心。

心。

作者名 :
通常価格 1,683円 (1,530円+税)
紙の本 [参考] 1,870円 (税込)
獲得ポイント

8pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

ミリオンセラー『生き方』待望の続編が、15年の時を経て刊行!
すべては“心”に始まり、“心”に終わる。


京セラとKDDIという2つの世界的大企業を立ち上げ、
JAL(日本航空)を“奇跡の再生”へと導いた、当代随一の経営者がたどりついた、究極の地平とは?

これまで歩んできた80余年の人生を振り返り、
また半世紀を超える経営者としての経験を通じて、著者がいま伝えたいメッセージ――それは、「心がすべてを決めている」ということ。

人生で起こってくるあらゆる出来事は自らの心が引き寄せたものであり、すべては心が描いたものの反映である。それを著者は、この世を動かす絶対法則だという。

だから、どんな心で生きるか、心に何を抱くかが、人生を大きく変えていく。
それは人生に幸せをもたらす鍵であるとともに、物事を成功へと導く極意でもあるという。

つねに経営の第一線を歩きつづけた著者が、心のありようと、人としてのあるべき姿を語り尽くした決定版。
よりよい生き方を希求するすべての人たちに送る、「稲盛哲学」の到達点。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / 自己啓発
出版社
サンマーク出版
ページ数
205ページ
電子版発売日
2019年06月20日
紙の本の発売
2019年06月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

    Posted by ブクログ 2020年10月23日

    読んで良かった。心や精神の規範となる言葉に出会えた。心を磨き他につくすこと、利他の心、感謝の心。ありがとうと言える心の準備。他者に対してへりくだる気持ち。目の前にある、すべき仕事に全精力をかけて没入する。経営者に送りたい本。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    心の持ち方

    chu 2020年10月08日

    稲盛さんが、帰依しているのを知りこの本を読みました。経営者、リーダーとして必要なものは何か?を感じることができました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年10月06日

    利他。これが本当に足りているか?
    常に気高くあれ
    魂が美しくなるかがゴール
    日々の労働への集中が禅となる

    心が人としていいようにあるか、立ち直れる本。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年08月28日

    「利他」という考え方。著者の考えの基本である。誰かのためになることをする。半ば当然なことではあるのだが、これがなかなか難しい。
    人生で起こるすべてのことは自分の心が引き寄せたものである。納得。 vf

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年05月04日

    ★学んだ事
    何が何でも成し遂げるという強烈な思い、揺るがない意志と、その思いのもと関わる人たちが一丸となって最大限の努力を成した時に事は成就すると言う言葉に何事も思いと人だと改めて感じました(*´ω`*)

    ★実行する事
    思いを持った上で人の事を思える人になります!
    家族のようなに仲間に愛を持って愛...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年04月27日

    人生を歩んでいく中での考え方や、人生の在り方が書かれている教科書のような本です。「利他の心」「足るを知る」生き方、成功させる秘訣は「あきらめないこと」などについて書かれています。こんな「今」だからこそ是非読んでいただきたい一冊です。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年04月11日

    ・人生のすべては自分のの心が映し出す
    ・いかなるときでも感謝の心をもって対する。つねに「ありがとう」といえる心の準備をしておく
    ・喜んで感謝すれば、悪しき業も消える。災難にあったときには喜ぶこと。これだけのことで過去の業が消えたのだ
    ・自分の為ではなく、他社への思いやり。善なる動機。利他という土台の...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年03月23日

     初めて稲盛さんの本を読んだ。非常にわかりやすい本だったと思う。本書では「心がすべてを決めている」ということをあらゆる視点から書かれていた。
     人生の目的は「心を磨くこと」と「世のため人のためという利他の心」の二つだと言う。だから利己心は出来る限り捨てる必要がある。「善なる動機」を持ち、世のため人の...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年02月12日

    「人生の目的は心を磨き、他に尽くすこと」
    生活するために給料は必要なのですが、もらえれば仕事の質はどうでもいいのか?という問いを突きつけられたような気がします。

    「天から与えられた富も才能も社会に還元する」
    自分のものという気持ちでした。与えられたという考え方はしたことがありませんでした。

    【利...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年02月11日

    稲盛さんが大事にしている価値観、考え方が詰まった一冊。善悪の判断は魂で行う、利己の心を小さくして、利他の心を大きくする。 ビジネスの世界においてこそ、思いやりの心が大切だと感じた。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています