有閑貴族エリオットの幽雅な事件簿

有閑貴族エリオットの幽雅な事件簿

作者名 :
通常価格 682円 (620円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

社交界で浮名を流し、風雅と博物学を愛する有閑貴族エリオットには、もう一つの通り名があった。それは幽霊男爵――。沈黙の交霊会、ミイラの呪い、天井桟敷の天使……。オカルト事件に目がないエリオットの元に舞い込む不可解な事件。だが「謎」から闇を拭うと隠された想いと切ない事情が見えてくる。幽霊男爵が美貌の助手コニーを従え、インチキ霊能者に挑む!【目次】1 交霊会と消えた婚約指輪の謎/2 ミイラの呪いと骨の伝言/3 修道院の謎と愛の誓い/4 病める人々と癒やしの手/5 天井桟敷の天使たち

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社オレンジ文庫
ページ数
288ページ
電子版発売日
2020年04月24日
紙の本の発売
2020年04月
サイズ(目安)
1MB

有閑貴族エリオットの幽雅な事件簿 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2020年10月17日


    主人公のエリオットさんがとっても好みでした!
    短編が5つ、密接につながってるわけではないので平日に1話ずつ楽しませていただきました。

    時代に沿っていて〝いかにもありそうなオカルト〟っぽさが良かったです。どの事件もたいへん胡散臭い(褒めてます)。インチキ霊能者にどうやって立ち向かうんだろう…とワク...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    虚実の境

    あるる 2020年12月31日

    どこまでが現実なのか、それともそんな全てが現実ということか。英国の時代の香りも漂って何とも美しくもまがまがしい。幽霊が普通に間近で話したり事件解決に関わってきて、周囲には見えているのかいないのか、読み返したらヒントがあるのかも。エリオットとコニーが現実世界で幸せに生きていくことってできないものなのか...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年05月19日

    学生のころからずっと好きで読んでいる作者さんの新刊。
    どうしようもなく救われてしまった瞬間、という描写がとても良かった。コニーが好きです。
    また、作者さんがSNSで「サクサクした文体を目指した」というようなことをおっしゃっていたけれども、その「サクサク」具合もとても心地よかった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年03月20日

    十九世紀後半のロンドンを舞台に美少年バディが、オカルト絡みの事件に首を突っ込んでいくライト・ミステリの連作。受けそうな要素はてんこ盛りなので、あとはディテール次第だが、作者さんはこの時代のことをよく勉強しているみたいだし、キャラも魅力的、事の真相も程よくひねりが効いてる。当時の女性の地位とかの社会問...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年01月02日

    幽霊っているのかな?
    もしいたら、みえた方がいい。
    だって、そうしたら、もう会えない、話せないって思ってる人と、また会える。また話せる。。

    エリオットとコニーの絆が深い。
    最後の章で、自尊心かあ。と想いに耽った。
    まだまだ謎が多くて、続編に期待。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年05月05日

    幽霊男爵エリオットがとにかくいい…。煙に巻くような余裕ある物言いが魅力だけれど、彼のその言葉には嘘がない。ただひたすらに優しい。そして、どこかかなしい。1話目と4話目が特に好きだったな…最終話のコニーもいいな。最後まで楽しく彼らの会話を心地よく感じながら読み終わった。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2020年04月20日

    一見紳士で、貴族の嗜みが見えるが、ひとたび幽霊やオカルトめいた話となると少年の様にふるまったりするエリオットが可愛い。幽霊によって助けられた少年は、人間と幽霊の色々な面を見たうえで、誰かを「助ける」ということに燃えている。外見はクールだが、中にはやさしさと義憤が詰まっている親しみの持てる男で大好き。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2020年05月04日

    エリオットが幽霊を生きている人間と同じように見えている(要は区別が付かない)という点が様々な事件でより面白みを持たせてくれたなという印象。
    お陰で驚かされること多数。
    え、死者だったんかい! という。
    でも怖いのは生きている人間の方。
    事件を起こすのも、狂気に陥るのもいつだって生きている人間の方。
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

有閑貴族エリオットの幽雅な事件簿 のシリーズ作品 1~2巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~2件目 / 2件
  • 有閑貴族エリオットの幽雅な事件簿
    社交界で浮名を流し、風雅と博物学を愛する有閑貴族エリオットには、もう一つの通り名があった。それは幽霊男爵――。沈黙の交霊会、ミイラの呪い、天井桟敷の天使……。オカルト事件に目がないエリオットの元に舞い込む不可解な事件。だが「謎」から闇を拭うと隠された想いと切ない事情が見えてくる。幽霊男爵が美貌の助手コニーを従え、インチキ霊能者に挑む!【目次】1 交霊会と消えた婚約指輪の謎/2 ミ...
  • 有閑貴族エリオットの幽雅な事件簿 2
    ヴィクトリア朝ロンドンで知らぬ人はいない心霊マニア、その名も“幽霊男爵”エリオット。今夜も死者のベルに誘われて墓地に足を踏み入れるのだが、そこにいたのは10年前にエリオットが恋した女性で……。幽霊男爵のもとにもクリスマスはやってくる。過去という名の亡霊を連れて――。若き日のエリオットと助手コニーに迫る、ゴシック・ミステリー待望の第2弾!!

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています