岡野雄一のレビュー一覧

  • ペコロスの母に会いに行く


    ほのぼのとした絵と文章は、時に吹き出してしまったり、切なく涙したり、ほっこりと温かくなるエピソードだ。認知症、忘れていく事も悪いことばかりではないと励まされる。
  • ペコロスの母の玉手箱
    「8月24日、母は車椅子から自由になった」。一ヶ月弱悩んだ末、(嚥下能力の低下による誤嚥性肺炎防止の)胃ろう造設を決断し一年半…だんだんに発語が皆無になっていった。対面して「施設に入った頃は『おー待っとったぞ』…『さあ帰ろうか父ちゃん(すでに亡い)も待ってる』」会話もあった、切なく思い出したり/給料...続きを読む
  • ペコロスの母の忘れもの
    亡夫上場企業勤務遺族年金もある老後/幸福とは、人生の目的とはなんだろう。「定年後」の人生を分岐する「老親の介護」/「死が恐ろしいのは自我が消滅するばかりではなく存在した記憶が失われるからであり、完璧なコミュニケーションが実現すれば死は恐れるに足りなくなるのではないか」(ヴォクト『非Aの傀儡』解説)/...続きを読む
  • ペコロスの母の贈り物
     みつえさん亡き後の話を中心としたペコロス最新刊。
     生と死、時間と空間を自由に行き来する内容は今まで通り。
     初めてこのシリーズを読んだ時に比べて、多少は感動が薄れたりもした。
     ただ初めてこのシリーズを読んだ時に比べて、僕自身を取り巻く環境も大きく変わった。
     父は認知症を発病し、歳老い...続きを読む
  • ペコロスの母の玉手箱
    「ペコロスの母に会いに行く」の続編。
     前作同様にユーモアと愛情と優しさに溢れた内容。
     戦争に関連するエピソードが若干増えたかも知れない。
     主人公のみつえさんのセリフの中で特に心に響いてきたのが「うーんと遠くまで寝むとった」。
     残念ながら当作品連載中に、主人公の岡野みつえさんが亡くなら...続きを読む
  • ペコロスの母の玉手箱
    だんだんと死に近づいていくみつえさんの、行きつ戻りつする時間が見事に表現されていて、泣けるんだけど微笑ましい。施設のスタッフも優しくて、色々辛いことも乗り越えてきたみつえさんの最期がこんな風でよかったと思った。介護ってきれいごとじゃないから、このくらいの距離感がお互いに理想的なんじゃないかとも。みつ...続きを読む
  • ペコロスの母の贈り物
    父のさとるさんがいなくなって、そして母のみつえさんがいなくなって、それでもこれだけ物語ができる。人はいるときもエピソードがあるけど、いなくなってからもいろんな話がふくらませられるのだな。というかそれがまさに漫画なのでしょうけどね。

    また描きたくなってきた。そしてまた弾きたく…練習しなきゃ。
  • ペコロスの母の玉手箱
    ペコロスの母に会いに行く。の続編。
    とうとう、お母様は亡くなった。

    前回よりも弱ったシーンが多いが、著者は、それに寄り添い、時にユーモラスに優しく描いている。
    みつえさんにとっては、タイムマシーンに乗っているような日々なのでしょうか。
    幸せだな。と、感じる。
    後半は泣きながら読んでしまいました。
    ...続きを読む
  • ペコロスの母の贈り物
    もうペコロスシリーズは出ないのかな、と思っていたので見つけてすぐ手に取りました。
    今回はいつもより(?)シモの話が多かった気がします。でもそれがまた良くも哀しくも時代を映し出しているというか、心に迫るというか、人の生きるということは性を抜きにしては語れないのなという風にも思わされます。

    今回の漫画...続きを読む
  • ペコロスの母の贈り物
    生きとかんば。

    もう、読みながら号泣。どの部分で泣いたとかじゃなくて、全体に漂う雰囲気にただただ涙が溢れてくる。
    昨年、先に元気だった祖母が、あとを追うようにして長年闘病していた祖父が亡くなったこと思い出した。お墓の中でこんなふうに再会を楽しんでいるのかなぁと思うとほほえみながらまた泣けて…。
    ...続きを読む
  • ペコロスの母の玉手箱
    前回読んだのが2年前、その後、年老いて弱って”母”が死んでしまうまでの過程。そう聞くと、悲しいのかと思うが”泣き”を誘う話では別にない。介護というきっと今かいつか直面することが多い話をほっこり書いてくれている。絵もなんだかかわいい。介護に疲れてる人にぜひ読んでほしい。
  • ペコロスの母の玉手箱
    まさに玉手箱。この状況をユーモアでくるみながら描いたペコロスさんはすごいなぁ。
    周りの人たちもすごくいい。特にゆりさんには和ませられてしまいます。実際には関わる方々大変でしょうけれど、ペコロスさんの描き方に愛を感じますね。
    それにしてもハゲ雨って…(笑)衝撃の絵面でした。

    時には涙を拭いながら描か...続きを読む
  • ペコロスの母の玉手箱
    読んで涙が出たけれども、
    だいぶ苦労されてきたのにこういう人生の終わり方でよいのだろうか。

    自分は死ぬ直前まで自分の足で歩いて自分で食事がとれる状態でいたい。
  • 文藝春秋 2015年 6月号

    イイネ

    10年前から毎月購読していますが、本の整理が大変ですので3年前から電子ブックに変更。もう少し、普通の書籍に比べて安くなるとありがたいですが...
  • ペコロスの母の玉手箱
    当然の事ではあるが
    「親がボケちゃって…。」
    なんて話に幸せ要素なんかいっこもない。

    この世にはまだ特効薬も無く、
    ただ静かに(どうか症状が進まぬように…)
    と、祈るだけの恐ろしい認知症。
    そんな家族の心労を救ってくれる施設も本も世の中にはたくさんあるが、
    その中で出会えたら、
    (きっと何かが変わ...続きを読む
  • ペコロスの母の玉手箱
    認知症の母親を見守る息子さんが描いた優しいタッチの日常風景。

    きっといろんな辛さや苦労や悩みがあったのだと思うけれど、楽しく面白おかしくそして和やかに綴られている紙面。認知症の方の行動の理由を、こういう風に思えたら楽になるよ、と提案してくれているのだな、と感じました。

    幸い私はこの問題に直面して...続きを読む
  • ペコロスの母の玉手箱
    前作と同様に、ほんのりとした読後感と同時に、涙無くしては読めない秀作。過去と現在を行き来する認知症の人の言動や行動。あらためて若い時のその人ととなりや生活を知っておくことが、認知症の人の言動や行動を理解することに大事であることを再認識。当然のことながら認知症は進行し、会話はなくなってくる。そして身体...続きを読む
  • ペコロスの母の玉手箱
    読んでいると涙が心に染み入ってくるように感じた。
    過去と現在、現実とファンタジーが交差している。
    みつえさんの認知症の進行、体力の衰えと、胃ろうの話……
    現実はしんどいはずが、マイルドなって読んでいると切なさがこみ上げてくる。悲壮感から涙をさそうものではない。

    前作『ペコロスの母に会いに行く』から...続きを読む
  • 文藝春秋2月号

    文芸春秋3月号

    年間購読にしているのですがどうしたら読めますか
  • ペコロスの母に会いに行く
    母親のことも父親のことも、作者との共通点は全くと言っていいほどないのに(頭髪のことも含めて)、読んでいて涙がポロポロこぼれるのは、母と言う存在の大きさからでしょうね…。