嵐の前の静けさ どくだみちゃんとふしばな4
  • 最新刊

嵐の前の静けさ どくだみちゃんとふしばな4

作者名 :
通常価格 658円 (599円+税)
紙の本 [参考] 693円 (税込)
獲得ポイント

3pt

-
    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

「経営者とは、部下を鼓舞して良さを発揮させつつ、自分はその数千倍働きたい人」「人と人がいる。お互いを好きになる。だから少しずつ歩み寄る。ふたりで空間を創る。それが順番」。事務所を経営してわかったこと、恋愛の自然の法則――。悩み解決のヒントを得られ、自分で人生の舵を取る自信が湧いてくる。幸せをよびこむ名エッセイ。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
エッセイ・紀行 / エッセイ
出版社
幻冬舎
掲載誌・レーベル
幻冬舎文庫
電子版発売日
2020年05月19日
紙の本の発売
2020年05月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
49MB

嵐の前の静けさ どくだみちゃんとふしばな4 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

レビューがありません。

どくだみちゃんとふしばな のシリーズ作品 1~4巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~4件目 / 4件
  • すべての始まり どくだみちゃんとふしばな1
    同窓会での歯に衣着せぬ会話で確信する自分 のルーツ、毎夏通う土肥の海のヒーリング効 果、山形のこけし師匠のどくだみ茶健康法、 父の最後の切なくて、良いうそ……。世界的 作家である著者が自分の人生を実験台に、日 常の違和感や心の動きを観察してわかったこ と。忙しなくて泣けることが多い人生を、自 由に、笑って生き抜くヒントが満載。
  • 忘れたふり どくだみちゃんとふしばな2
    「子どもは未来だから」――街を小さい子と 一緒に歩いていると、必ず声をかけてくれる 台湾の人々。スペインの安い居酒屋で出てき た、生ハムとカヴァに感じる店員の矜持。バ リ島で見た怖い夢に現れた、聖獣バロンにつ いて。世界の不思議と豊かさを味わえて、目 の前にある物や人がいっそう大切に感じられ るようになる、哲学的エッセイ。
  • お別れの色 どくだみちゃんとふしばな3
    「今日はなにを食べようか」。季節や家族の体調次第でいい塩梅のご飯をこしらえる。死が迫った十三歳の愛犬のためにふかふかのベッドを買う。一時間で消費されてしまうかもしれない小説を、何年間もかけて書き続ける……。作家のさりげない日常のワンシーンが私たちの心を整えてくれる。力まずに、唯一無二の自分を生きる極意が満載の一冊。
  • 嵐の前の静けさ どくだみちゃんとふしばな4
    「経営者とは、部下を鼓舞して良さを発揮させつつ、自分はその数千倍働きたい人」「人と人がいる。お互いを好きになる。だから少しずつ歩み寄る。ふたりで空間を創る。それが順番」。事務所を経営してわかったこと、恋愛の自然の法則――。悩み解決のヒントを得られ、自分で人生の舵を取る自信が湧いてくる。幸せをよびこむ名エッセイ。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています