はしたかの鈴 法師陰陽師異聞

はしたかの鈴 法師陰陽師異聞

作者名 :
通常価格 649円 (590円+税)
紙の本 [参考] 704円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

死の匂いに満ちている平安京。陰陽師寮に属さない法師陰陽師・芦屋道満と狩衣に指貫姿の鷂。彼女はすべてを記憶する特殊な力を持っていた。ある日検非違使に絡まれた美しい女を助けると、彼女は行方が分からない夫を探しているという。不穏なものを感じ真相を調べることに──。さらに、時が狂うという摩訶不思議な事件、安倍晴明との邂逅、謎の白き蝶紋に苛まれる道満の過去。謎解き平安京、開幕!!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社文庫
ページ数
296ページ
電子版発売日
2020年02月14日
紙の本の発売
2019年12月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

はしたかの鈴 法師陰陽師異聞 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年06月27日

    解説によると著者はやはり女性のかたらしい。
    芦屋道満のキャラクターが良かった。今まで読んだものだと芦屋道満どれも悪役だったのがイケメンっぽい造形。
    最後までファンタジーじゃなくミステリー仕立てなのも良かった。
    昔の物の読み方が覚えられない。全部ふりがな振って欲しい。
    はなだもうすとか着物の名前とか、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年10月11日

    Tさんのおすすめ。

    怪異を信じぬ陰陽師、芦屋道満。
    一目ですべてを憶える少女を式神と偽り、
    平安京を連れ歩く。

    基本、安倍晴明の敵役として登場する芦屋道満を主人公としたのも、
    尋常ならぬ記憶力を持つ少女の存在も、
    情報蒐集で怪異を解決する手腕も面白かった。

    「放免」という存在、
    元罪人が異形を...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

集英社文庫 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング