旺華国後宮の薬師 2
  • 最新刊

旺華国後宮の薬師 2

作者名 :
通常価格 682円 (620円+税)
獲得ポイント

3pt

-
    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

皇帝・朱心から妙に気に入られ、専属のお薬係に着任。
さらに、官女から貴妃に昇格した英鈴。
ところが、後宮内にて最近『英鈴特製の安眠茶』が出回っているという噂が。
身に覚えがないのに、薬茶を飲んだ嬪が中毒症状を起こしたことで「毒を売りつけられた」と騒ぎになってしまう。
しかも、そのせいで皇帝のお薬係を解任されることに。
窮地に陥った英鈴は、身の潔白を証明するために後宮内を探り始める。
しかし、薬茶の正体を掴むと同時に、踏み込んではいけない『5人目の妃』の謎が絡んできて……?

ジャンル
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
富士見L文庫
電子版発売日
2020年02月15日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

旺華国後宮の薬師 2 のユーザーレビュー

レビューがありません。

旺華国後宮の薬師 のシリーズ作品 1~2巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~2件目 / 2件
  • 旺華国後宮の薬師
    682円(税込)
    『不苦の良薬』――苦くない、誰でも飲みやすい良薬こそ至高。 後宮の官女・英鈴は、そう志して女だてらに薬師を目指している。 ある日、後宮で薬茶を売り始めると、珍しい処方に興味を持った皇帝から呼び出される。 すると、「甘党の余のために、苦い薬を飲みやすくしてほしい」と、皇帝専属のお薬係に任命された。 処方を気に入られた喜びも束の間、妃に昇格すると言われてしまい……? 「私が目指しているの...
  • 旺華国後宮の薬師 2
    682円(税込)
    皇帝・朱心から妙に気に入られ、専属のお薬係に着任。 さらに、官女から貴妃に昇格した英鈴。 ところが、後宮内にて最近『英鈴特製の安眠茶』が出回っているという噂が。 身に覚えがないのに、薬茶を飲んだ嬪が中毒症状を起こしたことで「毒を売りつけられた」と騒ぎになってしまう。 しかも、そのせいで皇帝のお薬係を解任されることに。 窮地に陥った英鈴は、身の潔白を証明するために後宮内を探り始める...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています