ペコロスのいつか母ちゃんにありがとう~介護げなげな話~

ペコロスのいつか母ちゃんにありがとう~介護げなげな話~

作者名 :
通常価格 1,089円 (990円+税)
紙の本 [参考] 1,210円 (税込)
獲得ポイント

5pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

介護げなげな話ぶっちゃけます!

 漫画『ペコロスの母に会いに行く』が、2013年日本漫画家協会賞優秀賞を受賞した“ペコロス”こと岡野雄一さんによる、初のイラストエッセイ。

 認知症になった母の自宅介護5年間を中心に、漫画では描ききれなかった本音を炸裂させた爆笑エッセイです。

 母親の“ぼけ”を少しずつ受け入れつつ、今考えると「母ちゃんはどれだけ寂しかったのだろう」と思うこと。
 注意書きの貼り紙が家の中で少しずつ増えていったこと。
 寝かせたまま移動できる車椅子に乗せていたら、顔が伸びたようになってしまったのを見て、大泣きしたこと。

 介護する家族たちが通る道を歩ききった岡野さんは、「母からもらったものは、今でも気付いていないくらい多い」と言います。
 でも、真っ最中の時は、親不幸なことをしているんじゃないかと思っていた。
 岡野さんが救われたのは、
 「いいんですよ、それが岡野さんのメシのタネになるんだから」
 と言ってくれた人がいたから。
 だから今度は、岡野さんが“ぶっちゃけ爆笑介護体験”で、真っ只中の人、これから立ち向かう人へ、「プチ親不幸」と「ガス抜き」を勧めます。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
エッセイ・紀行 / エッセイ
出版社
小学館
ページ数
160ページ
電子版発売日
2016年08月26日
紙の本の発売
2016年08月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
15MB

ペコロスのいつか母ちゃんにありがとう~介護げなげな話~ のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2016年10月21日

    いずれ両親も老いが進む。自分自身も老いが進む。認知症というのは分からなくなるからいいのかもしれないな。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています