死体埋め部の悔恨と青春

死体埋め部の悔恨と青春

作者名 :
通常価格 715円 (650円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

秘密裏に“案件”を請け負う先輩と巻き込まれ型の後輩が奇妙な死体の謎に挑む。

英知大学に入学したばかりの祝部は、飲み会の帰りに暴漢に襲われた末、誤って相手を殺してしまう。途方に暮れた祝部を救ってくれたのは、同じ大学の先輩だという織賀だった。しかし死体の始末を申し出てくれた織賀の車には、すでに別の死体が乗っており、祝部は秘密裏に死体の処理を請け負っている織賀の手伝いをする羽目に。そのうえ、織賀が運ぶ“奇妙な死体”がなぜそんな風に死んだのか、織賀を相手に推理を披露させられることになるのだが…。
繰り返される『死体遺棄』の末に祝部と織賀を待ち受けるものはいったい何か――。気鋭の作家が描く、異色の青春ミステリー。

ジャンル
出版社
新紀元社
掲載誌・レーベル
ポルタ文庫
ページ数
240ページ
電子版発売日
2019年08月16日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

死体埋め部の悔恨と青春 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年02月23日

    生物部という名の裏で人間の死体を埋める活動している部。死体を運ぶ間に、死体の不審な点から状況を推理する謎解き連作。先輩がかなりヤバイがすごく魅力的。不謹慎だけど面白い設定だった。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています