強制的に悪役令嬢にされていたのでまずはおかゆを食べようと思います。

強制的に悪役令嬢にされていたのでまずはおかゆを食べようと思います。

作者名 :
通常価格 1,155円 (1,050円+税)
紙の本 [参考] 1,430円 (税込)
獲得ポイント

5pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

ラビィ・ヒースフェンは、16歳のある日前世の記憶を取り戻した。今生きているのは、死ぬ前にプレイしていた乙女ゲームの世界。そして自分は、ヒロインのネルラをいじめまくった挙句、ゲームの途中であっさり処刑されてしまう悪役令嬢であることを。
しかし、真の悪役はネルラの方だった。幼い頃にかけられた隷従の魔法によって、ラビィは長年、嫌われ者の「鶏ガラ令嬢」になるよう操られていたのだ。
今ついにその魔法が解け、ラビィは自由の身となった。それをネルラに悟られることなく、処刑の運命を回避するために必要なのは「体力」――起死回生の作戦は、屋敷の厨房に忍び込み、「おかゆ」を作って食べることから始まった。
毎晩おかゆを食べ続け、徐々に回復してきたラビィ。彼女を蔑んできた弟のフェルや、形だけの許嫁である第一皇子のバルド、バルドの命令でラビィの監視をしていたサイなど、周囲の目も変わり始め――!?

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
SF・ファンタジー / ファンタジー(国内)
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
Kラノベブックスf
ページ数
356ページ
電子版発売日
2021年07月29日
紙の本の発売
2021年08月
サイズ(目安)
34MB

強制的に悪役令嬢にされていたのでまずはおかゆを食べようと思います。 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2021年08月08日

    おかゆを食らう悪役令嬢って何ぞやと興味を引かれたので。
    弱った体に流動食は確かに最強だ。

    聖女かつ乙女ゲーヒロインのネルラが吐き気を催す邪悪っぷり。
    主人公ラヴィの10年を思うと本当に心が痛む。
    そもそもバッドエンドやビターエンドを楽しむ乙女ゲーだったみたいだから余計か。
    折角ネルラの呪縛から逃れ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています