ご用命とあらば、ゆりかごからお墓まで 万両百貨店外商部奇譚

ご用命とあらば、ゆりかごからお墓まで 万両百貨店外商部奇譚

作者名 :
通常価格 700円 (637円+税)
紙の本 [参考] 737円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

ここは万両百貨店外商部。お客様のご用命と
あらば、何でも(殺人以外)承るのが外商の仕
事。今日も「激レア犬を飼いたい」「娘を就職
させて」「愛人と妻が鉢合わせしないマンショ
ンを」と無理難題が舞い込んでくる。ある日、
顧客の物件探し中の根津は、無理心中した家
族の噂を耳にするが、事件の陰に何故かトッ
プ外商・大塚佐恵子が――。お仕事イヤミス!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
幻冬舎
掲載誌・レーベル
幻冬舎文庫
電子版発売日
2020年04月08日
紙の本の発売
2020年04月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
6MB

ご用命とあらば、ゆりかごからお墓まで 万両百貨店外商部奇譚 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年11月08日

    いつもの連作短編形式。
    あいかわらずおもしろい。前半の短編の、何も関係なさそうなことが後半の短編に関わってくるとニヤってなる。
    最後の2行は入れ替えたほうがいいのでは。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年08月03日

    真梨幸子さんの「ご用命とあらば、ゆりかごからお墓まで」を読む。
    イヤミスの女王と呼ばれているらしいですね。イヤミス?何?と思いましたが、なるほど、読んだ後にイヤな後味が残るミステリーね。
    8話のストーリーが、小さなカケラが後々繋がっていて、最初は楽しそうな話だったのに最後...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年04月26日

    真梨幸子『ご用命とあらば、ゆりかごからお墓まで 万両百貨店外商部奇譚』幻冬舎文庫。

    コメディのスパイスが効いたイヤミス。昔の真梨幸子の純粋なイヤミスの方が好みかな。

    万両百貨店外商部に持ち込まれる様々なお客様からのご用命とトラブルは一つの大きな事件につながっていく。連作短編かと思ったら、一つの物...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年04月19日

    最後の最後は、作者との心理戦になる。こう思わせたいんだろうと思って読んでいくと、最後にひっくり返される。
    これこそ自分の頭の中の想像力でしか見えないという、活字の面白さであって、映像化できない部分だろう。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています