警視庁公安部・片野坂彰 動脈爆破
  • ptバック
  • 最新刊

警視庁公安部・片野坂彰 動脈爆破

作者名 :
通常価格 850円 (773円+税)
紙の本 [参考] 869円 (税込)
獲得ポイント

344pt

  • 40%ポイントバック

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

中国マフィアと中東過激派の悪の連携に挑む、片野坂彰ら警視庁公安部
日本の新動脈を守れ!

世界遺産カッパドキアで、日本人男女の誘拐事件が発生!
しかも一人は現役外務省職員だった。
警視庁公安部付・片野坂彰率いる精鋭チームの捜査から、中東・中国・韓国を結ぶ恐るべき悪の連携が浮かび上がる。
そして国家を危機に陥れる陰謀が明らかに!
狙われた日本の「動脈」とは?

片野坂彰のチームが活躍する、書下ろし公安シリーズ第二弾!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ミステリー
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
ページ数
416ページ
電子版発売日
2020年03月10日
紙の本の発売
2020年03月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

警視庁公安部・片野坂彰 動脈爆破 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年03月16日

    現実にテロの対象になっていてもまったく不思議はないし、そうなったら今のインフラで新幹線は確かに危うい。現実にならないことを祈るしかないのか。さらには宇宙を舞台にした戦争の示唆も、まるっきりの空想と言えない不気味さがある

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年09月24日

    1作目よりも面白かったと思う。

    白澤が
    公安として
    突っ込みどころ満載なのは、
    見習いという設定だから
    まぁ措いておくとしても、
    片野坂まで
    間抜けなことを…

    すごく優秀な人物を描きたかったら、
    作家さん自身が気を付けないと…

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年08月19日

    内容の濃い1冊だった。ここまでドンパチしたり、スパイ的行為をすることは少なかったので新鮮味があった。まさか辺野古問題は市民運動に奴等が入り込んでいるとは思わなかった。リニアの問題点についても勉強できて良かった。やはり日本にカジノはいらないな。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年08月10日

    シリーズ2作。発端は外務省職員の誘拐、狙われたのはリニアのトンネル…。警視庁公安部付・片野坂彰が国際的謀略を阻むべく八面六臂の大活躍! 国際情勢からグルメまで蘊蓄がためになる。相変わらず思想的偏りはあるけれど歯に衣着せない物言いはそれも痛快だ。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2020年03月24日

    警視庁公安部・片野坂彰シリーズ2作目。今回はシリアで日本人が誘拐される処から始る。例によって中韓マフィアが出てくるが、今回は中東の戦闘組織がからんでくる。リニア新幹線が狙われるのだが、主人公が「こんものいらん」と著者が言わせてるのが意外だった。今後は、誘拐された望月が外務省を退職して、警察外部団体辺...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

警視庁公安部・片野坂彰シリーズ のシリーズ作品 1~2巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~2件目 / 2件
  • 警視庁公安部・片野坂彰 国境の銃弾
    ptバック
    リアル公安小説の新シリーズ始動! この男、天才か、変人か? 若き国際派公安マンが日本を守る! 「この国に真の諜報組織をつくれ!」。 警視庁公安部長の密命を受けた、国際派の若きキャリア公安マン片野坂彰。 最強の先輩情報官と、音大出身で三か国語を操る女性捜査官を相棒に、特捜チームが始動する。 最初の事件は、国境を望む対馬。 一撃で三人を殺した黒幕は――。 大人気の青山望シリーズに続く...
  • 警視庁公安部・片野坂彰 動脈爆破
    ptバック
    中国マフィアと中東過激派の悪の連携に挑む、片野坂彰ら警視庁公安部 日本の新動脈を守れ! 世界遺産カッパドキアで、日本人男女の誘拐事件が発生! しかも一人は現役外務省職員だった。 警視庁公安部付・片野坂彰率いる精鋭チームの捜査から、中東・中国・韓国を結ぶ恐るべき悪の連携が浮かび上がる。 そして国家を危機に陥れる陰謀が明らかに! 狙われた日本の「動脈」とは? 片野坂彰のチームが活躍す...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています