でも「何もこんな書名にしなくても」という気持ちには変わりありませんが、内容はさすがに世に溢れる薄っぺらい嫌韓本とは全く次元が違いました。
    武藤元大使は「いま韓国が選ぶべき大統領は文在寅じゃないだろう…」という意見なので文在寅大統領支持者にはその点は全く受け入れられないでしょうが、...続きを読む
  • 韓国の大誤算
    前著『日韓対立の真相』に感銘を受けたので思わず手に取りましたが、内容的には前著ほどのインパクトはありませんでした。
    ただ、内容の半分くらいかそれ以上は日本人というより韓国人に向けているかのようで、語り口は相変わらず冷静で客観的。日韓関係の見方について私は武藤・元大使の主張にほぼ同感、賛成です。
    前著...続きを読む
  • 日韓対立の真相
    日本と韓国いろいろとこじれた夫婦喧嘩みたい(他人事的に言うと) 韓国がより感情的で妻、日本が感情組めずに共感できずにいる夫的な。だから日本が何しても認めれないし譲れないし許さないと言い張る的な。最後は「私の気がすむようにしなさいよ。あなたそれくらいして当然よ!」て感じになる。近すぎるんだろうな。場所...続きを読む
  • 日韓対立の真相
    韓国人に対して、できるたけ客観的であろうとする著者だが、ついつい、諦めが出てる。
    残念だが、韓国人自身が目覚めないと、日韓に将来はない!
  • 文在寅の謀略
    本当の売国奴って、こんなやつ。

    何を失うか判らず、熱狂してるレミング。

    武藤さんの本は最初から読んでいるが、それでもかの国に対する愛情があふれ出すぎて、辛い。

    もっともっと辛いんだと思う。