三つ巴 新・酔いどれ小籐次(二十)
  • 最新刊

三つ巴 新・酔いどれ小籐次(二十)

作者名 :
通常価格 800円 (728円+税)
紙の本 [参考] 814円 (税込)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【カドカワ祭ゴールデン2021 開催中!】マンガ・書籍6,000冊以上が最大50%OFF!期間限定・1巻無料作品も多数配信中★

作品内容

商いする大切な舟が古くなり水漏れしてしまったが、新しい舟を作る金の工面に頭が痛い小籐次。舟づくりの名人・「蛙の親方」こと亀吉親方に相談するうち、親方が思い出したのは、かつて小籐次が助けた花火師親子のこと…
人の縁と心意気が繋がって新造された小籐次の舟「研ぎ舟蛙丸」が、江戸の人々を大いに沸かせる!
そんな中、雑な盗みを重ねていた「ニセ鼠小僧」が、ついに人を殺め――
元祖鼠小僧・奉行所・そして小籐次が、普段ならありえないタッグを組んで
ニセ者の成敗に乗り出す! 

累計800万部の大人気シリーズ、最新刊。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
歴史・時代 / 歴史・時代小説
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
ページ数
352ページ
電子版発売日
2021年04月06日
紙の本の発売
2021年02月
サイズ(目安)
1MB

三つ巴 新・酔いどれ小籐次(二十) のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年03月07日

    良かったです。
    冒頭から、前巻までの子次郎との関わりあいをすぐに連想させ、物語に没入できました。
    歳を重ね、世のおじいちゃんと呼ばれる年齢になった小藤次。
    世間様からも気遣いの声を多数もらうように。
    赤目駿太郎はまだ13歳.まだまだ父親として教えなければならないことも多数。
    事件を通して、共働きする...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2021年04月15日

    偽の鼠小僧が何度も人を殺して大金を強奪。実態は火盗改めや城の火番がやっていた!随所に小籐次が年だねって話が出てきます。13歳の駿太郎の能力がすごい!

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2021年02月20日

    ふと気が付いた
    酔いどれ小籐次、アタクシより若い(´・ω・`)
    おりょう様のような人、現れないかな?

    さて、ねずみ小僧はいよいよお姫様と幸せに
    暮らしそうだ
    一連の偽ねずみ小僧の正体も本家の働きで知れ
    なぜか(読んでも理由が分からない)老中の
    極秘抹殺指令で成敗された

    薫子さまが関係するとほのぼ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

新・酔いどれ小籐次 のシリーズ作品 1~20巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~20件目 / 20件
  • 神隠し 新・酔いどれ小籐次(一)
    背は低く額は禿げ上がった老侍で、なにより無類の大酒飲み。だが、ひとたび剣を抜けば来島水軍流の達人である赤目小籐次が、次々に難敵を打ち破る痛快シリーズ登場。
  • 願かけ 新・酔いどれ小籐次(二)
    研ぎ仕事中の小籐次を拝む人が続出。小籐次は困惑するが、その裏で糸を引く者がいるようだ。誰が、なんの目的で? シリーズ第二弾!
  • 桜吹雪 新・酔いどれ小籐次(三)
    夫婦の披露目をし新しい暮らしを始めた小籐次。一家揃って身延山久遠寺への代参を引き受けるが何者かが一行を付け狙う。好調第3弾!
  • 姉と弟 新・酔いどれ小籐次(四)
    小籐次に斃された実の父の墓づくりをする駿太郎と、父のもとで職人修業を始めたお夕。小籐次は二人の成長を見守る。シリーズ第4弾。
  • 柳に風 新・酔いどれ小籐次(五)
    小籐次は自分を尋ねまわる怪しい輩がいると知り、読売屋の空蔵に調べを頼む。ネタになるかと張り切る空蔵だが、その身に危機が迫る。
  • らくだ 新・酔いどれ小籐次(六)
    ますます好調! シリーズ第6弾! 江戸っ子に大人気のらくだの見世物。小籐次一家も見物したが、そのらくだが盗まれた! なぜか小籐次が行方探しに奔走することに…。
  • 大晦り 新・酔いどれ小籐次(七)
    落馬して打撲傷を負った小籐次は、久慈屋夫妻、おりょうとともに熱海に湯治に行ったことで恢復し、以前と変わらぬ生活を送れるようになっていた。 そんなある日、瀬戸物町で火事騒ぎが起こり、そのさなかに料理茶屋の娘が行方知れずになった。そもそも火事騒ぎはどうやら付け火で、焼け跡から二人の男の焼死体が出ており、男たちは御庭番だという。火をつけた上に金を盗む賊徒たちを追って、逆に殺されたよ...
  • 夢三夜 新・酔いどれ小籐次(八)
    正月。小籐次は望外川荘で新年の膳を囲んだほか、おりょうの実家に駿太郎も連れて挨拶に行き、さらには久慈屋でも祝い酒を頂戴するなど宴席続きだった。そんな中、昨年来、同行を求められている伊勢参りについて昌右衛門と相談したが、どうも昌右衛門の歯切れが悪い。なにか悩みか、心に秘めたものがあるようだ。 一方、年末年始に立て続けに掏摸を捕まえた駿太郎は、奉行所から褒美をもらうことになった。...
  • 船参宮 新・酔いどれ小籐次(九)
    小籐次は久慈屋の大旦那・昌右衛門に同道を請われ、手代の国三を供に伊勢神宮へと旅立った。昌右衛門はなにか心に秘することがあるようだが、なかなか小籐次にも胸の内を語らない。 小籐次一行は大井川で川止めにあい、島田宿に留まることを余儀なくされるが、たまたま地元の悪に絡まれていた旅籠・紋屋鈴十の隠居を助けたことから、紋屋の舟型屋敷に逗留させてもらうことになった。その間、島田宿の本陣で...
  • げんげ 新・酔いどれ小籐次(十)
    小籐次、死す!? 久慈屋昌右衛門の供で伊勢詣でに行っていた小籐次が江戸に帰ってきた。昌右衛門は念願の伊勢参りと墓参を叶え、隠居する決意を固めたようだ。 そんな折、北町奉行所の年番与力の米郷が、小籐次にたっての願いがあるとして面会を求めてきた。 その晩遅く、久慈屋の荷運び頭の喜多造は酔って千鳥足の小籐次を見かける。天気が荒れているにもかかわらず、これから舟で望外川荘に帰るという小...
  • 椿落つ 新・酔いどれ小籐次(十一)
    敵は人か物の怪か? シリーズ第11弾! 伊勢参りで出会った三吉が、強葉木谷の精霊と名乗る謎の相手に付け狙われた。三吉を救うため、小籐次と駿太郎は死闘を繰り広げる。
  • 夏の雪 新・酔いどれ小籐次(十二)
    ひと月前に、品川界隈に巣食う妖怪・強葉木谷の卑弥呼を退治した小籐次と駿太郎は、老中青山忠裕の案内で、江戸城表の白書院で将軍・家斉に拝謁することになった。家斉のみならず、老中を筆頭に幕閣要人、御三家や大大名の前でふたりは来島水軍流を披露し、さらに自作の「ほの明かり久慈行灯」の光の中で懐紙を切り分け、雪か花火かという幻想的な風景を演出し、喝采を浴びた。 数日後、小籐次は、駿太郎...
  • 鼠草紙 新・酔いどれ小籐次(十三)
    駿太郎は亡き両親の想いを胸に、丹波篠山へ――。 親子の情に心打たれる、書き下ろし第13弾! 文政8年秋。小籐次、おりょう、駿太郎の一家3人は、老中青山忠裕の勧めもあって、青山の国元であり駿太郎の生まれ故郷である丹波篠山へと旅立つ。 一方、小籐次不在の江戸では、ヒマを持て余した空蔵が久慈屋をけしかけ、手代の国三が小籐次と駿太郎の紙人形を制作する。国三は見事な研ぎ仕事姿の人形を作り上げ...
  • 旅仕舞 新・酔いどれ小籐次(十四)
    文政8年冬。小籐次一家は、おしんの従妹のお鈴を伴って丹波篠山から江戸へと戻った。小籐次は不在の間にたまった界隈の研ぎ仕事に精を出す。 そんな折、十一代将軍家斉の念願だった日光社参が延期になった。凶作で治安が乱れたためだが、例幣使街道で凶悪な押込みを働いた杉宮の辰麿一味が江戸に潜り込んだとの情報が、秀次親分からもたらされた。そしてその探索に協力してほしいと小籐次にいう。 その直...
  • 鑓騒ぎ 新・酔いどれ小籐次(十五)
    文政9年正月。今年こそは平穏な日々を送りたいと願い、 家族と穏やかな元旦を過ごしていた小籐次のもとに、森藩の近習頭・池端が訪ねてくる。 旧主・久留島通嘉が床に伏せって、新年の登場を拒んでいるという。 この窮状を救って欲しいと懇願され、旧主を見舞った小籐次は、 通嘉が何者かから「初登場の折、森藩の御鑓先を頂戴する」と脅されていた ことを知る―― 初老の小籐次が江戸中の人気者となった原...
  • 酒合戦 新・酔いどれ小籐次(十六)
    十三歳にして剣術に優れ、研ぎ仕事の腕も上げた駿太郎。 父・小籐次の願いを受けてアサリ河岸の桃井道場に入門し、年少組で稽古に励む。 一方、肥前タイ捨流の修行者に勝負を挑まれた小籐次は、 来島水軍流の一手を鋭く繰り出し堀に沈めてみせる。 ついに完成した、おりょうの「鼠草紙」を披露するため 招かれた江戸城の花見では、今度は大奥上臈との酒合戦に引っ張り出される 小籐次。大酒に酔った小籐次...
  • 鼠異聞 上 新・酔いどれ小籐次(十七)
    近頃の江戸では、何者かか貧しい長屋に金を配る「小銭なげこみ事件」が頻発していた。 そんな折、小籐次に名刀を預けにきた謎の青年の正体はいったい? 久慈屋では、高尾山薬王院へお札用の紙を納める旅に小籐次の同行を願う。 息子の駿太郎、道場仲間の少年たち6人も見聞を広めるため高尾山行きに参加することになり、総勢24人の一行は高井戸宿、府中宿と進む。しかし久慈屋の紙に隠されたある物を奪おう...
  • 鼠異聞 下 新・酔いどれ小籐次(十八)
    近頃の江戸では、何者かか貧しい長屋に金を配る「小銭なげこみ事件」が頻発していた。 そんな折、小籐次に名刀を預けにきた謎の青年の正体はいったい? 久慈屋では、高尾山薬王院へお札用の紙を納める旅に小籐次の同行を願う。 息子の駿太郎、道場仲間の少年たち6人も見聞を広めるため高尾山行きに参加することになり、総勢24人の一行は高井戸宿、府中宿と進む。しかし久慈屋の紙に隠されたある物を奪おう...
  • 青田波 新・酔いどれ小籐次(十九)
    小籐次の知恵が盲目の姫を救う!? 累計800万部の大人気シリーズ! 高尾から戻った小籐次のもとに、人生の一大事に助けを求める人が集まる。最大の難関は、盲目の姫のピンチだが。
  • 三つ巴 新・酔いどれ小籐次(二十)
    商いする大切な舟が古くなり水漏れしてしまったが、新しい舟を作る金の工面に頭が痛い小籐次。舟づくりの名人・「蛙の親方」こと亀吉親方に相談するうち、親方が思い出したのは、かつて小籐次が助けた花火師親子のこと… 人の縁と心意気が繋がって新造された小籐次の舟「研ぎ舟蛙丸」が、江戸の人々を大いに沸かせる! そんな中、雑な盗みを重ねていた「ニセ鼠小僧」が、ついに人を殺め―― 元祖鼠小僧・奉行...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています