明日、私は誰かのカノジョ 11
  • 最新刊

明日、私は誰かのカノジョ 11

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

17歳の誕生日
大人になりたくなくて
25歳までには死にたいと思った。

25歳の誕生日
このまま楽しく後悔しないまま
30歳で死にたいと願った。

30歳の誕生日
死ぬ時に後悔せずにいたい
明日死んでもいいように今を生きる
そう誓った。

そして今、死ぬこともできず生きる意味も見いだせないまま
私はここにいる。

第6章「What a Wonderful World」開幕――

カテゴリ
少年・青年マンガ
ジャンル
青年マンガ
出版社
小学館
掲載誌・レーベル
サイコミ
電子版発売日
2022年07月19日
サイズ(目安)
98MB
  • ドラマ化

    「明日、私は誰かのカノジョ」

    2022年4月12日~ MBS、TBS
    出演:吉川愛、横田真悠、齊藤なぎさ

新刊オート購入

書店員のおすすめ

みんな私の中身なんか知りもしないし興味もないくせに。

そんな空虚感を感じながらも、
一週間に一回、彼女は誰かの「彼女」になる。
そうして、都合のいい女を演じる。

「幸せな家庭」を手にすることができなかった雪。
将来に何の望みも抱けず、メイクで火傷の痕を消し、己を偽る事で生き延びてきた。
そんな彼女の選んだ仕事は「彼女代行」。

最初は雪の客として出会った壮太だったが、次第に雪に夢中になってしまう。
しかし、家族に愛されて育った壮太に対し、雪は分かり合えないという実感だけが強くなってゆく。

偽りの関係、偽りの存在から発生した想いもまた、偽りなのか。

人と人との関係と男女の恋愛感情。
必ずしも深い関係だけが良い訳ではない。
心の距離について考えさせられる、ダークではなくビターな物語。

明日、私は誰かのカノジョ 11 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

    購入済み

    テーマがリアル

    nico 2022年09月08日

    今まさに現実に起こっていそうな話に引き込まれます。
    ネット用語とかわからなくて、これどういう意味!?って調べたりして…勉強になります!
    そして新章はこれまた闇深そうで気になります。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    n. 2022年09月28日

    今回も面白かったです!
    現代にリアルにあるような
    問題がテーマになっているので、
    考えさせられる内容だし、
    それぞれしっかりキャラクターがあるのも良かったです。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    まいまーい 2022年07月31日

    今回も楽しみながら読ませていただきました。
    SNSで匂わせとか、個人の特定とか実際に起こりそうなことが内容にあり、とてもリアリティがありました。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    チョン 2022年07月22日

    正に現代の生きづらさが描かれてます。
    多様性の中での自分を見いだせずに足掻きもがき、時には流される主人公達の姿が胸を締め付けます。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    匿名 2022年09月22日

    新章が今までの章よりもさらに重たそうで、これからの展開が非常に気になりつつも、怖い気持ちもあります。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    ちょっとひく

    Nozominn 2022年09月02日

    作者にとって40代ってこんなにしわくちゃに見えるのか。。。エミーかわいそうだよ。。。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    最後が気になる

    mi3333333 2022年08月14日

    ネットの広告で流れてきてそこから全巻購入してます。1人の人間の闇の部分にスポットを当て物語が進んでいきますがそろそろ結末が見え隠れしてきてとても気になります。

    まさに現代の女性、男性が抱えてる裏の部分をドロドロではなく読めるのがとても楽しいです。
    絵もとても丁寧です。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    次の話はもしや

    ライム味 2022年07月23日

    配信者のカノジョ編終了。「伊織」のキャラが好きだった。次はまだどういう相手のカノジョなのかが出てきてないが、ニアミスしたスピリチュアル系の何かが関わってくるのだろうか。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ購入済み

    なんかわかる気がする。

    ちろり 2022年07月29日

    今時の話しですね。なんか本当にこんな話しがあるんだろーなーってってしみじみ。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ購入済み

    はあ、、

    2022年07月24日

    やっぱり隼斗と留奈は上手くいかなかったのか
    ザ・ハッピーエンドがないとこがリアル
    他の人の話になっても、前に出てきた人たちが
    出てくるのがおもしろい

    このレビューは参考になりましたか?

明日、私は誰かのカノジョ のシリーズ作品 1~11巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~11件目 / 11件
  • 明日、私は誰かのカノジョ 1
    「一週間に一回、私は【誰か】の彼女になる」 彼女代行として日々お金を稼ぐ女子大生と彼女に魅せられた男達の、恋愛のリアルを描くビターラブストーリー。第1巻は主人公の雪を偽の彼女としてレンタルした若きサラリーマン、壮太と雪の歪な恋愛模様を描く。あくまで客と彼らの理想の女を演じる代行彼女…二人の心の距離は果たして近づくのだろうか――
  • 明日、私は誰かのカノジョ 2
    「男なんて、みんな簡単」埋められない孤独を抱え、寂しさを男で紛らわす女子大生、リナ。彼女が求め、辿りつく先は一体…。『明日カノ』第2巻は女子大生のパパ活をテーマに、そのリアルかつ生々しすぎる描写で共感と賛否両論を巻き起こした現代の若者の男女事情を描く。金と男と心と友情、どれを選べば人は幸せにたどり着けるのか――答えを教えてくれる大人は、ここにはいない。
  • 明日、私は誰かのカノジョ 3
    「あたしがこの顔になるまで、何百万かかったと思ってんの?」  見た目に固執し、すべてを嘘で覆い隠すアラフォー女子、アヤナ。 美を求め老いに抗う彼女の孤独な戦いが始まる。 現代女子のリアルを緻密に描く大人気ビターラブストーリー『明日カノ』。 美醜や整形をテーマに置いた第3章『1mm』、開幕―― 見た目が良ければ幸せなのか、美しさは誰の為なのか。 アナタはこの物語にどんな答えを見出すだろうか。
  • 明日、私は誰かのカノジョ 4
    「可愛いって褒めてくれたこの顔だけど、本当は原型なんかとどめてない」 美醜に囚われ整形を繰り返すアラフォー女子、アヤナ。 次なる整形の費用を捻出するため、彼女が選んだ手段は客からの“裏引き”行為だった。 己の求めるものを手に入れるため、人はどこまで戦い続けられるのか。 美と醜、男と女、善と悪、理想と現実。 連載時多くの議論を呼んだ『明日カノ』第三章『1mm』、佳境――
  • 明日、私は誰かのカノジョ 5
    「女だから×××であるべきだなんて馬鹿馬鹿しい。私は違う」 ステータスは全て普通か並以下。 他人に話せる『物語』なんて悲劇も英雄譚も持ち合わせていない。 けど『自分』は持ってると語る女、萌。 偶然か運命か、そんな彼女の前に『普通』を変える天国の扉が現れた―― 夜の街、新宿を巡る純粋で醜悪な人間模様 『明日カノ』第四章『Knockin’on Heaven’s Door』開幕。
  • 明日、私は誰かのカノジョ 6
    「女らしさを見せつけられるたび、私の中の劣等感が刺激されてたまらない気持になる…」 夜の街で『ゆあ』と名乗る女子と出会い、流されるままホストクラブに足を踏み入れた萌。 この何気ない出会いと体験が、彼女と彼女の『自分らしさ』を熱狂と波乱の物語へと飲み込んでいく―― 人生の分岐点で現れる『扉』の数々。 その先が天国か地獄かは開けてみなければ分からない。 第四章、主人公はまだいない。
  • 明日、私は誰かのカノジョ 7
    「今まで味わったことない…こんな高揚感――」 気の合う仲間、自分を見てくれる優しい男たち、夜に煌めく光の渦。 新宿・歌舞伎町で新たな世界の扉を開いた萌は 美しく軽やかに、そして深く深く夜の街に染まっていった。 その優しさは誰のためか その犠牲は何のためか その愛は、本物か。 私が私でなくなる時、この街は最も輝きはじめる。
  • 明日、私は誰かのカノジョ 8
    「一番嫌いなモノ、田舎」 ゆあ 高校3年、春。 カブキに生き、『今』を生きる二十歳の女の子、ゆあの前日譚を描く番外編『Stairway to Heaven』開幕。 そして第四章「Knockin’on Heaven’s Door」、本巻にて完結。 今巻は加筆修正にくわえ、カバー裏にサイコミ連載時にイベントにて特別掲載された「萌とゆあの夏の日のif」イラストを収録する。
  • 明日、私は誰かのカノジョ 9
    「推しってなんだよマジウケる」 アナタが崇め奉るカレもカノジョもそのモノも、誰もアナタを見ていない。 推しと言う名に踊らされ、人生捧げて日々を狂わせ幸せだって思い込み、 カレやカノジョやモノやカネ、それこそ正義、ワタシの全てと疑わない。 ねぇ、それってなんていうか知ってる? 第5章『洗脳』、開幕。
  • 明日、私は誰かのカノジョ 10
    「こんなに推し事がんばってるのに!」 矮小な世界に閉じこもり植え付けられた価値観で判断し、大きな主語で自分を正当化する。 『尊い推し』が生み出した目に見えない怪物たちがいる。 ――アナタにとって推しってなんですか?
  • 明日、私は誰かのカノジョ 11
    17歳の誕生日 大人になりたくなくて 25歳までには死にたいと思った。 25歳の誕生日 このまま楽しく後悔しないまま 30歳で死にたいと願った。 30歳の誕生日 死ぬ時に後悔せずにいたい 明日死んでもいいように今を生きる そう誓った。 そして今、死ぬこともできず生きる意味も見いだせないまま 私はここにいる。 第6章「What a Wonderful World」開幕――

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

サイコミ の最新刊

無料で読める 青年マンガ

青年マンガ ランキング