花や今宵の

花や今宵の

作者名 :
通常価格 737円 (670円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

ぐぅーん、ぐぅーん、ぐぅーん。不思議な音で鳴る山「しんの」では、松がぐねぐねとねじ曲がり、季節外れの桜が咲き乱れる。小学四年生の河守亜菜はこの山で突然姿を消した。彼女にいったい何があったのか。大人になって東京で暮らす元同級生のぼくは、しんのがまた鳴っているということを知り、集落に帰ってくる。明日から今までとは全然違う人生が始まってしまうかもしれない、という思いを胸に。昨日と今日と明日がつながっているなんて、誰にも言えない。多様なジャンルを横断しつつ、そのすべてに印象深い物語を刻み込み続ける著者が放つ、少年小説であり、恋愛小説であり、奇妙な味のクロスオーバー。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社文庫
ページ数
308ページ
電子版発売日
2019年10月16日
紙の本の発売
2019年10月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

花や今宵の のユーザーレビュー

    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2019年12月20日

    過去と現在と、いろいろな未来と、
    時間が異なるつなぎ目も読みやすく
    歴史あり、少しの物理学あり、とても面白く印象にのこる1冊でした。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています