忖度しません 世の中ラボ3

忖度しません 世の中ラボ3

作者名 :
通常価格 1,540円 (1,400円+税)
紙の本 [参考] 1,760円 (税込)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【ニコニコカドカワ祭り2021開催中】マンガ・書籍が50%OFF!人気作品がまるごと1巻無料で読める期間限定無料作品も要チェック★

作品内容

あなたも、わたしも、この国の当事者。自分の言葉で、ちゃんと語るために。考えるためのヒントがいっぱい。激動の時代を、本を読んで考え続けた5年間、42の同時代批評。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
雑学・エンタメ / サブカルチャー・雑学
出版社
筑摩書房
ページ数
320ページ
電子版発売日
2021年02月26日
紙の本の発売
2020年09月
サイズ(目安)
11MB

忖度しません 世の中ラボ3 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年05月19日

    斎藤美奈子の本の読み方は、私の手法とは全く違って面白い。そして、問題意識もいまの時代にフォーカスして、実に巧みな解説をする。
    6つのテーマの選定がうまい。時代の核心に触れる。とにかく、「忖度しません」と言う題名さえも素晴らしい。現在の官僚やマスコミも忖度しすぎの時代に、これまで言えるのはいい。
    6つ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月15日

    どこかで『災間の唄』と並び称されているのを読んで、同作に痛く感じ入った身としては、本作も是非と手に取ったもの。期待通り、存分に味わわせて頂きました。それにしても幅広く読んでいらっしゃって、小説、ノンフのみならず、新書やら専門書にまで、その読書対象は広がってるんですね。凄い。その上で提示される、現体制...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年01月02日

    政治の話からLGBT、反知性主義、現代進行中のコロナについてまで。時事について、三冊の本を読みながら考える。真面目に考え込むところと、クスっと笑えるところの振幅が魅力的。静かに淡々と説明したかと思うと、「でもさ」といきなり切り返す。そのあたりの動きになんかしびれるね。読んでいて楽しかった。楽しかった...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年09月16日

    一つのテーマを元に三冊の本をピックアップして美奈子節で斬りまくる書評集。文芸関連は少なく、最近の政治・経済や国際問題などが紹介されており、ただ好きな本を読んでいるだけの我が身には、大変堪えました。これからは「社会勉強」の出来る本を探して読まなければ!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年03月31日

    現代日本のさまざまな問題点を読み解くためにどんな本を読んだかという、ブックガイドも兼ねた時評集、というところがいかにも興味深い。その選書も、一方的にならず、対立する側の意見についても目配りが行き届いている。
    北朝鮮による拉致問題では、「家族会」とは別に「救う会」があるとは、この本を読むまで知らなかっ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年01月27日

    見返しの「続・裸の王様」から笑ってしまった。で、次にまたいきなり、内田先生編の「日本の反知性主義」に厳しいご意見。確かに「日本の知識人はバカの悲しみに鈍感なところがあるからな」っていうの常々私も感じる。
    やっぱり斎藤美奈子さんいいわ、と思って最後まで読み続ける。
    次に読みたい本がたくさん見つかった。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年01月26日

    ちゃんと読んで
    ちゃんと考えて
    ちゃんと自分の言葉で発信

    斎藤美奈子さんの「書評集」
    PR誌「ちくま」に連載中の「世の中ラボ」
    から出来上がった一冊

    初めから読んでも
    後から読んでも
    どこから読んでも
    すっきり はっきり
    こりゃ面白い

    自分だったら絶対に買わない本も
    (批評のために)ちゃんと取...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年12月16日

    「月夜にランタン」「ニッポン沈没」に続くシリーズ三作目。「ニッポン沈没」が暗めのトーンだったのに比べて、今回は、「政治も世の中も相変わらずひどいもんだけど、それでも希望はある」という前向きな思いを感じる一冊だった。タイトルにもそれが表れていると思う。

    いつもながら取り上げられる本の幅広さに感嘆する...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年10月24日

     3冊の本を元にテーマごとに現代社会を論じる。ブックガイドであり、社会評論。
     切れ味よくて読みやすい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年09月26日

    自分が経験できることはたかが知れているから、せめて沢山の本を読んで、いろんな事実や考え方を知りたいものだと思います。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています