消えたヤマと在日コリアン 丹波篠山から考える

消えたヤマと在日コリアン 丹波篠山から考える

作者名 :
通常価格 682円 (620円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

かつて陸軍歩兵第七十連隊が置かれ,戦争の拡大とともに硅石とマンガンの鉱山で栄えた丹波篠山.その歩みは近代日本の縮図そのものだった.しかし,鉱山で働いていた朝鮮人たちのことは,なぜか公的な記録に残されていない.新聞記事や鉱山跡,慰霊碑,民族学校の資料などの調査から,見失われた彼らの足跡を掘り起こす.

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
社会・政治 / 社会問題
出版社
岩波書店
掲載誌・レーベル
岩波ブックレット
ページ数
88ページ
電子版発売日
2021年06月24日
紙の本の発売
2021年05月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
6MB

消えたヤマと在日コリアン 丹波篠山から考える のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年06月14日

    兵庫県の丹波篠山はかつてマンガン鉱山でちょっと栄えた一時期があったらしい。そんな戦前の鉱山には朝鮮半島からの人々もいた。強制連行で連れて来られたのではと思うし、この本でもそんな疑念を書いてはいるけど、はっきりとはさせていない。
    タイトルからして、強制連行されてきた過酷な労働や住民の偏見に苦しんだ朝鮮...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

岩波ブックレット の最新刊

無料で読める 社会・政治

社会・政治 ランキング