学校が教えないほんとうの政治の話

学校が教えないほんとうの政治の話

作者名 :
通常価格 770円 (700円+税)
紙の本 [参考] 902円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

選挙に行って誰に投票すればいいのか、わかりますか? 若者の投票率が低い理由、それは、「ひいきのチーム」がないからです。政治参加への第一歩は、どっちがホームで、どっちがアウェイか決めること。この本を読んで、あなたの政治的ポジションを見つけてください。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
社会・政治 / 政治
出版社
筑摩書房
掲載誌・レーベル
ちくまプリマー新書
電子版発売日
2016年08月19日
紙の本の発売
2016年07月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

学校が教えないほんとうの政治の話 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年08月21日

     若者が政治に無関心なのは「ひいいきのチームがないから」と本質をずばりと突く。じゃあ決めよう、あなたは「体制派」「反体制派」か、どっち? 
    〈「体制派」とはいまの政治を支持し「このままのやり方でいい」と思っている人たち、「反体制派」は今の政治に不満があって「別のやり方に変えたい」と考えている人たちで...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年06月20日

    大学の講義で用いられた新書でした。

    政治に無頓着な若い世代が、政治的教養や政治への関心を持つきっかけとして、とても有用だと思われます。

    基礎的な知識について具体的な時事問題を絡めながら、非常に簡潔にわかりやすく書かれていました。筆者が本書の中で述べていたように、「中立はない」というのは確かにそう...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年05月19日

    今の中学生、高校生、それに政治の知識にうとい大人達に、ぜひ読んでもらいたい本。特に、選挙にも行かない今の大人達には、この本に書かれている基本的な教養すらない人がほとんどだろう。前半から日本で起きた歴史の出来事を軽く交えるなどして、政治の基本、考え方などから、「右翼・左翼」「保守・リベラル」など勘違い...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年04月18日

    この本を読み終わってから、統一地方議員選の様子をテレビで見ていたら、これまでより胸にせまるものが生まれた。ちょうど、地元の若手候補にオバチャンたちが「がんばれー」と声をかけている場面。これが、ごひいき筋ということで、これも選挙を活発にしてきたのだろうなあ。教科書の中に羅列された単語や数字だけではなく...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年08月31日

    各党が多数のトピックで対立している現在、選挙で一体どこに投票したらいいのかよく分からないという人が多いでしょう。そんな人たちに、本書をおすすめします。

    著者は「党派性をもたずに政治参加は無理である」と述べています。自分の考えを明確にし、政治参加の第一歩であるひいきの党派をつくるための地図を示したの...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年11月06日

    学校で教えないって程じゃないよね。「中立なんてないんだ、中立ってのは賛成ってこと。」ここら辺は学校で教えるべきだよな。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年08月17日

    政治に関心が持てないのは『ひいきのチーム』がないから
    でも、学校や世間では、ひいきのチームの応援を公式にはできない。
    どっちがホームでどっちがアウェイかを決めることが必要。
    あえて単純化して2項対立で表現していく内容に関しては、
    新鮮で面白いと思いました。
    でも、著者は自分で書いてあるとおり、思いっ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月28日

    さすが作家。大学教授が書くような本より断然読みやすい。自分の立場を明らかにするのにも好感が持てる。右翼と左翼の意味がようやくわかった。選挙が楽しみになった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月19日

    本著が想定しているであろう政治に対して自身の意見を持っていない読者の一人として、この本をきっかけに自身の政治的立場を明確にしたいなと思うことができました。政治において中立的な立場は存在せず、少なからず偏りがあるという意見には文章を通して賛成できることが多かったです。
    日々色々な情報を整理して自分がど...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年09月13日

    中高生向けの政治を考える本。大人が読んでも、まあ、わかりやすい。美奈子節が炸裂しまくりで、スカッとすること間違いなし。この本が出てから4年経過し、先日は真新しさのない立憲民主党という党名と代表が決定。明日は自民党総裁選...。今秋の解散・総選挙はどうなるのか? この本を読めば関心を持てることだけは間...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

ちくまプリマー新書 の最新刊

無料で読める 社会・政治

社会・政治 ランキング