キーパーズ 碧山動物園日誌

キーパーズ 碧山動物園日誌

作者名 :
通常価格 693円 (630円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

都内某所にある『碧山動物園』の飼育員を務める青年・鳥羽晴樹は悩んでいた。絶滅危惧種の肉食獣・アムールヒョウのガイア――。彼女を見るために幼い頃から動物園に通い詰め、その想いを胸に飼育員となった晴樹は、彼女の余命が僅かと知り、その死と、そしてその後の自分との向き合い方を見失っていたのだ。だがある日、悩む彼の前に不思議な少女が現れた。柵から逃げた暴れ馬をたちどころに落ち着かせ、知らないはずのその馬の名前まで言い当ててみせた彼女はなんと『動物の言葉が分かる』というが――? 動物たちと人の《いのち》の繋がりを描いた感動秘話。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
メディアワークス文庫
電子版発売日
2014年11月11日
サイズ(目安)
3MB

キーパーズ 碧山動物園日誌 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2014年01月05日

    アムールヒョウに魅せられた少年が大人になり、飼育員となる。
    しかし、そのアムールヒョウは余命僅かと知り、飼育員として動物との向き合い方を見失っていく。
    そんな中、動物と言葉がわかる少女と出会い、見つめなおしていく。

    表現力が高い作家さんはいいですね!
    インパクトこそないものの動物と人との心温まる話...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年12月12日

    動物園に通って通って、しっかりした取材ののもとに書かれたお話であることが伝わってくる。動物と人間との関わり、距離感をテーマにした点ももとても良いと思う。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年09月19日

    滅びゆこうとしているアムールヒョウという種と、それに魅せられ男の葛藤を軸に、動物との対話、動物園の意義について問題提起しています。かと言って難しいことはなく、きちんとエンターテインメントとして成立しているので、動物好きな人は読んでみるといいかも。動物園の裏側が見れるという意味では、似鳥鶏の楓ヶ丘動物...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年09月04日

    重いというわけではないけど、命と関わる話。改めてヒト以外の命について考えた。
    それにしても美奈川先生の描写力はすごいです。見たことある動物ならはっきり思い出せるし、見たことない動物は見たいと思わせられます。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年09月03日

    吹奏楽モノの「ドラフィル」の次は動物園モノで登場。アムールヒョウに魅せられ飼育員になった主人公と動物の声が聴ける不思議少女が織りなすヒューマンストーリーみたいな。

    ドラフィル一作目ほどのインパクトはないとはいえリーダビリティは抜群、いやあ今回もまた良いお話だったです。

    しかしこれ続編出るんだろう...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

メディアワークス文庫 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング