幻惑の死と使途 ILLUSION ACTS LIKE MAGIC

幻惑の死と使途 ILLUSION ACTS LIKE MAGIC

作者名 :
通常価格 990円 (900円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

「諸君が、一度でも私の名を呼べば、どんな密室からも抜け出してみせよう」いかなる状況からも奇跡の脱出を果たす天才奇術師・有里匠幻が衆人環視のショーの最中に殺された。しかも遺体は、霊柩車から消失。これは匠幻最後の脱出か? 幾重にも重なる謎に秘められた真実を犀川・西之園の理系師弟が解明する。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ミステリー
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社文庫
ページ数
584ページ
電子版発売日
2011年07月08日
紙の本の発売
2000年11月
サイズ(目安)
1MB

関連タグ:

幻惑の死と使途 ILLUSION ACTS LIKE MAGIC のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2021年02月05日

    シリーズ中一番難しく感じました。

    トリックとかではなく、犀川先生の考え方が。

    『すべてのものに名前がある』

    「名詞は言葉の中で格段に高レベルな概念なんだ」

    そこで頭をよぎったのは
    「命につく名前を“心”と呼ぶ」
    というフレーズ。

    ものごとの概念って難しいですね。

    あと。

    「綺麗という形...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月02日

    すべてがFになるを読み終わったその日からこのシリーズにどハマりしました。
    週一ペースで読み漁っていますが、今のところ一番好きなストーリーとトリックでしたので記録します!
    伏線の置き方も、次につながる注釈も、主人公二人のやりとりも、すべてキュンとします。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年08月29日

    今のところS&Mシリーズではこれが一番好き。
    というかこれが一番面白い。
    西之園萌絵ちゃんの活躍ががっつり堪能できる一冊。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年10月06日

    今回はマジックの世界が舞台となっている。劇中に登場する脱出系の大がかりなマジックなどは昔TVで見たことがあったが、種が詳しく説明されていて「そうなっているのか」と楽しめた。この「S&Mシリーズ」は「すべてがFになる」が最も有名だが、シリーズを読み進むほどにキャラクターの成長や人間関係の変化な...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月28日

    相変わらず鮮やか。でもちょっとずるいなとも思う。
    この時点でmixiやTwitterの登場の予想と、それらのもたらすコミュニケーションの弊害について書かれているのがおもしろい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年05月31日

    面白かったーー!!これ!前のもだけど、本当に!何も!覚えてなかった!
    犯人が分かるところで、当たり前のようにびっくりしちゃった。高校生の時何読んでたんだろう…大まかなあらすじしか覚えてない…。
    これも、犀川先生と萌絵ちゃんの関係が面白くていいなあ〜!やりとりを読んでいて本当に楽しい。
    引田天功の解説...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年01月21日

    再読。すっかり内容を忘れていて読んでいる途中でも思い出せなかった。そういえばこれにGシリーズに出てくる加部谷恵美ちゃんが出てたんだねぇ。今作はトリックよりもその犯罪にいたるための動機が一番不可解だったが犀川先生の解説によって納得できる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年10月24日

    森博嗣さんのS&Mシリーズ6作目。

    だいぶ前に読んだこのシリーズを最近再読しています。
    内容全く覚えてないんですよねー。。また楽しめるからいいけど♪

    今回はマジシャンの脱出に絡んだ殺人事件。
    どの事件も大勢の人の目前で起こります。

    トリックは明かされてみればシンプル。
    でも、シンプルな...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年05月02日

    S&Mシリーズの6冊目。脱出マジック中の殺人事件の謎を解く。

    【あらすじ】
    著名なマジシャンの有里匠幻が脱出マジック中に刺殺された。会場には犀川や西之園を含む多数の観客がいたが、確証となる手掛かりは中々発見されない。そして彼の葬儀で驚くべき展開を見せる。

    【感想】
    マジックを題材...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年10月23日

    S&Mシリーズ折り返しとなる6作目。
    そして、次作「夏のレプリカ」と対になり、奇数章のみの構成。さらに、全て「奇」から始まるタイトル。


    第1章 :奇趣の予感
    第3章 :奇絶の舞台
    第5章 :奇怪な消失
    第7章 :奇想の舞台裏
    第9章 :奇巧の仮説
    第11章:奇瑞の幕間
    第12章...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

幻惑の死と使途 ILLUSION ACTS LIKE MAGIC に関連する特集・キャンペーン