ペコロスの母の贈り物
  • 完結

ペコロスの母の贈り物

作者名 :
通常価格 1,045円 (950円+税)
紙の本 [参考] 1,320円 (税込)
獲得ポイント

5pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

認知症の母との日々をつづり大きな共感をよんだ『ペコロスの母の玉手箱』の続編。母を亡くし、より色濃くよみがえる母の姿。少年期の思い出では、昭和の生活が新たな郷愁をさそう。「週刊朝日」の連載に書き下ろしを加えた待望の新刊。

カテゴリ
少女・女性マンガ
ジャンル
女性マンガ
出版社
朝日新聞出版
ページ数
192ページ
電子版発売日
2016年04月08日
紙の本の発売
2016年01月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
130MB

ペコロスの母の贈り物 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2018年01月04日

     みつえさん亡き後の話を中心としたペコロス最新刊。
     生と死、時間と空間を自由に行き来する内容は今まで通り。
     初めてこのシリーズを読んだ時に比べて、多少は感動が薄れたりもした。
     ただ初めてこのシリーズを読んだ時に比べて、僕自身を取り巻く環境も大きく変わった。
     父は認知症を発病し、歳老い...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年09月22日

    父のさとるさんがいなくなって、そして母のみつえさんがいなくなって、それでもこれだけ物語ができる。人はいるときもエピソードがあるけど、いなくなってからもいろんな話がふくらませられるのだな。というかそれがまさに漫画なのでしょうけどね。

    また描きたくなってきた。そしてまた弾きたく…練習しなきゃ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年03月17日

    もうペコロスシリーズは出ないのかな、と思っていたので見つけてすぐ手に取りました。
    今回はいつもより(?)シモの話が多かった気がします。でもそれがまた良くも哀しくも時代を映し出しているというか、心に迫るというか、人の生きるということは性を抜きにしては語れないのなという風にも思わされます。

    今回の漫画...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年03月05日

    生きとかんば。

    もう、読みながら号泣。どの部分で泣いたとかじゃなくて、全体に漂う雰囲気にただただ涙が溢れてくる。
    昨年、先に元気だった祖母が、あとを追うようにして長年闘病していた祖父が亡くなったこと思い出した。お墓の中でこんなふうに再会を楽しんでいるのかなぁと思うとほほえみながらまた泣けて…。
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年02月15日

    認知症になった親をこれほどあたたかく見つめることが出来るだろうか?時に寂しく、時におかしく。このおかしさの部分が介護者の救いになっている。絵がとてもかわいいので一気に読める。何回も繰り返し読んで大切にしたい本。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年05月04日

    クスッと笑えるような場面でも、ウルウルしてしまうのは、自分の現状と重ねてしまうからでしょうか。「ハゲ散らかす」等の方言?もなつかしい響き。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年02月20日

    ペコロス本の最新作。母が亡くなった後のノスタルジー。母と息子、そして時々からむ父。過去と現在、そして命をつむぐストーリー。長崎という地もあり、原爆の影をそこかしこに感じさせる。これまで以上に叙情的な流れ。テーマは題名通り。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年02月13日

    時間軸を飛び越えて、自由に行きたい時間で生きていたみつえさん。亡くなったあとは、彼岸此岸を往き来して、ペコロス氏の前に現れます。
    先に亡くなった夫(ペコロス父)とむつまじく「気配」になって子どもたちを訪れるみつえさん。その姿は既巻で見慣れていたので驚きませんが、みつえさんが(生前は酒乱で家族を苦しめ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています