【感想・ネタバレ】文在寅という災厄 のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2019年08月20日

さすが元駐韓大使である。過激なタイトルだが、内容は決して安易な嫌韓本ではなく、理性的な反文在寅本である。儀礼的に「未来志向」などと言わず、「用韓」、「用日」で良いではないか、という主張は頷ける。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年08月07日

武藤元大使のことは好かないという人も多いようですが、また、前著のタイトルは私も当時書いたようにいくら何でも挑発的というか煽情的過ぎてやり過ぎと思いますが、毎度ながら書いている内容は真っ当であり、おっしゃる通りと思わざるを得ません。韓国で何が起きているのか?を理解するのに一読して損はないかと。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年07月22日

ふだんこのような政治がらみの本は読まないのですが…。
発売前にいただいたのと、
ちょうど時節柄の話題だったので読みました。
 
度重なる、日本への対応無視や逆ギレは、
韓国の人の、全体の話ではなく
文在寅政権が自分の支持者向けにやっていることがよくわかります。
 
細かくは本書を読んでいただくことが...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年09月08日

元韓国大使の方が書いた韓国政府の現状。
辛辣な言葉であらゆる角度から韓国政府、特に文在寅大統領への批判がなされている。
経済政策、外交も素人。目指すのは南北統一の思想のみという恐ろしい政権の実態。
ただ読んでいると同じような内容が繰り返し繰り返し出てくるので、若干辟易してくる。
普通の隣国になってく...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?