Shrink~精神科医ヨワイ~ 6
  • 最新刊

Shrink~精神科医ヨワイ~ 6

作者名 :
通常価格 627円 (570円+税)
紙の本 [参考] 660円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【ニコニコカドカワ祭り2021開催中】マンガ・書籍が50%OFF!人気作品がまるごと1巻無料で読める期間限定無料作品も要チェック★

作品内容

アルコール依存症、それは死と隣り合わせの病。「やめられないのは本人の意志の問題ではない」 酒による過ちを繰り返していた関根匠は弱井の言葉に心をかき乱される。一方、保健師・日向奏とともに重度のアルコール依存症にひとり苦しむ坂下道男の元を訪れた弱井は、彼が10年前に関係を絶った匠の父親であることを知る――。アルコール依存症編、堂々の完結!! 出産による生活と身体の変化が母親を追い詰める。男性も必読の新章・産後うつ編も開幕!!

カテゴリ
少年・青年マンガ
ジャンル
青年マンガ
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
グランドジャンプ
ページ数
212ページ
電子版発売日
2021年09月17日
紙の本の発売
2021年09月
サイズ(目安)
66MB

新刊オート購入

Shrink~精神科医ヨワイ~ 6 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

    購入済み

    リアルです

    ねこだいすきさん 2021年10月02日

    精神科領域で働いてます(病院、保健所勤務歴あり)が、けっこうリアルです。
    漫画としても毎回ストーリーが素晴らしい。
    もっと色んな人に読んでほしいですね。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    誰にでも起こりうる話

    ぽぽぽん 2021年09月20日

     アルコール依存性と、産後鬱のお話でした。核家族、仕事の都合等、環境が重要になるとのこと。誰にでも起こりうるのに、理解されず孤立してさらに悪化していく。
     自分で頑張って何とかして当たり前!他人に迷惑かけない!と追い詰める風潮が強いから、助けてと言えないせいもあるかもしれない。人を治すのは人。確か...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年09月19日

    アルコール依存症のエピソード、完結編につづき、産後うつのエピソード。コンパクトにエピソードがまとまっていて、比較的うまく治療が進むのだが、ピットフォール的な問題もバランス良く配置しているようで、おもしろく読める。啓発的な作品。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ購入済み

    依存症と産後の人は是非

    Kayo 2021年09月20日

    自分、やばいかも、と思ってる人は
    読んだ方がいい。
    なにをすべきかヒントが見つかるはず。

    産後うつの話は胸が苦しくなった。
    いまだに新生児の泣き声聞くと辛い。
    新生児の泣いてる声は
    一ミリも可愛いとは思えない。
    ただただ辛い。
    世の中にそういう風に苦しんでるお母さんが10~15%...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

Shrink~精神科医ヨワイ~ のシリーズ作品 1~6巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~6件目 / 6件
  • Shrink~精神科医ヨワイ~ 1
    【雑誌掲載時の著者カラー原画を収録したリマスター版!】パニック障害、うつ病、発達障害――。隠れ精神病大国と呼ばれる日本は、その名の通り、精神病患者の数自体は、アメリカ等と比べると少ない。その一方で、自殺率は先進国の中でも最悪レベル。悩んでいても“精神科は特別なところ”という思いこみが、人々の足を遠のかせてしまう…。精神科医・弱井は、そんな日本の現状を変えていき、一人でも多くの“心”を救うべく、こう願う――。「僕はこの国に、もっと精神病患者が増えればいいと思っています」
  • Shrink~精神科医ヨワイ~ 2
    【雑誌掲載時の著者カラー原画を収録したリマスター版!】発達障害の一種・自閉症スペクトラム障害の診断をくだされた才賀真美。周囲に馴染めず、なぜかいつも同僚を怒らせてしまい、生きづらさを感じ続けていた彼女に必要なこととは? 「タフだから大丈夫!」20連勤の激務も平然とこなす体力自慢の谷山玄が、ふと感じた不調。無意識のストレスによる“うつ状態”だと言われるが、薬を飲むほど感情の起伏が激しく不安定になっていく。彼の真の病…そして、病の奥に隠された真の姿とは? 精神科医・弱井が、人々の心の迷宮を優しく解き明かす――!!
  • Shrink~精神科医ヨワイ~ 3
    【雑誌掲載時の著者カラー原画を収録したリマスター版!】精神科医がもっとも非力さを感じるとも言われる病・摂食障害。声優の青木佳鈴は、自らを太りすぎていると感じ、いつも過剰にカロリーを気にしていた。しかしストレスを感じるとつい食べ過ぎてしまい、その後に吐くという悪循環の毎日。さらに仕事相手からはハラスメントも受け追い詰められてゆく彼女に、友人として寄り添おうとする看護師・雨宮だが? 消せないトラウマに苦しむ青年を描くPTSD編も収録――!!
  • Shrink~精神科医ヨワイ~ 4
    被災者の「心」の復興を。度重なるパニック発作や不眠の症状で苦しむ青年・冬室涼。彼の出身地は、福島県 相馬市だった。歳月を経ても、3・11――東日本大震災の傷は癒えぬまま、彼の心を侵食し続けていた。他者と分かち合えないトラウマからの回復を描く震災PTSD編、感動の完結!! さらに、奔放な異性関係や自傷行為で周囲を翻弄するバー店員を描くパーソナリティー障害編、開幕――!!
  • Shrink~精神科医ヨワイ~ 5
    自分がどういう人間なのか確信が持てない不安から、常に虚しさと焦燥感を抱え、他人や自身を傷つけてしまうパーソナリティー障害。その診断を受けた小山内風花は、弱井の冷静な対応に苛立ち別のクリニックに通い始める。新しい医師の対応はまさしく彼女の求めていたもののように思えたが? 精神医療最大のタブーにも迫る!! 休日のクリニックの面々を描く番外編や新章・アルコール依存症編も収録!!
  • Shrink~精神科医ヨワイ~ 6
    アルコール依存症、それは死と隣り合わせの病。「やめられないのは本人の意志の問題ではない」 酒による過ちを繰り返していた関根匠は弱井の言葉に心をかき乱される。一方、保健師・日向奏とともに重度のアルコール依存症にひとり苦しむ坂下道男の元を訪れた弱井は、彼が10年前に関係を絶った匠の父親であることを知る――。アルコール依存症編、堂々の完結!! 出産による生活と身体の変化が母親を追い詰める。男性も必読の新章・産後うつ編も開幕!!

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

Shrink~精神科医ヨワイ~ に関連する記事