社会を変えるには

社会を変えるには

作者名 :
通常価格 1,320円 (1,200円+税)
紙の本 [参考] 1,430円 (税込)
獲得ポイント

6pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

〈私はしばしば、「デモをやって何か変わるんですか?」と聞かれました。「デモより投票をしたほうがいいんじゃないですか」「政党を組織しないと力にならないんじゃないですか」「ただの自己満足じゃないですか」と言われたりしたこともあります。しかし、そもそも社会を変えるというのはどういうことでしょうか。〉(「はじめに」より)

いま日本でおきていることは、どういうことか? 社会を変えるというのは、どういうことなのか? 歴史的、社会構造的、思想的に考え、社会運動の新しい可能性を探る大型の論考です。

ジャンル
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社現代新書
ページ数
520ページ
電子版発売日
2019年07月17日
紙の本の発売
2012年08月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

社会を変えるには のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2018年06月14日

    ゼミの先生のイチオシだったので、読みました。

    関係にお金を代替するやり取りの中では幸福は感じられない。お金は幸福への手段であって、それが目的になったとき、幸福は遠ざかる。デモも同じで、目的を達成するための手段が、いつの間にか目的にすり替わる。正義ある目的のために活動する政治家も、いつの間にか目的達...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年10月31日

    現象学に基づく立場、構築主義
    人が動くことによって社会が変わらないということはむしろ不可能。
    なるほどその通り。
    結構アジられて、かつ社会運動史、思想史の概説もしてくれる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年08月19日

    この著者のこうした題名の本を読めば、サヨクではないかと思われるのだろうけれど、既に世の中はウヨクとかサヨクとかいった単純な対立構造ではないと著者も論じている。
    社会思想や社会運動の歴史的変遷をコンパクトにまとめて解説していてとても勉強になる。それにしても、著者は、思想とか理論とかいったものは、それら...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年10月13日

    「新書大賞2013 第1位」の話題作なので、もともと興味のある分野ではないが手にとってみた。

    3.11以後、脱原発のデモが広まったが、果たしてデモは社会を変えるに当たって最善の方法なのか。そもそも社会を変えるとはどういうことか。

    まずこれまでの世界の変遷(思想・哲学・政治において)を振り返る。
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年04月03日

    分厚い新書であるが、とてもエキサイティング。
    個人的な志向性としては、行政セクターへ働きかけるイノベーターを目指しているので、
    ギデンズとベックの関係などが面白かった。

    第6章で論じられている「再帰性の拡大」がキーワードだと思った。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年07月17日

    総ページ数は517頁。大著の多い著者の本にふさわしく、読み応えのある一冊。民主主義をめぐる思想について、ギリシアの民主制から説き起こし、現代にいたるまで、その足跡をたどりながら、また、日本の社会の変遷をたどりながら、(本作は2012年の著書なので)東日本大震災と原発事故を受けた原発反対運動に民主制の...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年01月06日

    民主主義=投票、っていう考えも根強くあると思う。政治家からすれば都合のいい論理で、選ばれたら何をやっても「多数」であることを理由に正当化される。一方で社会運動に参加するのは多くの人々にとって敷居が高い。暇もないし、他人から「活動家」と見なされるのもちょっと怖い? 
    文庫本で買ったけど結構情報量は多く...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年12月22日

    [評価]
    ★★★★☆ 星4つ

    [感想]
    色々と書かれているため、印象に残ったことだけを書いておく。
    最も印象に残ったのは安保闘争に参加していた人々がどのような思いで、デモに参加していたのかがわかったことだ。1960年台は修正から15年しか経過しておらず、「戦争の記憶」が色濃く残っていた時代であり、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年11月11日

    いい幹事 よりも 鍋を囲む
    究極の真理を一方だけが知っている、という事は弁証法的にはあり得ない。
    参加者みんなが生き生きして、思わず参加したくなるのが民主主義。数が集まらない事を反省するのは、楽しくない証拠。来ない人は損したね、となるべき。そんなの自己満足さ、と卑下する感覚になるのも本当に満足してい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年08月14日

    無知な自分に対して色々な示唆を与えてくれる。
    ただし思想は強め。
    相対化してしっかり考えていきたい。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています