孤篷のひと

孤篷のひと

作者名 :
通常価格 792円 (720円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

千利休、古田織部、徳川家康、伊達政宗――。当代一の傑物たちと渡り合い、天下泰平の茶を目指した茶人・小堀遠州の静かなる情熱、そして到達した"ひとの生きる道"とは。あたたかな感動を呼ぶ歴史小説!

ジャンル
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川文庫
電子版発売日
2019年08月23日
紙の本の発売
2019年08月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
3MB

孤篷のひと のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年01月28日

    茶人であり武人であった小堀遠州を取り巻く人々と関わりを描いた短編集。
    淡々と語られる内容に、気持ちが落ち着きます。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2019年09月13日

    作事奉行としての造園家・小堀遠州は知っていたが、利休~織部と続く茶道を受け継ぎ、「天下一」の茶人として名を成したというのは、恥ずかしながら知らなかった。
    主人公が晩年に、茶席で過去を振り返りながら、何らかの影響や強烈な印象を受けた人物を語る形で描かれる。

    それぞれの人物を語る各章の小見出しは、「茶...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています