宮廷のまじない師 白妃、後宮の闇夜に舞う

宮廷のまじない師 白妃、後宮の闇夜に舞う

作者名 :
通常価格 748円 (680円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

白髪と赤い瞳の外見から鬼子と蔑まれてきた、まじない師・珠華。 皇帝陛下からの依頼を受け、偽りの妃として後宮へ――。 彼自身にかけられた呪いと、宮廷で起きた怪異事件の謎を解くために、愛憎渦巻く闇へと足を踏み入れる……!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
ポプラ社
掲載誌・レーベル
ポプラ文庫ピュアフル
ページ数
266ページ
電子版発売日
2020年05月01日
紙の本の発売
2020年05月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

宮廷のまじない師 白妃、後宮の闇夜に舞う のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません
    購入済み

    kazumi 2020年05月14日

    この話、一冊で終わりませんよね?
    シリーズ化しますよね?
    今まで中華風な話は苦手だったけれど、そんなことはすっかり忘れて楽しめました!!
    続編が待ち遠しいです。
    わたしの幸せな結婚もおすすめですが、こちらもぜひ一読して欲しいです。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    続編は?

    UTA 2021年04月20日

    〝わたしの幸せな結婚〟が面白かったので作者買いしましたが、この作品も展開が面白くサクサク読めました!
    伏線も引いてありますし、続編を期待してますが出ますよね?

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    続きが楽しみです

    ぬぅ〜 2020年12月07日

    「わたしの幸せな結婚」の作家さんなので、期待して購入しました。
    やっぱり間違いないですね。一気読みです!
    コンプレックスのあるヒロインですが、前向きで明るくて、立ち止まるような場面も応援しちゃいます。
    どんな問題をこれから解決していくのか、タイトル通りに舞ってくれるのかこれからも楽しみです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年07月26日

     アルビノの容姿で親に捨てられ、街のまじない師に育てられた珠華。ある日呪いを解く方法を探しに来た皇帝の目に留まり、後宮へ入る事になり…

     呪いもそうだけど、後宮の女達の足の引っ張り合いがえげつない。アルビノの容姿だけど、珠華を個人として見てくれる皇帝の白焔との信頼関係も少しずつ近づいてきてるのが良...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    面白くて2回読み直しました!

    花花 2020年07月16日

    私の幸せな結婚を漫画で読み、続きが読みたいと思っていたらノベルで出ている事を知り購入。読み切ってしまい、同じ作者さん此方を購入。
    面白いです。2度読み返してしまった位。後宮、時代物、魔法とか好きだったのかと・・・自分を発見しました!!
    1日も早い続編を心待ちにしています。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    ヤバイ!めちゃめちゃ面白かった

    けろ 2020年07月03日

    「私の幸せな結婚」から、気になり......。設定にどハマりしました。兎に角面白いです。一気読みしました。早く続きをお願いします。出来たら漫画ver.も読みたい!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年05月10日

    中国の後宮もの、しかも主人公がまじない師とか、もう設定が超好みだし、ジャケのイラストもめちゃくちゃ綺麗だしで、即買いでした! 実は『わたしの幸せな結婚』も気になっているんだよね……(とりあえずコミカライズ版を読んでいる)。

    うーん、これは……一作で終わるのはあり得ないというか、絶対に続編出してもら...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    物足りない感じが…

    ジャスミン 2020年12月06日

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年01月05日

    わたしのしあわせな結婚の作者が書く、中華風ファンタジー。
    城下町でまじない師よ の弟子として暮らす主人公の所に
    持ち込まれた相談は皇帝にかけられた呪いを解いて欲しいという
    ものだった。
    読みやすく、どこかで読んだような良くあるお話ではあるものの
    軽くておもしろかった。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2020年05月15日

    皇帝にかけられた呪いの解呪に後宮内で起こっている怪異の解決。
    それを期間限定の偽装婚とは言え妃として後宮に入れば、他の妃からの嫉妬は必至。
    白髪に赤い目、見た目でも十分に忌み嫌われているというのに、主人公に降りかかった試練は非常に困難で重い。
    何重苦だこれ。
    皇帝が自信家で有能(の筈)その割に彼女の...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています