本バスめぐりん。

本バスめぐりん。

作者名 :
通常価格 689円 (627円+税)
紙の本 [参考] 726円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

種川市の移動図書館、「本バスめぐりん」に乗り込むのは、六十五歳の新人運転手テルさんと図書館司書ウメちゃん、年の差四十のでこぼこコンビだ。返却本に挟まれた忘れ物や秘密を抱えた常連の利用者……。巡回先でめぐりん号とふたりを待ち受けるのはいくつもの不思議な謎?! 3000冊の本でつながる思いを載せて、移動図書館は今日も走る。書店員、編集者、記者などを主人公に「本の現場」を描く著者の新たな舞台は、本を届ける図書館バス! ハートフル・ミステリ全5編。/解説=森谷明子

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ミステリー
出版社
東京創元社
掲載誌・レーベル
創元推理文庫
ページ数
286ページ
電子版発売日
2019年11月01日
紙の本の発売
2019年10月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

本バスめぐりん。 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年12月10日

    ぎゅっと胸が痛くなる、静かに涙が溢れてくる…。大げさなことは無いけれど、読んでいると確かに心と身体が動かされる。
    大崎さんの小説のそんなところが好きです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年12月21日

    謎解きってほどのこともないような出来事。
    普段はあまり深く考えないようなことだけどやはりそれらにはきちんと理由がある。
    理由を知ることによってつながりが深くなっていく。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2019年12月23日

    大崎梢氏の本を巡るストーリー。
    もうそれだけで嬉しくなって表紙買い(笑)

    さらさらと書かれたように見えてしまう文章なのに
    ひとつひとつのエピソードが考え抜かれた展開で
    必ず素敵な結末を迎えている。

    テルさんが少しうらやましいのは
    あと3年で教員生活も一区切りを迎える私が
    学校ではないどこかで、教...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています