私は赤ちゃん

私は赤ちゃん

作者名 :
通常価格 858円 (780円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

はじめての赤ちゃん。待ちに待った誕生。しかし、新米の母親父親にとって子育ては不安の連続でもある。授乳のしかた、衣服の調節、夜泣き、離乳、加えて下痢や発熱、ひきつけなど赤ちゃんの病気も多い。ゆったりした楽しい気持ですこやかな赤ちゃんを育てるために、家庭は、社会はどうあってほしいかを、赤ちゃんの目を通して考える。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
暮らし・健康・美容 / 出産・子育て
出版社
岩波書店
掲載誌・レーベル
岩波新書
ページ数
202ページ
電子版発売日
2020年06月25日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
19MB

私は赤ちゃん のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年08月16日

    赤ちゃん目線で描かれる痛快なエッセイ風の読み物。肩の力を抜いて子育てできそう。思わずクスッと笑ってしまう短編集。育児の合間にストレスなく読める。

    古本でプレゼントして頂いた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年05月23日

    「えっ こんな時 どうしたらいいの?」
    「あーっ もう どうしよう」

    初めて母になる若いお母さん
    その横にいらっしゃる若いお父さん
    その他
    赤ちゃんを初めて身近にされる人たちに
    ぜひ 手に取っていただきたい
    一冊

    どんな時代でも
    どんな国でも
    赤ちゃんは産まれてきた
    そして
    そこで育っていく
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年08月04日

    もちろん情報が古いことは多々ありますが
    育児書としてすばらしい傑作です。
    今まで読んだ中でベスト3には入ります。

    言葉づかいがほのぼのとするし
    いわさきちひろさんの挿絵も見事。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年05月27日

    赤ちゃんを一人称とする斬新な視点の育児書。1960年初版とは思えない切り口で楽しく読むことができた。会社通勤の行き帰りに読んでいたが、早く帰って我が子に会いたくなった。。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年09月21日

    1960年発売でも、新米ママには共感、助け、勉強になりました。育児の普遍的な部分を書いてあるのかも。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年09月12日

    新生児〜乳児の目線で両親との生活を描いた、エッセイ風にまとまった実用書。著者はベテラン小児科医で、全体的に安定感があります。
    初版が1960年という事で、今読むと当時の生活自体が興味深く感じられました。子供からの苦痛や不快感の訴えには細心の注意を払い、でもあまり干渉し過ぎないように、というスタンスに...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年02月02日

    赤ちゃんの立場から、書かれた育児書のような本です。
    「私はおととい生まれた」という始まりだけでも、面白いので買ってみました。
    挿絵は、いわさきちひろさんの線画で、とっても上品です。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年12月23日

    最近出版された本ではないけれど、内容は新鮮。赤ちゃんの視線に立った子育て論を簡易な表現と短い分量でテーマごとにまとめてある。いわさきちひろの挿絵もいい。
    私は2歳、も読んでみた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    古い本ですが、乳児を育てている全ての人に
    プレゼントしたいくらいの良本。
    育児に行き詰っている人には特におすすめします。
    私が今まで読んだ育児本の中で
    一番手元に置いておきたいと思える本です。

    時代は変わっても親と赤ちゃんの本質は変わらないのですね。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年08月07日

    50年前も今も子どもの育ち方に違いはないということが分かる。
    変わったのは,大人たちの生活と環境。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています