韓国の大誤算

韓国の大誤算

作者名 :
通常価格 1,100円 (1,000円+税)
紙の本 [参考] 1,375円 (税込)
獲得ポイント

5pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

これまで強硬な反日外交を繰り返し、日米との協調を軽視して中国への傾斜を強めてきた韓国。しかし、ここへきてそのすべてが綻び始めた。頑なに拒んできた首脳会談を開催し、「慰安婦問題」に終止符を打つべく交渉の場についた背景にはなにがあるのか。そして、彼らの戦略はなぜことごとく失敗を繰り返してきたのか。それは、日本を「絶対悪」と決めつけて事実を直視せず、自分たちに都合のよい面しか見ようとしない習性、中国への事大主義や日本への歪んだ「上から目線」を拭い去れないために、常に間違った選択をしてきたためだ。そんな韓国と、これから日本はどう付き合えばよいのか。真の日韓関係改善への道は? 前・在韓国日本大使の著者が前作『日韓対立の真相』に続いて放つ「韓国研究」の決定版。

ジャンル
出版社
悟空出版
ページ数
256ページ
電子版発売日
2016年05月13日
紙の本の発売
2016年04月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
6MB

関連タグ:

    Posted by ブクログ 2016年04月23日

    前著『日韓対立の真相』に感銘を受けたので思わず手に取りましたが、内容的には前著ほどのインパクトはありませんでした。
    ただ、内容の半分くらいかそれ以上は日本人というより韓国人に向けているかのようで、語り口は相変わらず冷静で客観的。日韓関係の見方について私は武藤・元大使の主張にほぼ同感、賛成です。
    前著...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年03月07日

    前の本とは若干トーンが変わってる気がする。
    マスコミと政治が煽っているという主張は変わらないしそれは事実なんだろうが、なんか違う気が否めない。
    残念な国と言い切って、その理由も書いているが、じゃあなぜというところは見えない。
    仲良くするとと、その利点と、国際的地位とか、「事実」ということをちょっと切...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年06月22日

    「韓国の大誤算」という書名が、あまり中身を表しているとも思えないが。

    中国寄りになりすぎて、袋小路に入ってしまったということだろう。

    トランプが大統領になってTPPが凍結されたので、著者の読み筋は一旦なくなったし、韓国の政権も変わった。

    著者が韓国には一貫して好意的で、中国に対しては批判的なの...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています