私の少女マンガ講義(新潮文庫)

私の少女マンガ講義(新潮文庫)

作者名 :
通常価格 649円 (590円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

日本の漫画は世界でも希有な文化である。中でも少女マンガは男性とは異なる視点で新たな物語を生み出してきた。その第一人者である萩尾望都が2009年、イタリアで行った講演で繙いた、『リボンの騎士』から『大奥』へ至る少女マンガ史、そして、自作の解説と創作作法を収録。'19年にデビュー50周年を迎えてなお現役であり続ける著者が、日本独自の文化である少女マンガの「原点」と「未来」を語る一冊。(解説・中条省平)

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
ノンフィクション / ノンフィクション・ドキュメンタリー
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮文庫
電子版発売日
2021年08月10日
紙の本の発売
2021年06月
サイズ(目安)
52MB

私の少女マンガ講義(新潮文庫) のユーザーレビュー

感情タグBEST3

    Posted by ブクログ 2021年10月10日

    漫画製作の話が読めてよかった。ただ最近作はあまり知らないので、後半のインタヴューはよくわからなかったです。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    少女マンガ好きにおすすめの本

    sakura 2021年09月24日

    萩原望都先生の作品を見ながら、作品を構成する際の意図が詳細に説明されているところが、大変ためになりました。
    これから少女マンガを読むときには、作者が何を、どう見せたいのかを考えながら読めそうですし、描く方も頑張ろうと思いました。
    また、読んだことのない作品も紹介されていて興味がわきました。
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年08月05日

    懐かしい萩尾作品の解説に、少女マンガの歴史。マンガはずーーっと好きなものの一つです。好みに合うものは読み続けますよ、何歳になってもね

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年07月26日

    とても丁寧に萩尾望都さんの言葉を紡いでいて、ファンにとってもそうでない人にも分かりやすいと思いました。聞き手の矢内さんの情報量もすごいです。
    全ての作品をもう一度ゆっくりと読み返したいです!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年08月18日

    モーさま萩尾望都さんの伊ナポリ東洋大学とボローニャ大学での戦後少女マンガ史講演手塚治虫先生リボンの騎士から各年代の代表的作品と大奥までを解説。
    自作「半身」「柳の木」「イグアナの娘」解説となかなか興味深いお話がたくさん。当然ながら大泉サロンで袂を分けた竹宮惠子さん増山法恵さん少女マンガ革命について...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年07月25日

    萩尾望都が語る少女漫画の歴史。萩尾望都が高く評価している作品は何かとか、手塚治虫はどんなところがすごいかといったことがインタビュー形式で書かれていてとてもわかりやすかった。「半神」などの作品が掲載されているのもうれしかった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年07月24日

    ■少女マンガの岸辺で――まえがきにかえて 矢内裕子
    ■Ⅰ章 イタリアでの少女マンガ講義録
    ・少女マンガの歴史
    ・自作についての解説「半神」「柳の木」「ローマへの道」「イグアナの娘」
    ・質疑応答――イタリア人聴講者からの質問
    ・ドナテッラ・トロッタ氏によるインタビュー
    ■Ⅱ章 少女マンガの魅力を語る
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年07月24日

    萩尾氏のナポリ大学での講義内容他。
    テーマは 日本における少女漫画史。

    漫画については私もあれこれ考察することはあるけれど、「日本における女の子の社会的在り方」に対しての自由への渇望であるとの見方は、「なるほどーーーー」と感じ入りました。
    なぜ我々はあらゆるジャンルを漫画に求めるのか。コマの間に何...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年06月28日

    萩尾望都が2009年にイタリアの大学で行った講演(質疑応答含む)の記録と、自作や創作にまつわるインタビューをまとめたもの。
    講演では萩尾望都視点による日本の少女マンガ史の概観が述べられており、そこに挙げられた作品など萩尾望都史観とでもいうべきものが伺われて面白い。
    後半のインタビューもコマ割りに現れ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年07月25日

    萩尾望都による少女漫画誌概論と、近作の解説。
    ほんとうに漫画が好きな人だな。よう読んどいでる。大泉の話でも出てきた、この漫画をあの人が描いたら……という遊びの話がここでも出てくる。

    岡崎京子を少女漫画の血脈の中で語っているのが新鮮。いや確かに萩尾望都と大島弓子からの影響は大いに語っているのだし継承...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

新潮文庫 の最新刊

無料で読める ノンフィクション

ノンフィクション ランキング