久我ひろこのレビュー一覧

  • 秘密

    ©1991年

    ヒーローとヒロインの出会いは若く、ヒロインは18才だった。そして2年間ヒーローの愛人となるが、ヒロインはヒーローが結婚を望んでないと思い知らされ、ヒーローの元を去る。
    よくあるHQのシークレットベビーものです。
    ヒロインが去ってヒーローは初めてヒロインを愛してたと分かったらしいが、冒頭の様な酷...続きを読む
  • 二人のティータイム 恋人はドクター
    大好きなベティのお話。これを読んだ直後からドクターブームが私の中で巻き起こりました。これもやっぱり優しい作風で、穏やかな気持ちで最後まで読めます。
  • 穏やかな彼 後編

    ©︎1986年

    何故2冊にする必要があるのか?
    初期の作品。もう少しテンポが良ければと思う。
    ヒロイングズグズ悩み過ぎ。
    ヒーローの気持ちがわからないからか、コミックの方がヒーローカッコいいかも。
  • 結婚から逃げないで
    生まれたときから知っていて周りに結婚を期待されるも
    永遠に続く愛情や情熱を確信出来ず
    結婚式当日にドタキャンすることになったヒロイン。
    4年後、従姉妹の結婚式で再会するーー。

    当日ドタキャンはどっちの立場でも辛いが残されたヒーローが可哀相。トラウマになってるしw
    ヒーローの頑張りのおかげだった。
    ...続きを読む
  • 秘密

    まぁ、面白く読めます。

    ヒーロー、決定的なすごい事をヒロインに言ってるんだけどちょっとヒロインは頭がゆるいので再会後に口論になっても効果的に返せない。誰でも愛想尽かすし嫌われたって当然。だけど、いつも通りヒーローの落ち度は軽くアッサリ書かれ、ヒロインが何故か反省させられる展開に。そう、いつも通りかなぁ。ヒーローが酷過ぎる事...続きを読む
  • 二人の年月
    ヒロインが7歳のとき里子として6歳上のヒーローがやってきた。
    両親の愛情を独り占めしたいヒロインはヒーローに対し嫉妬と敵意を燃やし反発していたが、ヒロイン17歳のときのある一件を機にヒーローは家を出て疎遠に。
    6年が経ち、父の病気をきっかけに再会を果たしてーー。

    悪いことはしてないのに好きな子に憎...続きを読む
  • 結婚から逃げないで
    ヒロインもヒーローもgdgdですが、嫌いじゃない
    ヒーロー視点でも読みたかったなー
    やっとお互い納得してくっついてよかったね
  • 眠れる花園
    大人版「秘密の花園」。妻とみごもっていた子を亡くした男性と、その隣に住むシングルマザーの恋。このパターンは「亡くなった奥さんが実は悪い人」ということが多いんだけど、これは亡くなった人をおとしてヒロインを上げなかったのでよかった。しかしヒロインが融資を受けられたのにはヒーローが裏で手を回したんじゃない...続きを読む
  • 眠れる花園
    ことの発端はブラックベリーだった。高い塀の向こうの隣家の庭に、パイを作るのに絶好のブラックベリーの実がなっていたのだ。ケイは罪悪感を覚えながら、売り家の札が立つ隣家の敷地に入った。ところが入ってみると、すさまじいほどに庭が荒れている。聞いた話では、屋敷の持ち主ドミニク・レイヴンスカーは園芸好きな妻の...続きを読む